あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【グロインペイン症候群】サッカーや自転車選手に多い原因と予防法

スポシル編集部

公開日 :2020/04/25

更新日 :2020/05/11

グロインペイン症候群の原因と予防法について紹介していきます。

サッカーや自転車競技をしている人であれば、グロインペイン症候群を聞いたことがあり、自分もなってしまう可能性があるのではないかと不安に思っている方もたくさんいると思います。

グロインペイン症候群の原因や予防法を知ることで、グロインペイン症候群を予防することができます。
サッカーや自転車競技をしている人がこの記事を読み、グロインペイン症候群の予防に役立てていただければと思います。

目次

スポンサードサーチ

グロインペイン症候群の(鼠径部痛症候群)症状

グロインペイン症候群とは 、鼠径部周辺に痛みが生じる怪我です。
鼠径部は足の付け根周辺のことです。

安静にしていれば痛くはないのですが、運動をするとまた痛みが生じ始めることが多いのが
グロインペイン症候群の特徴です。

グロインペイン症候群はサッカーや自転車競技をしている人に発症しやすい怪我で、初期症状としては、サ ッカーでボールを蹴る時や全力で走る時のなど限定的な運動時に痛みが生じます。

あの中田英寿も悩まされたグロインペイン症候群の原因

グロインペイン症候群は、体幹から股関節に負荷をかけ過ぎることにより、筋力低下や柔軟性低下が起こる原因になり、足の付け根周辺に痛みが発生します。

中田英寿選手などの有名サッカー選手でさえも悩まされていた怪我で、決して珍しい怪我ではありません。

そのため、いつ自身の身体にグロインペイン症候群が発症するかわからないので、グロインペイン症候群の治療法や予防法を知っておくべきと思います。

スポンサードサーチ

治療法と治療期間

グロインペイン症候群の治療法と治療期間について紹介していきます。
どれだけグロインペイン症候群が発症しないように、予防に努めていても、発症してしまうときはあります。

もし、発症してしまった場合、適切な治療をすれば、治療期間が短くなり、少しでも早く競技復帰できるようになります。
グロインペイン症候群が発症してしまった場合の治療に役立てていただければと思います。


  • 治療法

  • 治療期間

グロインペイン症候群の治療法について紹介します。
まず、少しでも足の付け根周辺に痛みが生じたら、足の付け根に負荷がかかる運動は控えるようにしましょう。

その後、痛みが生じなくなってきたら、ストレッチを入念に行った上で、軽くジョギングから運動を始めていきます。

そこから、痛みが生じない程度で、ジョギングから徐々にダッシュへと強度を上げていって、ダッシュでも痛みがなかったら、普段の運動を再開するようにしてください。
ただし、痛みが治まらない可能性もあります。その場合は病院へ行って、診てもらうようにしましょう。

治療期間について、軽い痛みであれば4,5日、痛みが強い場合は2週間ほど運動を控えると痛みは和らいできます。

しかし、治ったと思って急に激しい運動をすると、再度痛めてしまう可能性が高いので、ゆっくりと運動を再開するようにしてください。
再度痛めてしまうと、慢性的な痛みにつながり、治るまで2か月ほどかかってしまうこともあります。

予防のためのストレッチ紹介

グロインペイン症候群を予防するためのストレッチを紹介します。

グロインペイン症候群は身体の柔軟性が大きく関係しています。
そのため、身体の柔軟性を良くしておくことが、グロインペイン症候群の予防につながります。

グロインペイン症候群は足の付け根に痛みが生じるため、下半身の柔軟性だけが関係すると思ってしまうかもしれません。
しかし、予防するには身体全体の柔軟性を良くして、バランスの良い身体にする必要があります。


  • 股関節周辺筋群のストレッチ

  • 腸腰筋のストレッチ

  • 内転筋群のストレッチ

  • 肩甲骨のストレッチ

  • 背骨のストレッチ

股関節周辺筋群のストレッチを紹介します。

①床に座って、骨盤を起こした状態で、脚をできる範囲で開く
②胸を前にゆっくり倒していき、これ以上前に倒せないぎりぎりの位置で1分キープする。

このストレッチを3回繰り返しましょう。

股関節はグロインペイン症候群で痛みが発症する場所で、股関節の硬いとグロインペイン症候群が発症しやすいと言われています。

どんなスポーツでも運動前には股関節のストレッチはしっかりと行うことが多いと思います。
それくらい怪我につながることが多い部位なので、入念にストレッチを行います。
運動前には入念に股関節のストレッチを行いましょう。

腸腰筋のストレッチを紹介します。

① 片膝を前に出し、伸ばす側の膝をなるべく後ろに着き、腰を落とす。
② 腕を上に伸ばし、上半身を伸ばす脚の逆側に捻る。

腸腰筋は股関節からお腹をつなぐ、足の付け根部分の筋肉で、腸腰筋の筋量や柔軟性が弱いと、体のバランスが悪くなり、怪我や腰痛につながりやすくなります。

また、走る動作などにも使われる筋肉なので、柔軟性を高めることで足が速くなったりなどのメリットもあります。

内転筋群のストレッチを紹介します。

①脚を横に広げて立つ。
②お尻を下ろし、肘を内太ももに置く。
③お尻をさらに下げ、太ももを外側に押しながら上体を捻る。逆側にも同様に捻ります。

内転筋は太ももの内側にある筋肉で、普段あまり使われていません。
そのためストレッチをしなければすぐに硬くなってしまうので、継続的にストレッチを行っていくことが大事です。

ストレッチを始めたばかりの頃は強い痛みを感じてやめてしまう方が多いですが、痛いと感じる1歩手前でキープしましょう。

肩甲骨のストレッチを紹介します。

①両手を肩にのせてスタンバイ。
②肘同士がくっつくくらいまで、肘を下から上へと持ち上げていく。
③肘が上まで上がったら、左右の肩甲骨をくっつけるような意識をもって、後ろの方へと下ろしていく。同様に逆回しも行いましょう。

肩甲骨は猫背など身体の姿勢に大きく影響します。
姿勢が悪いと運動時も様々な筋肉に負担をかけてしまう原因になってしまい、怪我につながってしまうことも多いです。
下半身だけでなく上半身のストレッチも欠かさず行いましょう。

背骨のストレッチを紹介します。

①四つん這いの姿勢になります。
②息を吐きながら背中を丸める。同時に首もまるめるようにする。
③ 息を吸いながら背中を反らす。同時に顔を上に向けるようにする。
②③を10回繰り返しましょう。

背骨は普段の生活や運動時でさえも使うことはほとんどありません。
しかし、背骨は身体の中心にある骨で、身体の動きを支えている部分です。

そのため、背骨の柔軟性があると、運動時であれば身体の筋肉を最大限に使うことができるようになり、パフォーマンスアップにつながり、様々な怪我も予防できる効果は期待できるでしょう。

スポンサードサーチ

グロインペイン症候群の予防グッズ紹介

グロインペイン症候群の予防グッズを紹介します。

グロインペイン症候群はストレッチやトレーニングなどだけだはなく、予防グッズを使用して、予防をすることができます。

ストレッチなどしっかりと行っているけれど、痛みがあまりひかない場合や、痛みは多少あるけれど無理してでも運動したい時など、予防グッズが役立ちます。

キネシオロジーテープスポーツタイプ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

グロインペイン症候群の予防グッズの1つ目はキネシオテープです。

キネシオテープは運動時に使うテーピングの1つで、普通のテーピングよりも伸縮性があり、痛みのある個所を固定するのではなく、筋肉の動きをサポートすることで痛みを和らげることができます。

キネシオテープは動きを固定するわけではないので、運動時のパフォーマンスにはあまり影響が出にくいテーピングです。
グロインペイン症候群を予防したい場合、キネシオテープを使用することをお勧めします。

氷嚢はアイシングのために使用します。
アイシングはグロインペイン症候群の痛みが発症してからの治療や予防にも役立ちます。

痛みが発症した場合、筋肉が炎症した状態になるため、患部には熱があります。
その患部を冷やすことで、炎症をやわらげ、痛みを抑えることができます。

また、アイシングをすることで、筋肉の疲労軽減にもつながるため、グロインペイン症候群の予防につなげることもできます。氷嚢があれば、氷を入れるだけですぐにアイシングができるので、とても便利です。

McDavid(マクダビッド) クロスコンプレッション ショーツ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

McDavidのクロスコンプレッションショーツは体幹部を安定させ、骨盤や股関節、内転筋群への負荷を和らげることができ、グロインペイン症候群を予防できます。

スパッツのように運動時に履くだけでよいので、テーピングのように毎回運動前に貼るなどの手間がなくなるためとても楽です。

また、履き心地もとてもよく、テーピングを貼っている違和感がないところもMcDavidのクロスコンプレッションショーツの良いところです。

まとめ

グロインペイン症候群は中田英寿選手などの有名選手でも発症する怪我で、グロインペイン症候群がどんな怪我で、何が原因で発症してしまうのかを知っておくことが一番の予防法だと思います。

グロインペイン症候群がどういう怪我なのかを理解したうえで、この記事で紹介した予防法を実践していただけたらと思います。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定