あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

バス釣りはワーム付け方が命!針の種類や付け方について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/05/26

更新日 :2020/07/20

はまってしまうと抜け出せない!多くの方が楽しんでいる「バス釣り」。釣りを初めた方がバス釣りを体験してみたり、未経験者の方でも、経験者と一緒に楽しむことができます。

この記事では、初めてバス釣りを行う方に覚えてほしい情報をまとめました。

ワームの付け方を中心に、バス釣りの基本ともなる「針」の種類も解説していきます。

また、細かく針別に付け方の動画を参考にしながら解説していくのでゆっくりと付け方を勉強してみましょう。

おすすめの針も2選おすすめしていきます。

目次

スポンサードサーチ

ワームの付け方の重要性とは

「ワームなんて付けることさえできれば、どんな付け方でもいいだろう。」「適当な方法でも付けれれば大丈夫なのではないか。」初心者の方は、経験者と比較するとワームの重要性を理解できていない方が多いです。

経験の差なのかもしれませんが、ワームを正しく付けることができなければ、バスを釣ることは難しいと考えてください。釣れないことはないかもしれません。しかし、正しい方法で付けられていなければ、大切な瞬間に魚を逃がしてしまう原因にも繋がります。正しくワームを付けることは、ワームを大切に扱うことにも繋がります。

釣り針(フック)の種類

ワームをつける部分である釣り針の種類についてご紹介していきます。釣り針の種類でも、魚によって臨機応変に変更することが、上手に魚を釣り上げるコツでもあるでしょう。

釣り針(フック)の主な3つの種類を解説します。


  • マス針

  • オフセットフック

  • ジグヘッドフック

マス針

マス針は、マス釣りに使用する種類のフックです。

特徴は、針が小さく、小さなワームを付けられること

水中でも、フック自体が小さいため存在感をなくしてくれ、魚に気づかれることを減らしてくれる効果も期待できます。

誰でも簡単に扱いやすい針なので、初心者にもおすすめです。

繊細な釣りをすることが可能で、プレッシャーが強い場面での釣りに効果的です。ワームの付け方も比較的簡単に付けることができるので、初心者の方は1つ所持しておくことをおすすめします。

オフセットフック

オフセットフックは、シャンク(ラインを結びつける位置から曲がっている部分までの部分)とアイ(ラインを結びつける位置)がクランク状になっているフックです。

特徴は、フックポインントの露出を減らすことができるため、根掛かりを防ぐことができることです。バス釣りの主流のフックとも言われています。

水中で引っ掛かりやすい部分にも積極的に攻めることができるフックですが、ワームの付け方が分かりにくく、経験者のなかにも付けることが苦手な方が1番多いフックです。

ジグヘッドフック

ジグヘッドフックは、重りと針が一体化しているフックです。

特徴は、どんな場面でも対応することができるフックで、このフック単体で使用できるため便利な点です。

ワームを使用した場合の釣りは、基本的にはこのフックで行うことが主流でした。

まっすぐワームを付けることが難しいフックではありますが、覚えられると様々な場面で活躍してくれるのでおすすです。

水中では、より自然な動きで魚を呼び寄せることができるフックなので、魚がワームを見切っている状態でも釣りやすい傾向があります。

スポンサードサーチ

ワームの付け方

ワームの付け方を、先ほどご紹介した釣り針の種類別にご紹介していきます。

動画も一緒に参考にしながら、1つずつゆっくりと練習してみましょう。できれば、全ての種類の釣り針へワーム付けを習得することがおすすめです。

マス針

マス針は、ワームに対して垂直に針を刺すだけで、簡単に取り付けることができます。

付ける位置は、頭・胴体の真ん中・尻尾どこでも付けることが可能です。

難しく考えず、ストレートに引っ掻けるイメージで針を刺してみましょう。

「ちょん掛け」という名前の付け方になり、どの箇所にも付けることができます。

場所や魚の好みなどに合わせて、付ける位置を変えてみてください。

初心者の方も簡単にできる「ちょん掛け」ではありますが、まっすぐつけられるように事前に練習してみましょう。

オフセットとジグヘッドのワームの付け方

ジグヘッドフック
頭の部分から指して、背中の上の部分から針部分がでるように刺していきます。

胴体に刺さってる部分の針は、体に平行に刺さる形が理想的です。入れる前に、針を当ててみてどのあたりから突き出るのか、確認してから針を刺します。

頭からまっすぐ入れて、先程確認した突き出るタイミングで針を曲げて出すことができれば、ワームが変形していない状態で綺麗に付けることができます。

オフセットフック
オフセットフックも事前に抜ける位置を確認します。針の真ん中はワームが刺さらずに、極端が刺さる形になります。

この刺し方で針が隠れるようになります。

まず、頭からまっすぐにいれて、直角に針を動かしてワームから突き出します。そのまま、上の部分までワームをずらし回転

再度、針が刺さる部分と抜ける部分を確認したら、その部分に同じように針を刺して上から突き出します。

バス釣りにおすすめのフック

個人の好みや環境、得意不得意がありますが、基本的にバス釣りにおすすめのフックは、「マス釣り」と「オフセットフック」です。

マス釣りフック初心者でも楽しむことができます。

魚も食いつきやすいく、水中での操作性も高いので根ズレしなければ問題なしで使用することができるでしょう。

オフセットフックは、やはりバス釣りの王道

バスが釣りやすく、食いついたときもフックの形状上、外れにくくしっかりと釣り上げることができます。

今回、ご紹介したジグヘッドフックも好きな方が沢山いらっしゃいます。多くの針を使用して、自分の使いやすいものを見つけましょう。

バス釣り人気おすすめタックル

バス釣りをしたい方に、参考にしてほしいおすすめのタックルをご紹介していきます。

使用感や釣ることができた魚の数は、個人差やその日のコンディションで変化してしまうかもしれませんが、上手な人が使用しているタックルをまねしてみましょう。

ダイワ(Daiwa) ワームフック ワイドオフセット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

針の先が少しだけ内側を向いていることが特徴のフックです。

掛かりやすさを追求して作れており、必ずヒットした魚をフッキングまで持っていくことができます。

掛ける部分に幅を持たせてることで様々なワームに対応することが可能です。

ワームがずれやすい傾向が高いオフセットフックですが、クランク部分の角度を大きくすることでワームがずれることを防いでいます

従来の商品よりも、貫通性が高められているので、大きな獲物にもサクッと刺さってくれるでしょう。

ダイワ(Daiwa) バス用ワームフック フィネス スティーズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

マス針の形状のバス用フックです。通常のマス針のモデルよりもベント部分が大きく角度が付いていることが特徴です。

角度を付けたことで、ワームがずれてしまうことを予防しています。

また、魚も食いついてしまえばなかなか離れることができないようになっています。

ロッドアクションが伝わりやすいことも大きな特徴で、ホールド性にも自信があるモデルです。

初心者にも使いやすいマス針ですが、一味工夫して初心者でも扱いやすいレベルの機能性が高められている針です。

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、バス釣りの方に参考にしてほしいタックルをご紹介しました。

一例しかご紹介していませんが、他にも人気のタックルが多数存在しています。

自分がやりやすいタックルや釣りやすいものに出会えるように様々なタックルを試したり、仲間との情報交換などを盛んに行ってみましょう。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定