あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

ジギングをするならベイトリール!特徴とメーカーについて徹底解説!人気おすすめ6選

スポシル編集部

公開日 :2020/05/20

更新日 :2020/05/20

メタルジグを使って釣りをするジギングは、必要なタックルさえ揃えてしまえば、エサなどを購入する必要もなく、手軽に釣りができると人気があります。

そんなジギングでは、リールの違いによって釣果が変わってくることもあります。

ここでは、ジギングの種類、ジギングベイトリールのおすすめのメーカー、スピニングリールとの違い、ベイトリールの使い方、おすすめ商品を紹介します。

ベイトリールが気になっている、もっとジギングでの釣果を高めたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ジギングの種類

ジギングは、ジグと呼ばれるルアーを使った釣りのことですが、しゃくっているときに急に強い引きがあり、この時の感触が好きだという人は多いです。

そんなジギングにもいくつかの種類があります。ここからは、ジギングの種類について解説します。

ジギング

ジギングは金属製のルアーを使った釣り方で、このルアーのことをメタルジグと呼びます。

メタルジグを取り付けたロッドにアクションをつけて魚を誘う釣る方法で、船から釣る方法と陸から釣る方法に別けることができます。

一般的に、船からなら真下にメタルジグを降ろして上下に動かして魚を誘います。

船釣りなら、ヒラマサやカンパチなどの大物も狙えます。

陸からでも場所によっては船釣りと同じような釣り方も可能ですし、思いっきりメタルジグを投げて釣る方法も良くおこなわれています。

スロージギング

ジギングは、竿の上下の動作のしゃくりでメタルジグ動きを与えて魚を誘う釣る方法です。

このしゃくりがゆっくりなのがスロージギングです。

ロッドをしゃくることでジグに動きを与えるというよりは、竿の反発力を上手く使ってジグに動きをつけます。

魚の活性が低い時は、速い動きでは追ってこないような魚も、ゆっくりとした動きなら反応することもあり、スロージギングを活用すれば、様々な状況で釣果が期待できるようになります。

スロージギングでは、大型の青物も狙えますし、根魚や中深海魚など、幅広く狙えるのが特徴です。

スーパーライトジギング

ライトジギングでは、40~100gのジグを使いますが、スーパーライトジギングでは、さらに軽い30~60g程度のジグを使う釣り方です。

基本的なアクションは、ただ巻きとフォールです。

軽量なタックル、簡単なアクションで釣りが楽しめるので、釣り初心者の人にも人気の釣り方です。

対象となる魚種も豊富で、小型の青物から根魚、イサキや真鯛なども狙えます。

簡単な釣り方で、幅広い魚種が狙えるので大人だけでなく子供も楽しめる釣り方です。

ディープジギング

ディープジギングとは、水深のある場所でするジギングのことです。

250~350mの深い場所でジギングをします。

ディープジギングで狙う魚は、アカムツやクロムツ、キンメダイです。

シグを底まで落とす時も上げる時も時間がかかるディープジギングですが、狙える魚が高級魚ということもあり人気のある釣りです。

キンメダイでも3キロ程度が普通に釣れるディープジギングは、体力は必要ですが、深海から魚を引き上げた時の達成感は他の釣り方では味わうことができないでしょう。

ジギングベイトリールの人気おすすめメーカー

釣り初心者にはスピニングリールと呼ばれる一般的なリールが扱いやすいのですが、ジギングではベイトリールを使う人が多いです。

そこで、ここからはジギングベイトリールの人気おすすめメーカーの、ダイワ、シマノについて解説します。

ダイワ

ダイワは、日本を代表する釣り具メーカーの一つで、釣り初心者の人でも名前は知っている人は多いことでしょう。

ダイワのベイトリールでは、SVコンセプト、Tウィングシステムという独自技術が使われています。

ベイトリールでは、糸を巻いてあるスプールが回転し過ぎることで糸が放出されすぎてからまるバッククラッシュがよく起こります。

ダイワのSVコンセプトは、このバッククラッシュの悩みを解消してくれます。

そして、Tウィングシステムによって、今までかつてない飛距離を実現しています。

シマノ

日本の二大釣り具メーカーがダイワとシマノです。

シマノは、釣り具メーカーとしてだけではなく、自転車部品メーカーとしても知られています。

自転車部品の製造で使われるカーボンや金属の加工技術をリールにも活用されています。

精密な歯車で作られたリールは巻き心地が良く、飛距離を高める遠心力ブレーキシステムのSVS、ベイトリールのデメリットであるバックラッシュをDCブレーキで大幅に軽減しています。

価格帯も、一万円以下のコスパの良いモデルから、ミドル、ハイエンドモデルまで販売されています。

スポンサードサーチ

スピニングリールとの違いは

一般的によく使われているスピニングリールとベイトリールとではどんな違いがあるのかと気になっている人もいるでしょう。

スピニングリールは、誰でも扱いやすく、風が強い天候であってもキャスティングができます。

また、ハンドルの位置を付け替えるだけで、右利きにも左利きにも対応可能です。

ただ、太い糸では癖がつきやすい、パワーロスがあるなどのデメリットがあります。

ベイトリールは、初心者には少し使い方が難しいというデメリットはありますが、フォール中でもアタリが分かる、パワーロスがないので巻き上げ力が強い、太糸でも遠投が可能などのメリットから、ジギングではよく使われます。

左巻きと右巻きの違いとは

スピニングリールでは、ハンドルを付け替えるだけで、左利きにも右利きにも対応することが可能です。

そのため、スピニングリールを購入する際は、左巻きや右巻きをを気にすることなく購入できます。

しかし、ベイトリールはハンドルの向きは決まっていて、スピニングリールのように付け替えることができません。

左利きなのに右にハンドルがついたリールを選んでしまい、上手く馴染めないということがないようにするためにも、ベイトリールを購入する際は、ハンドルの向きは必ず確認するようにしましょう。

ギア比はハイギア・パワーギア?

リール選びでは、ギア比をチェックすることが大切です。

ギア比とは、ハンドルを1回分回したときに、糸が巻き付けられているスプールが何回糸を巻き取るかを示した比率のことです。

ただ、巻取り量はスプールの大きさによっても変わってきます。

そのため、チェックする時は、ギア比だけでなく「最大巻取り長」も確認します。

この時、巻取り量の多いハイギアとローギアとではどちらが良いのでしょうか?

これは釣り方によって変わってきます。

速い動きで魚を誘いたい、素早く回収したい釣りではハイギア、一定の範囲をゆっくりと引くような釣りをしたいならローギアが有利です。

ギア比は、自分がどんな釣り方をしたいのかで決めると良いでしょう。

ジギングベイトリールの使い方

一般的には、扱いやすいスピニングリールを使う人が多いことから、ベイトリールは扱いにくいと感じる人が多いです。

そのため、今まで使ったことがない人も、ベイトリールを購入するのはためらう人もいることでしょう。

そんな人は、この動画でベイトリールの使い方を確認してみましょう。

ブレーキ設定、投げ方、バッククラッシュが発生した時の対処法を解説しています。

実際にベイトリールを使っての説明なのでとても分かりやすいです。

ベイトリールの扱いで不安がある人は、この動画でその不安を解消してみてはいかがでしょうか。

エギングタックルについてはこちら!

スポンサードサーチ

ジギングベイトリール人気おすすめ6選

動画で、バッククラッシュの多いベイトリールもブレーキの設定や投げ方である程度回避できることも分かったのではないでしょうか?

ここからは、ジギングベイトリール人気おすすめ6選を紹介します。

納得のベイトリールを見つけてジギングを楽しみましょう。

品番 1500HG
ギア比 6.4
最大ドラグ力(kg) 7
自重(g) 405
スプール寸法(径mm/幅mm) 49/25
PE糸巻量(号-m) 2-500、2.5-400、3-320
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 97
スプール下巻きライン 1/3、2/3

リールにこだわりたい人向けの商品

シマノから販売されているベイトタイプのリールです。

回転抵抗を最大約60%軽減し、ピニオンギア支持構造の一新したことで、他のリールは異なる快適な巻き心地を実感できるでしょう。

硬く叩きあげられたHAGANEボディで耐久性も安心です。

レビューを見ても高い評価をしている人が多いです。

こんな高いリールが必要なのかと思っていたが、買ってみると値段に負けない価値があるという声もあります。

リールにはこだわって釣りをしたい人におすすめの商品です。

ギア比 7.2
最大ドラグ力(kg) 5
自重(g) 200
スプール寸法(径/幅)(mm) 34/22
ナイロン糸巻量(lb-m) 12-130、14-110、16-100
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 77
ハンドル長(mm) 42
ベアリング数 BB/ローラー 1/1

ベイトリール入門用に最適

シマノから販売されているバス釣り用のベイトリールですが、入門用の海釣りリールとして活用する人もいます。

このバスライズはお求めやすい価格設定で、入門用リールとして人気があります。

ブレーキにはイージーマグを採用し、初めてベイトリールを使う人にも扱いやすいです。

レビューを見ても、ベイトリールの入門用として購入した、子供用に購入という声があります。

バス釣り用ということで、海釣りで使っても大丈夫なのかと気になる人もいるでしょうが、レビューでは海釣り専門でしている人が、普通に水洗いと注油でノートラブルという声があります。

品番 SALTY ONE HG
ギア比 7.1
最大ドラグ力(kg) 4.5
自重(g) 210
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 76

評判の良い入門用リール

レビューでは、50cm以下の魚ならこれで十分、デザインが良い、上級者でもOKなどの声があり、評判の良いベイトリールです。

価格が比較的低い設定となっているので、ベイトリールの入門用として選ぶ人もいます。

超高強度真鍮大径ドライブギア、S A-RBを採用したことでしっかりとした巻き上げを実現しています。

スーパーフリースプールによって飛距離を向上させているので、レビューでも、軽量で飛距離もボチボチといった声があります。

入門用のベイトリールを探している人は、こちらも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

品番 1016SV-SH
巻取り長さ(ハンドル1回転)(cm) 75
ギヤ比 7.1
標準自重(g) 160
最大ドラグ力(kg) 5
標準巻糸量 ナイロン(lb.-m) 14-45~90、16-40~80
スプール径(mm) 34
ベアリング(ボール/ローラー) 12/1

ダイワで最高クラスのベイトリール

ダイワから販売されている最高クラスのベイトリールです。

超々ジュラルミンの1.3倍の強度がありながら圧倒的な軽量感が大きな特徴です。

ターンアラウンド式のT-ウィングシステム(TWS)によって、キャスト時のラインの抵抗やバッククラッシュを減らし、飛距離アップを実現しています。

レビューでも、完成度が高い、ここまで飛ぶとは思わなかった、おかっぱりならこれ一つで十分、軽量のルアーも重量のルアーもストレスなく使えるなど、とても評判が良いです。

品番 200SH
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 81
ギヤー比 7.3
自重(g) 325
最大ドラグ力(kg) 7
標準巻糸量 PE(号-m) 1-450、2-250
ハンドル長さ(cm) 75-85
ベアリング(ボール/ローラー) 10/1

メンテナンスがしやすいベイトリール

ダイワから販売されているベイトリールです。

スプールが回転することで発生する遠心ブレーキで、ちょい投げにも対応しています。

高強度アルミのスーパーメタルフレームでねじれに強く、電蝕防止クラッチシステムで塩分の固着によって起こるクラッチの作動不良も解消してくれます。

サイドプレートやスプールが簡単に着脱できる構造となっているので日頃のメンテナンスも楽です。

ライトジギングには満足なリール、ジギングには最高のサイズなど、レビューでも高評価の商品です。

巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 75
ギア比 7.5
自重(g) 195
最大ドラグ力(kg) 5
標準糸巻量 ナイロン(lb-m) 12-100、14-90
ハンドル長さ(mm) 90
ベアリング(ボール/ローラー) 4/1

ダイワの低価格ベイトリール

1万円を超えるようなリールでは購入をためらう人におすすめなのが、バスXです。

バスXは、メーカー希望本体価格で9,000円、実販売では6,000円~7,000円で販売されています。

この価格からも、予算が少ない人におすすめのベイトリールです。

7グラム以下のルアーではキャスティングしにくいという意見がありますが、7~20グラムのルアーを中心に使う人なら問題なく使うことができるでしょう。

レビューでも、初心者でもバッククラッシュしにくいという声もあり、評判の良いベイトリールです。

リール売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

ここでは、ジギングの種類、ジギングベイトリールのおすすめのメーカー、スピニングリールとの違い、ベイトリールの使い方、おすすめ商品を紹介しました。

ベイトリールは使い方に慣れる必要がありますが、慣れてしまえばジギングには最適なリールです。

ジギングでの釣果を高めるためにも、ベイトリールを活用してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定