あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

失敗しないライトショアジギングリーダーの選び方!おすすめ人気商品5選

スポシル編集部

公開日 :2020/05/21

更新日 :2020/05/21

ライトショアジギングでは、PEラインをメインに使用します。PEラインは伸縮性はあまりなく、強度や感度には優れている一方で、強度を超えた力が加わったり摩擦を受けると簡単に切れてしまうため、それを補うショックリーダーを組み合わせるのが一般的です。

今回は、ライトショアジギングで使用するリーダーを選ぶ際のポイントや、リーダーとラインの結び方について解説します。

正しいリーダーを選ばなければ、せっかくヒットしてもバラしてしまうこともあるので慎重に選びましょう。

最後には、ライトショアジギング用リーダーの人気おすすめ5選も用意しています。

目次

スポンサードサーチ

ライトショアジギングに使うリーダーの選び方

青物などの、引きが強い魚を狙うライトショアジギングでは、ライン選びが重要とされます。

しかし、ライトショアジギングでよく選ばれるPEラインは摩擦などに弱く、PEラインの弱点をカバーする役割があるショックリーダーは、非常に重要なパーツであるといっても過言でないでしょう。

重要なパーツである、リーダーを選ぶ際のポイントについて解説します。

太さ

リーダーの太さはターゲットやフィールドで前後しますが、基本はPEラインの号数×4倍を選ぶと良いでしょう。

PEライン1.5号を使用する場合はリーダーは6号といった具合になります。

また、フィールドによって擦れる可能性が高い場合はPEラインの号数×4倍+2を目安に選ぶのがおすすめです。

太ければ強度も上がり良いのでは?と思いがちですが、太すぎると潮の影響を必要以上に受けてしまったり、ルアーの動きを制限してしまうことになってしまいます。

長さ

リーダーの長さもフィールドによって調節します。

ライトショアジギングでは、ガイドにリーダーを通さないのが一般的です。

ガイドにリーダーを通さないことで、キャスト時にガイドと結束部の擦れが無くなって、飛距離が伸びたりガイドの傷みを軽減したり、不要なトラブルを防ぐ事ができます。

ガイドを通したほうが良い場合というのは、足場が高かったり足元に岩が沢山あるなど、磯場やテトラでの釣りです。

その場合の長さは、足元まで魚を寄せた時にPEラインが擦れない程度にしておきましょう。

リーダーとラインの結び方

リーダーとラインを結ぶ時は、キャストやその後のリーリングで巻き取る時に、何度もガイドを通過することをふまえて、結び目が小さいほうが良いです。

最初はFGノットやPRノットを覚えるのがおすすめで、このふたつはリーダーとラインを摩擦で止めるため、結び目が小さくラインテンションがかかると結束がより密になります。

FGノットは、慣れるまでは結ぶのに時間がかかりますが、アシストツールを利用すれば初心者でも簡単に結ぶ事ができます。

PRノットは、結ぶために専用器具が必要ですが、誰でも強度を最大限に引き出すことができます。

フィッシングベスト についてはこちら!

スポンサードサーチ

ライトショアジギング用リーダー人気おすすめ5選

重要なパーツであるライトショアジギング用のリーダーは、何を選ぶかによって釣果にも大きな影響を与えるので慎重に選ぶ必要があります。

しかし、材質や太さや長さなど様々な選択肢の中から、ひとつを選ぶのは難しいです。

今回は、たくさんのリーダーの中から、初心者でも扱いやすいものや、ベストセラーとなったものなどを厳選してみました。

特徴やおすすめポイントなどとともに紹介します。

Rapala ラピノヴァ ショックリーダー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

扱いやすく圧倒的コストパフォーマンス!

ラピノヴァショックリーダーは、ピュアフロロカーボン採用の高性能ショックリーダーです。

ピュアフロロカーボンの特性の、水馴染みの良さや高ステルス性、高感度に高結束強度といったショックリーダーに大切な要素を、高次元で実現しました。

なので、高強度・高耐久性で、根ズレやターゲットによる歯切れなどのラインブレイクも起こしにくくなっています。

そのうえで、コストパフォーマンスにも長けており、初めてでも手が出しやすい価格設定も魅力です。

サンライン ソルティメイト システムショックリーダー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

優れた耐摩耗性しなやかな糸質で過激なショックも吸収!

ソルティメイトは、耐摩耗性が高く鋭い歯や岩礁、ファイト中などでも傷が付きにくいフロロカーボンを採用しており、ダメージを最小限に抑えることができます。

さらに。フロロカーボンでありながら、しなやかで粘りのある糸質は過激なショックを吸収し、ノットの完成度も高まります。

初期低伸度設計により、ジグやルアーへのアクション伝達、フッキングさせるパワーを最大限に生かします。

また、糸グセや表面の凹凸を低減させた平行巻きスプーリングで、取り出した糸の直進性や糸表面の手触りも良くなっています。

デュエル ハードコア パワーリーダー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

フロロカーボンとナイロンをブレンド!

デュアルのハードコアパワーリーダーは、超強力・高耐久が魅力的です。

超強力複合素材である「カーボナイロン」を採用しており、フロロカーボンとナイロンの良いとこ取りを可能としました。

フロロカーボンの低伸度性と高感度を兼ね備え、ナイロンの操作性や強力な直線・結節強度と耐久性で遠くのアタリもしっかり感知してフッキングさせることができます。

初めてでも扱いやすく、巻きグセも付きにくいのが魅力的です。

さらに、ノットシステムとも組みやすいしなやかな特性も持っています。

YGKよつあみ DMVナイロンショックリーダー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

結節の時に締めやすい特殊加工で扱いやすい!

YGKよつあみのナイロンショックリーダーは、超耐摩耗ナイロンのDMVを採用しているハイグレードなショックリーダーです。

通常のナイロンに比べ、およそ20倍の耐摩耗性を持ち、根ズレや魚体との擦れへの強さは圧倒的です。

さらに、結節の際に締めこみやすい様、特殊加工が施されており、扱いやすさも追求しています。

不必要に伸びることがなく高い耐久性で、ノットも決まりやすいため初めてでも扱いやすい設計となっています。

ライントラブル防止、操作性としなやかさ重視!

ダイワのソルティガは、ライントラブル軽減・操作性・しなやかさ重視のリーダーとなります。

さらに、「どこでもストッパー」が付いており、糸バラケを防止してくれるのが一番の特徴となります。

Type NとType Fの2種類が用意されており、しなやかで巻きグセのつきにくく、適度な伸度でショックを吸収してくれるナイロン素材と、根ズレや魚の歯切れに強く、伸びが少ないことでルアーアクションが出しやすくアタリが明確なフロロ素材で選ぶことができます。

希望にあったものを選択できるのも魅力のひとつです。

ライン売れ筋ランキングをチェック

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ライトショアジギングでは、リーダー次第で釣果に差が出ます。今回解説した、リーダーを選ぶポイントをふまえて最適なひとつを選んで見て下さい。

また、リーダーとラインを結ぶのも最初は難しく感じると思いますが、上手に結べるようになるとライトショアジギングがより楽しくなります。

リーダーを制してライトショアジギングを楽しみましょう!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定