あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【コーチングとは?】サッカーのゴールキーパーの役割と3つの目的を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/05/18

更新日 :2020/05/18

現代のサッカーにおいてゴールキーパーの存在感は日に日に増しています。

海外サッカーを観ても、ヨーロッパの強豪チームには必ずハイレベルなゴールキーパーが所属しています。

ゴールキーパーに求められる能力は年々増加する傾向にあります。

現代では、ただ守るだけのゴールキーパーでは試合に出れないような状況になっているといっても大げさではありません。

この記事では、サッカーが未経験の方でもわかりやすいようにゴールキーパーのコーチングのポイントや練習方法などについて解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ゴールキーパーのコーチングの重要性とは

ゴールキーパーは、最後の砦としてゴール前を守り、唯一、手を使うことを認められているポジションです。

相手のシュートを防ぐことが、ゴールキーパーの役割という認識は多くの人が持っていると思います。

しかし、ゴールキーパーには、他にも重要な役割があります。

その役割とは「コーチング」です。

レベルの高いゴールキーパーほど、コーチングが的確であり、的確なコーチングでチームの勝利に貢献することもゴールキーパーの大切な仕事なのです。

コーチングの目的

コーチングの目的を以下の3つのポイントから解説します。

コーチングは、目に見えるプレーではありませんが、グラウンド内では頻繁に行われています。

ゴールキーパーの声は「神の声」などと例える人もいるほど大切なものなのです。

ここでは、ゴールキーパーのコーチングの目的について、下記の3つのポイントから解説していきます。


  • 陣形を整える

  • ムードをよくする

  • リスクマネジメント

攻守の陣形のバランスを整える

ゴールキーパーのコーチングの目的の一つ目は「攻守の陣形のバランスを整える」ということです。

このことは、コーチングの中でも、最も重要度の高い目的といえるでしょう。

ゴールキーパーは、チームの最後尾から全体を見渡すことができるポジションです。

相手の動きやボールの位置に対して、各選手のポジショニングやプレスのかけ方など、チームとしての対応がうまくできているのかどうかを判断し、うまく対応できていない場合は修正するためにコーチングをする必要があります。

チームのムードをよくする

ゴールキーパーのコーチングの目的の二つ目は「チームのムードをよくする」ということです。

これは、コーチングでもありますが、小学生、中学生年代などでは、「声だし」と呼ばれたりもします。

試合中は良いことばかりではありません。

特にサッカーは、失敗のスポーツとも呼ばれ、シュートミスやパスミスなど、試合中にミスが起こり続けます。

その中で、ミスを引きずってしまい気持ちが落ちてしまう選手も少なくありません。

そんなときに、最後尾からゴールキーパーが、励ましてあげることで仲間の気持ちの切り替えを促し、モチベーションを上げてあげる効果があります。

リスクマネジメントをする

ゴールキーパーのコーチングの目的の三つ目は「リスクマネジメントをする」というこです。

これは一つ目で解説した「攻守の陣形のバランスを整える」と似たような種類のコーチングですが、よりゴールに迫られピンチに陥っている状況で必要になってきます。

例えば、相手選手にドリブルでペナルティーエリア内に侵入されたとします。

シュートを打たれるのを阻止するのも厳しい状況の場合は、シュートを打たれたときのリスクマネジメントを考えてディフェンスにコーチングをします。

この状況でのリスクマネジメントとしては、右側のシュートコースをコーチングで消し、左側にしかシュートを打てないようにします。

そうすることで、ゴールキーパーは左側のシュートコースのケアに集中することができます。

スポンサードサーチ

良いゴールキーパーの条件

良いゴールキーパーの主な3つの条件を解説します。

ここまでは、ゴールキーパーの役割のひとつである、コーチングについて解説してきました。

先述しましたが、ゴールキーパーの声は「神の声」などと例える人もいるほど大切なものです。

そんな、最後尾で存在感を発揮するゴールキーパーですが、良いゴールキーパーの条件とはどのようなことだと思いますか?

ここでは、良いゴールキーパーの条件について、下記の4つのポイントから解説していきます。


  • コーチング

  • ポジショニング

  • 判断力

  • 攻撃の起点

チームの状況に合ったコーチング

良いゴールキーパーの条件の一つ目は、「チーム状況に合ったコーチング」です。

ここまでゴールキーパーのコーチングの重要さについて、再三再四お伝えしてきました。

試合中は、常に最後尾にポジションをとっていてチームの動きや状況がだれよりもよく見えるのがゴールキーパーです。

例えば、ポジショニングが悪いディフェンスに修正の指示を送ったり、マークを外してフリーになりそうな選手を見つけたなら、いち早く指示を出してディフェンス陣に確認させるなど、状況を把握しておく必要があるのです。

コーチングの能力が高いゴールキーパーがいるとディフェンス陣は能力以上のパフォーマンスを発揮することが可能です。

適切なポジショニング

良いゴールキーパーの条件の二つ目は、「適切なポジショニング」です。

ゴールキーパーは、チームの最後の砦として、常にゴール前にポジションを取っているようなイメージを持っている方が多いですがそれは間違いです。

現代のサッカーにおいては、ゴールキーパーには、ペナルティーエリア内だけではなく、ペナルティーエリア外の広大なスペースもカバーすることが求められます。

ディフェンスラインの裏のスペースにボールが出てきた場合に、ペナルティーエリアから飛び出してカバーすることも重要な役割なのです。

そのために試合中は、いつでもディフェンスラインの裏をカバーできるようなポジショニングを取っていることが大切です。

状況に応じた判断力

良いゴールキーパーの条件の三つ目は、「状況に応じた判断力」です。

現代のサッカーにおいて、ゴールキーパーは、ペナルティーエリア外の広大なスペースもカバーしなければならないことは先述しました。

ゴールキーパーがゴールを空けて飛び出すということは、とてもリスクのあるプレーでもあるため、状況に応じた適切な判断力が必要となるのです。

試合の中では様々な状況が生まれますが、ゴールキーパーにとって最も難しく、頻繁に訪れる状況判断は「飛び出し」のタイミングです。

飛び出すべきなのか出ないのかの判断は、失点に直結する可能性が高いので、適切な判断ができることが良いゴールキーパーの条件でしょう。

攻撃の起点になる

良いゴールキーパーの条件の四つ目は、「攻撃の起点になる」です。

ゴールキーパーは、守る人というイメージがとても強いですが、現代サッカーのゴールキーパーの役割は守るだけではありません。

攻撃に参加することもゴールキーパーに求められる役割のひとつとなっています。

攻撃に参加するといっても、ゴール前に攻め上がったり、ドリブルで持ち上がったりするわけではありません。

ゴールキーパーに求められる攻撃参加は、ディフェンスラインでのボール回し、ビルドアップの場面に参加し攻撃の起点となるのです。

ビルドアップに参加するため、現代サッカーのゴールキーパーには、足元の技術の高さが求められます。

コーチングの練習

普段の練習の中から、積極的に声を出しコーチングをしていくことが最も効果的な練習であることは間違いありません。

では、コーチングの質を向上させるためには何が必要だと思いますか?

コーチングで大切なポイントとして、「的確であること」が挙げられます。

的確なコーチングをするには、状況を把握することが重要です。

そのためには、グラウンド内の状況を広い視野で観ることが大切であり普段からグラウンド内の状況をよく見て、自分の中で予測を立てるクセをつけましょう。

そして普段からチームメイト(特にディフェンス陣)とコミュニケーションを取るように意識して信頼関係を気づいておきましょう。また、大きな声を出す練習も必要です。

コーチングをする上で、チームメイトに聞こえていなければ意味がありません。なので、声のボリュームとトーン上げる練習を普段からしておきましょう。

キーパーグローブの手入れについてはこちら!

スポンサードサーチ

ゴールキーパー人気おすすめ用品

ここでは「ゴールキーパーとしてレベルアップしたい!」というあなたのために、おすすめのゴールキーパーグッズを2種類紹介していきます。

ゴールキーパーの技術を向上させるためには練習あるのみですが、グッズを利用することで、より効率的に強化することができます。

ウールシュポルト(uhlsport) キーパーグローブ ネクストレベル アブソルートグリップ ハーフネガティブ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ウールシュポルト(uhlsport)の サッカーゴールキーパーグローブ「ネクストレベル アブソルートグリップ ハーフネガティブ」は、究極のグリップ力と衝撃吸収性が最高のパフォーマンスを発揮させてくれるグローブです。

アブソルートグリップとは、「究極のグリップ」を意味し、ウールシュポルト(uhlsport)社最高峰のパームとなっています。

非常にやわらかくフィット感にすぐれ、肌に吸い付くような粘着性を持ち最高のグリップ力を発揮します。

特にグリップ力にこだわりたい方におすすめのゴールキーパーグローブです。

サッカーGKの教科書は、サッカー日本代表経験もあり、現在はポルトガルリーグのポルティモネンセSC所属の権田修一選手が監修しています。

ゴールキーパーに必要なセービングやコーチングなどの基本技術から考え方まで、権田選手自らが実演し解説をしています。

初心者、経験者問わず、この本を読むことでゴールキーパーとして理解が深まり必ずレベルアップにつなげることができるはずです。

権田選手のサッカー経験の中で培われてきたゴールキーパーとしての知識とテクニックを存分に紹介してくれている1冊です。

まとめ

ここまで、ゴールキーパーのコーチングについて解説してきました。

ゴールキーパーの役割は、ゴール前でシュートをセービングするだけではありません。

相手にシュートを打たせないようにディフェンス陣に指示を出して統率する必要があります。

これをコーチングと呼び、ゴールキーパーの重要な役割のひとつなのです。

あなたもこの記事を参考にしてコーチングのレベルを向上させましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定