あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
surfing

2倍3倍うまくなる!ボトムターンのコツを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/05/15

更新日 :2020/05/15

ボトムターンができるといろいろなアクションにつながり、初心者ならぜひ習得しておきたいテクニックである。

決して簡単な技ではありませんが、いくつかコツがあります。

このコツを意識することで、少しボトムターンがしやすくなるはずです。

また、サーフィンは反復練習が困難なスポーツであるため陸での練習が必要不可欠です。そのため、陸でのサーフスケートを使った練習方法も紹介しています。

それにあたり、おすすめのサーフスケートやサーフボードも紹介しています。この記事を読んで、ぜひ上達に役立ててください。

目次

スポンサードサーチ

ボトムターンとは

ボトムターンとはサーフィン用語で、波のボトム(下の方)で大きくターンし、波が崩れかかっている部分に方向転換することを言います。

波のトップから加速して下り、そのまま波がボトムから巻き上がる力を利用して再びトップへ駆けあがります。

サーフィンの基本の技ではありますが、ボトムターンをするとその勢いのまま加速し、波の頂上を目指してリッピングという技につなげることができるなど、様々な技につなげることができるため、サーフィンを上達させるうえで必須のスキルとなっています。

ボトムターンの3つのポイント

ボトムターンは様々なアクションにつなげることができるため、サーフィンの上達には必須のスキルである。

しかしなかなかうまくいかない方も多いのではないでしょうか。そこで、ボトムターンの主な3つのポイントを解説します。


  • 目線

  • 重心

  • 腕の使い方

目線はどこに向けるのか

まず初めに、波全体を見てどこから波が来るのかどのくらいの大きさの波なのかを把握し、どの波に乗るのかを決めます。

次に人間は見ている方向に進む性質があるため、これを利用して目線は進みたい方向、ボトムに目線を向けて波を下っていきます。

ボトムに降りることができたら、次に進みたい方向、リップ(波の上の方)を見ます。

はじめのうちは足を取られてしまって進みたい方向を見ることができないこともありますが、どのアクションをするにあたっても進みたい方向を見ることは大切です。

重心はどこに意識するのか

ボトムターンの開始時はゆっくりと前足に重心をかけていきます。

全体重を前足にかけるようにし、波を下っていきます。

前足にしっかり重心をかけていないと加速しきれずに中盤でレールが崩れます。中盤では両足重心にし、波のトップに上がるための力をためます。

ボトムターンの後半では、波のトップに上がることを意識し、後ろ足に体重をかけます。

このときに前足重心になってしまうと、波にボードが引っ掛かり転んでしまいます。

このように、ボトムターンをするうえで重心移動は大切な要素です。しっかりマスターするようにしましょう。

腕の正しい使い方

ボトムターンをしているときに後腕を振るとドライブしなくなります。

後腕を振ると加速がつくことにはなるが、ボトムターン開始時にに振ると重心がうまくかけられなくなり、失敗につながります。

ボトムターンにおいて腕を振ってもよいのはトップに上がるときだけです。トップに上がるときは前腕を使い、伸び上がると同時に上に前腕を持っていきます。

後ろ腕を振ると考えている人が多いようですが、腕を正しく使わないとボトムターンをしきれません。

腕を使うのはトップに上がるときの前腕だけということをしっかり覚えておきましょう。

スポンサードサーチ

小波でのボトムターンのコツは

動画にもあるように、ボトムターンだけではなくサーフィンのアクションをマスターするうえで、陸でのトレーニングは必要不可欠です。

陸でしっかりとテイクオフの練習などをするようにしましょう。陸でのトレーニングがしっかりできていれば、波の上でも感覚がつかめてくるはずです。

特に、陸ではテイクオフの際の重心のかけ方、腕の振り方などを練習するとよいでしょう。小波でのボトムターンのコツは、波にやさしく乗ることです。

そのため、小波でのテイクオフは前足に重心をかけ、後ろ足は少し浮かせます。波の力が弱い分余計な力をかけすぎず、パワーゾーンをしっかりとキープすることが大切です。

小波でもボトムターンの練習をし、確実なレベルアップにつなげていきましょう。

初心者が失速する原因は

ボトムターンをするときに力を加えようと腰をひねってしまう初心者の方は多いのではないでしょうか。

しかし、これが失速の原因になってしまっているのです。

腰をひねって回転の力を加えてしまうと、せっかく加速した力を邪魔する力を加えてしまうことになり、失速してしまいます。

また、足首を曲げてしまい脛がサーフボードに対して垂直でなくなってしまうと、うまく地彼を乗せることができなくなり、失速します。

前述したとおり、間違ったタイミングで腕を振っても失速してしまします。

スポンサードサーチ

スケボーを使ったボトムターン練習

サーフィンに限らずスポーツが上達するのに反復練習は必要不可欠ですが、サーフィンは数あるスポーツの中でも最も反復練習しにくいスポーツなのではないでしょうか。

そこで、陸でのトレーニングが必要になってくるのです。

その中でもサーフィンにおける陸でのトレーニングは、スケボーを誓った練習が最も効果的です。

スケボーを使って練習することで体の使い方を学び、上達につなげることができます。

では具体的にスケボーを使ってどうボトムターンの練習をするのかというとボトムに見立てた目印などを置き、ニュートラルポジションから両手を下げ徐々に荷重しボードをトップ側に傾けるまでの一連の動作を練習します。

この時、つま先より膝が前に出ないようにすることが大切です。

また、軸をぶれないようにするために棒を使ったトレーニングも効果的です。

テイクオフについてはこちら!

サーフィンおすすめ用品

サーフィンの上達には使いやすい用品を使うことも大事です。

しかしサーフィン用具にもいろいろな種類があり、初心者の方だけでなく経験者の方もどの商品を買えばいいのか迷うことも多いと思います。

そこでおすすめのサーフボードとサーフスケートを紹介しますので選ぶ際の参考にしてください。

ヘイデンシェイプス ヒプト クリプト カーボンライン 5フィン フューチャーフレックス

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

このヘイデンシェイプスというブランドはオーストラリアのブランドで、過去にヒプト・クリプトというボードモデルがオーストラリアサーフ業界のサーフボード・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したほど有名なブランドです。

ヘイデンシェイプスのサーフボードはテイクオフの速く、操作性にも秀でているため、多くの人に好まれています。

その中でもご紹介したいのはベストセラーモデルであるヒプトクリプトです。

テイクオフが早いことはもちろん、サイズのある並みまでカバーできてしまいます。初心者の方が買うにあたってぴったりのサーフボードなのではないでしょうか。

カーバーはスケートボードを購入するうえで必ず検討したい王道のブランドです。

カーバーにはほかのサーフスケートとは違う部品が使われており、陸の上でもより波の上に近い練習をすることができます。

また、カーバーのサーフスケートには派手なものからシンプルなものまでデザインも多く、自分好みのサーフスケートを選ぶことができます。

その中でも特に紹介したいのがBlack Tip C7トラックコンプリートです。

往来よりも耐久性が高く、操作性もよくなったモデルとなっています。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上達するにあたってボトムターンはマスターしておきたいアクションです。

初心者の方から経験者の方にまで役立つ練習方法やコツなどをまとめました。

ぜひこの記事を参考にし、ボトムターンをマスターしてくださいね。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定