あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

メバリングで重要なPEの特徴やおすすめメーカーを徹底解説!人気おすすめ5選

スポシル編集部

公開日 :2020/05/14

更新日 :2020/05/14

この記事では、メバリングを楽しむのに必要なPEラインの特徴や選び方を解説していきます。性別や年齢問わず釣りを楽しむ人が増えていますが、メバリングは釣りを手軽に楽しめる方法の一つとして注目されています。

これからメバリングデビューを果たしたい人にとっては、PEラインの特徴や選び方がよく分からないことが多いです。

選ぶ時のポイントや、PEラインを選ぶ時に知っておきたいメリットやデメリットについても触れるので、これからメバリングをより楽しむための知識として学んでいきましょう。

目次

スポンサードサーチ

PEラインの特徴

メーカーや使用素材によって種類が豊富にあるラインですが、メバリングの場合は、PEラインが適しているとされています。

ポリエチレン原糸を軸にしたPEラインを使用することによるメリットとデメリットの両方を知って、使い分けられるようにしましょう。

PEラインのメリット

PEラインを使用するメリットは、軽量であることから仕掛けを投げやすいことが大きなポイントです。

PEラインの比重は約0.97とされ、メバリングの主戦場でもある海水の比重1.02より低いため、海水に漂わせ安くなります。

また、ラインそのものの過度な伸びが少なく、掛かった際の感度も他のラインと比較しても分かりやすいです。

釣りスポットや釣果を求めたいターゲットによってPEラインを使用することで、メリットを生かした釣りを楽しめます。

PEラインのデメリット

PEラインのデメリットは、メリットでも挙げたライン自体の軽さから、天候変化や風の影響を直接受けやすいことが考えられます。

操作をする上ではメリットになっても、風の影響からラインを余分に放出してしまうことが出てきます。

この場合、不必要に出てきた糸で絡まったり、リールによる巻取りでのトラブルを引き起こす原因にもなります

また、釣りスポットによっては、ボトム付近を攻めたい時には、PEラインはあまり適さないことがあるので、違った素材のラインを使用することが多いです。

メバルの動きによってラインを変える

メバリング一つとっても、デメリットでも挙げましたが、釣りスポットによってPEラインだけにこだわらないライン選択が必要です。

知っておくべきは、メバルのレンジをつかんで、レンジを意識しながらルアーなどをどう操作すべきかです。

もちろん、潮流や時間帯によって環境は変化していくものなので、PEライン1本でメバルを釣り上げられるほど簡単ではありません。

そのため、PEラインを使用するタイミングは、メバルが浮きやすい時間帯であることなどを知っておくと、最適なラインに上手に切り替えられるようになります。

スポンサードサーチ

メバリングPEラインの人気おすすめメーカー

多くの釣り具メーカーがしのぎを削って様々なPEラインを販売する中で、人気のメバリングPEラインのメーカーを2つ紹介します。

世界的に有名なメーカーも多いことから、どのメーカーを頼りにするかを迷う人も多いので、一読の上で参考にしてみてください。

ダイワ

1958年にダイワは創業し、独自技術の開発を重ねながら世界からは「リールのDAIWA」と評されるほどの地位になりました。

リールに限らず、ラインなどの釣り具用品の開発も手掛けていく中で、PEラインの代表作でもある月下美人は、飛距離と感度のアップを実現しています。

ラインの耐摩耗性をアップさせるEvoSilicone加工や、伸度や感度をアップさせるUVF加工を施しています

独自の技術でリードしていくダイワが、世界からも幅広く愛されています。

よつあみ

よつあみとは、フィッシングラインの総合ブランドYGKのオリジナルメーカーの一つであり、高品質な釣り具用品を提供しています。

PEラインについては、加工や仕様の種類が豊富にあり、常に開発を進めていく中でのアップグレードを目指しています。

独自技術のWX加工が8本編み込みの手法を取り込んでおり、ラインの強度を上げながらも、操作性にも気を配りながら製造されました

メバリングに限らず、操作性と耐摩耗性にも機能を発揮することで、用途広い釣りを楽しめる用具を提供しています。

メバリングPEラインの選び方

メバリングに必要なPEラインを購入する際に、どのようなポイントに注意して選べばよいかを知っておかないといけません。

最低限、号数・長さ・カラーの3つのポイントをつかんでおくだけで、釣具店で選ぶ際に困らないので、その基本を押さえておきましょう。

ラインの太さは何号がおすすめ

釣具店で販売されているラインの太さも種類がたくさんありますが、メバリングで基本となるラインの号数は0.3を基準にすると選びやすくなります

号数はラインの太さを表しますが、ラインが細いほど釣りスポットで変化しやすい風の影響を受けにくくなります

また先端に取り付けるルアーを遠方へ飛ばしやすくなるメリットも生まれます。

ただし、メーカーによっては同じ号数でも重量が異なる場合があるので、その時は号数が小さいラインを選ぶことをおすすめします

ラインの長さは

釣りスタイルによってラインの長さも種類が豊富にありますが、メバリングをメインに楽しみたい場合であれば、最大200mのラインを調達しておくのが良いでしょう

最近では、釣り具メーカー問わず、200mラインを幅広く扱っているので、前記の使用素材にも注意しながら手を伸ばすと良いです。

ただ、基本的には100mや150mを中心に取り揃えているラインが多いので、使用の際に必要に応じて下糸を巻いて調節したり、結んで長さを伸ばしたりなど工夫も必要なら行いましょう。

ラインのカラーは蛍光がおすすめ

ラインのカラーは、好みの色を選ぶというよりは、メバリングでの用途に合わせて蛍光カラーを中心に選ぶようにしましょう。

時として、メバリングをナイトゲームで行うこともあるので、ローライトでも視認しやすいようにするためでもあります。

また、ラインに付けられているカラーは、商品によって単色統一があれば、一定の長さごとにマーキングがあるもの、長さごとにラインカラーを変えているものもあります。

これには、ライントラブルを発見しやすいメリットも含まれています。

スポンサードサーチ

ライン直結のやり方

この動画では、ノットPEラインとリーダーとの結び方を解説しています。

主にルアーフィッシングデビューを考えている人にとっては、習得しやすい結び方です。

PEラインで輪を作り、輪の中へリーダーを通していきます。

通したリーダーを5回~6回ほど巻き付けていき、ほどけないよう結び付けていきます。結び目ができたら、ラインとリーダーを両側にしっかり引っ張って固定をしていきます。

結び目がほどけないようにできたら、最短ノットの結び方は完成です。

ライトワインドについてはこちら!

メバリングPEライン人気おすすめ5選

メバリングを始めたいと思っている人に、おすすめできるPEラインを5選紹介します。

メーカーだけでなく、前記でも触れた号数やカラーにも注目した上で、ライン買い替えを検討している人にも、相性の良いPEラインを選ぶ参考にしてみてください。

Daiwa PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 100m
カラー ピンク
サイズ 0.2号

従来品より性能もコスパも良い月下美人

ダイワのPEラインの人気シリーズ・月下美人で、感度・耐摩耗性に限らず、従来品よりもコスパにも力を入れています

ライン設計を低伸度に設定することで感度がさらに増し、EvoSilicone加工で耐摩耗性もアップしました。

ラインカラーは視認しやすいホワイトピンクを採用し、150mのラインを購入の場合は25mごとに対照カラーにもなる黒でマーキングを施しています。

0.2号で極細のため、メバリングを楽しむ上で必要な飛距離と高感度を実現しています。

東レ PEライン ソルトライン メバリングPE

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 150m
カラー バイオレット
サイズ 0.5号

しなやか・強い・扱いやすいバイオレットカラーのPEライン

東レPEラインで、しなやか・強い・扱いやすいを合言葉に開発されたメバリング専用ラインになります。

釣り状況によらず、ラインの力強さ、当たりに対する高感度で釣り人をサポートし、長く使用しても擦れなどにも強い耐摩耗性の高さもポイントの一つです。

視認性に優れたバイオレットカラーを採用することで、日中は海面とのコントラストに、日没はライトアップでも対応しやすくなります。

全長150mに及ぶので、ハードルアーなど遠投にも適した機能を発揮してくれます。

全長 100m
カラー ピンク
サイズ 0.18号~1.5号

高品質・低価格で長きに渡る支持されているPEライン

ラパラの目にも鮮やかなピンクカラーPEラインであり、高品質で低価格を実現した数多くのアングラーからも支持され続けているラインです。

ライン製造において不純物なしのダイニーマを純度100%で採用し、4本編み込みの高性能PEラインを特殊コーティングで加工してます。

ライントラブルが少ない上に、操作性も扱いやすく、全長100mでありながら購入しやすい価格になっています

ラインカラーはピンクで、釣り場に影響されずに視認性しやすくなっています。

ピットライフ POWER BRAID PRO PEライン パワーブレード

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
全長 500m
カラー ピンク/イエロー/グリーン/ブルー/レッド
サイズ 0.4号~1.0号

高強度・高感度でマルチコーティング仕様

ピットライフのPEライン・パワーブレードプロシリーズで、高強度に高感度でメバリングなどのライトゲームで楽しめます。

ダイノニーマ素材を採用したことでラインの強度が上がり、ピアノ線の約8倍もの強度に仕上がっています。

伸度も低く加工されているので、より当たりを感じやすいよう伸度カットされています

根掛かりを恐れずに攻めていけて、ストラクチャーもギリギリを狙えるため、より用途も広く釣果を追求できるようラインにマルチコーティングも施しています。

全長 200m
カラー ブルー/バイオレット/オレンジ/グリーン/レッド
サイズ 0.4号~2.0号

HIP製法にシリコンコーティングで強度アップ

デュエルのPEライン・ハードコアX4プロで、HIP製法にシリコンコーティングを掛け合わせた特殊加工を施しています

特殊な熱処理を行って原糸を高密着させて強度を高めるだけでなく、シリコン加工を行って耐摩耗性もアップしています。

従来のPEラインに比べて耐摩耗性は3倍にアップし、飛距離アップやリール巻取りもスムーズに行えます。

ラインカラーは計5色で区間分けされており、5mごとに白でマーキングを施しているので、視認性にも優れています。

スポンサードサーチ

ライン売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

メバリングを始める上で欠かせないPEラインですが、種類も豊富にある中で適したラインを探すのは一苦労です。

メバリングに適した素材や号数など、細かい部分にも目を向けることで、よりメバリングを楽しめて釣果を望めるようにもなってきます。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定