あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

【PEラインの寿命は何でわかる?】特徴やメンテナンスの2つのポイントについて徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/04/30

更新日 :2020/05/11

peラインとはポリエチレン(Polyethene)の頭文字をとった釣り糸(ライン)のことであり、 細い複数の糸を編み込み、一本の糸に仕上げた糸です。

peラインの多くは4本か8本の糸を編み込んで一本の糸にしていますそのため強度が高く、伸びが少ないことが特徴としてあげられます。

そのため、アタリを敏感に感じることができるのがpeラインを使った釣りの醍醐味です。

ラインには他にフロロカーボンライン、ナイロンラインがありますが、現在ではpeラインがルアーフィッシングの主流となっています。

もちろん、船釣りや投げ釣りにも使われています。

目次

スポンサードサーチ

釣りpeラインの強度・性質とは

peラインの強度と性質とは、ほかのラインに比べて有効な点が多いことです。

peラインの強度は、同じ号数であればナイロン、フロロカーボンの4倍もあります。また同じ魚を狙う場合、同じ強度でも号数を細くすることができます。

ナイロンやフロロカーボンは伸縮性があり、キャスト時にチカラを吸収してしまいますが、peラインは伸縮性がないために、直接チカラが加わるので飛距離が出ます。

また、巻きグセにならない点も大切なポイントです。

摩耗性に関しては、よくないといえます。細い糸を編み込んでいるため傷つきやすいからです。

ナイロンラインやフロロカーボンラインと異なる点は紫外線・吸水による劣化がないので、しっかり手入れをすれば長持ちします。

peラインの寿命はどこで判断するのか

peラインは消耗品ですから、必ず寿命があります。

根ズレやロッドのガイドの傷みが原因の場合もあるでしょう。何度もキャストする際にも痛みます。耐摩耗性の低さや傷、毛羽立ち、色落ちも寿命の原因です。

交換時期の判断はどうすればいいのでしょうか。

peラインの寿命を判断する主な2つの解説します。


  • 毛羽立ちがあるか

  • アワセ切れ・高切れは交換時期

残念ながら毛羽立ちはpeラインの宿命です。

毛羽立つということは強度が下がるということであり、手で引っ張って切れる場合もあります。ただ、少々毛羽立っただけでは問題はありません。

4本編みよりも、8本編みは摩擦に弱いので毛羽立ちが早いのが特徴ですが、最近は8本編みも人気が出てきています。

毛羽立ちがひどい場合は、リーダーから10mほど切ればいいでしょう。200mの糸巻き量でしたら、2度ほど行います。ただ、何度も繰り返していると、当然、糸巻き量は減っていきますので限界を越えれば交換することになります。

アワセ切れの場合はラインの毛羽立ちが原因の場合もあるためしっかりと確認が必要です。もし高切れで、50~80mのラインを失った場合、その日の釣りは終わったようなものです。

アワセ切れや高切れにはさまざまな原因があります。

アワセ切れの主な原因はラインがたるんでいる状態のままで合わせてしまったり、大きく合わせてしまうことが原因です。高切れは劣化やトップガイドなどのラインに触れる部分の傷などが挙げられます。

アワセ切れや高切れは毛羽立ちとは違いこの二つが起こった場合は交換・部品のチェックすることをおすすめします。

スポンサードサーチ

毛羽立ちは裏返しも検討

毛羽立ちができてリーダーの近くを切っていくことにも限界があります。そこでラインの巻替えをおすすめします。

ラインの巻きを反対にする、いわゆる裏返してしまえば、今度はリールの奥にあった糸が先端になり新品同様になるわけです。毛羽立ちがなくなるので、キャストした際に高切れする心配がありません。

裏返す前にリーダー部から10mを二度切って、裏返してからも2度切ったとしても、糸巻き量は、まだ150m以上残るので投げには不足はありません。

ちなみに、巻き取りには高速リサイクラーが便利です。

peラインの寿命を延ばすメンテナンス

peラインは高価なため、できるだけ寿命を伸ばしたいものです。

peラインは摩耗に弱いのでコーティングする。釣行のあとにはリールを水で洗い流す塩抜きの手入れが必要です。 それほど手間がかからないので面倒くさいと思わず、次の釣行のためにしっかりとメンテナンスをしましょう。

peラインの寿命を判断する主な2つの解説します。


  • 使用後真水で洗う

  • コーティング剤で摩擦軽減

使用後は、peラインを真水でしっかりと洗いましょう。

peラインを消耗品と考えて真水で洗わない人もいるようですが、メンテナンスをすれば何年も長持ちします。

peラインはより線であるので、隙間に塩が入り、ライン同士が付着しやすくなります。真水で洗っていなければ、次にキャストしたとき、peラインがガイドとひどく接触してしまい、高切れして多くのラインを失う原因にもなります。

peラインもけして安い品物ではありません。使用後に真水で洗うひと手間をかけることで、次の釣りがきっと楽しみになるはずです。

peラインの劣化を防ぐときに重要になるのは摩耗を軽減することです。コーティング剤をかけることで、高切れ、アワセ切れを防ぐことにつながります。

コーティング剤を使用することで、peラインを保護するだけでなく、色つきラインの運命ともいえる、色落ちにも効果があります。また、フッ素によるコーティング剤であれば、飛距離もよくなります。

ロッドのガイドに吹きかけておくのもいいでしょう。とくにトップガイドは、もっとも負荷がかかりますので念入りに手入れしましょう。

ナイロンライン についてはこちら!

スポンサードサーチ

釣りタックルおすすめ

釣りは道具をそろえることも楽しみのひとつです。中でもロッドは釣りの中心的な役割を果たします。
またpeラインはとても繊細ですので、特徴や性質をしっかりと理解しましょう。

ダイワ(DAIWA) 19 ラテオ 100ML

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ダイワ(DAIWA) 19 ラテオ 100MLは、なんにでも使えるマルチロッドです。

運河のような狭い場所はロッドの長さから苦手としていますが、堤防やサーフなど広いところを得意としています。

重さも137gと軽く、peライン用にトップガイドだけでもをSiCガイドに変えておけば、摩耗にも強くなりシーバスだけでなく青物にも対応してくれます。

ほかのロッドと比べるとよくわかるのですが、とてもグリップが長いので大物がかかって脇に挟むときには非常に便利です。

適度な硬さとしなやかさをそなえているので扱いやすく、初心者の人に向いています。低価格ではあるのですが使い勝手がいいので、一本、用意してみてはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

peラインは同じ強度のナイロンやフロロカーボンよりも細い号数が選べるのが特徴です。ピットブルはその代表格です。

原糸は東洋紡のイザナスを使用しています。イザナスは高強力ポリエチレン繊維であり、ガイドノイズのも軽減されキャスト時のミスで高切れの心配もありません。

おすすめの1番の理由としては、とにかく安いことに尽きます。

かつては4本編みは買えても、8本編みは手が出ないといわれておました。しかし、ほかのpeラインと比べても劣化、損傷は見劣りしないのに、価格をおさえています。

まとめ

peラインが人気なのは、ほかのラインと比較して多くのメリットがあるからです。しかも、さまざまなゲームにも対応しています。
基本的にはシーバス向けですが、どんな魚でも狙うことが可能です。
peラインやロッドなどをしっかりとメンテナンスをして成果を上げてみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定