あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fishing

SUPフィッシング初心者必見!人気おすすめタックルを紹介

スポシル編集部

公開日 :2020/04/29

更新日 :2020/05/11

ここでは、SUP釣りについて詳しく紹介しています。SUP釣りは一般的な釣りとはやり方が異なるため、必要となるアイテムや注意点が異なります。
そのため、初めてSUP釣りに挑戦しようと考えているのであれば必要な物と注意点を把握しておくことをおすすめします。

SUP釣りは一般的な釣りとは違う楽しみ方を行うことができたり、普段釣りを行うことができないポイントにも行くことができるため、より釣りを楽しむことも可能になります。

目次

スポンサードサーチ

supフィッシングってなに?

SUPフィッシングとは何なのか知らない人もいるのではないでしょうか。釣りを行っている人でも知らない場合があります。SUPフィッシングとはSUPの上に乗って釣りを行うことであり、湖や波がない海などで行うことが多いです。

普段釣り糸を垂らすことができないスポットで釣りをすることができるため、満足いく釣りを行うことができるメリットがあります。しかし、ボートで釣りをするのとは異なり、バランスを崩してしまうと水の中に落ちてしまうため、バランス能力が求められます。

supフィッシングの道具・タックルはどんなものがいいの?

SUP釣りは上記で説明したように特殊な方法で釣りを行うため、一般的な釣りとは別のアイテムを用意する必要があります。次に、SUP釣りにおすすめの道具やタックルについて紹介します。

SUP釣りを始めたい!という人は参考にしてみてください。

SUP釣りは使用できる面積が限られているため、必要な道具もコンパクトにすることが多いです。そのため、ロッドも6~7フィート程度の長さで問題ありません。

SUPボートで好きなポイントまで簡単に移動することができるため、遠くに糸を飛ばして釣りをする必要もないため、ロッドの長さもそこまで求められません。むしろ長いロッドを選んでしまうと逆に取り扱いにくさが目立ってしまいます。

また、狙う獲物によってロッドを変えることもありますが、初心者の場合は特に気にせずに長さだけを気を付けるようにしましょう。

SUP釣りで使用するリールは普通の釣りで使用するリールで問題ありません。そのため、陸から釣りをする人や船に乗って釣りをする人であれば現在持っているリールを活用することができます。
正し、SUP釣りの場合は転覆してしまうこともあり、リールが海水に浸かってしまう場合もあります。リールが海水に浸かってしまうとサビの原因になってしまい、快適に巻き取ることができなくなる可能性があります。
海水が侵入しない構造のリールを購入していれば安心して使用することができます。

釣りをする獲物によって釣り糸の先につける道具が変わってきます。大きく分けて餌をつける場合とルアーをつける方法に分けることができます。一般的にSUP釣りにはルアーを使用することが多いです。

ルアーで釣りをすることで荷物を減らすことができるため、ルアーがおすすめです。SUP釣りで使用するルアーは大きく分けて表面用と深場用の2種類を用意しておくことをおすすめします。

表面用はナチュラルカラーが採用されていることが多く、深層場では目立ちやすいカラーが使用されていることが多いです。

スポンサードサーチ

その他は何があると安心?

上記で紹介した道具を用意していればSUP釣りを楽しむことはできますが、そのほかの道具を用意していればより快適にSUP釣りを行うことが可能になります。次に、SUP釣りで用意していれば便利なアイテムを紹介します。

快適かつ安全にSUP釣りをしたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか!普通の釣りよりも危険性が高まるSUP釣りであるため、しっかり準備しておきましょう。

フローティングベストとは、ベストのように着用するウェアであり、多くの収納ポケットが取り付けられています。一般的な釣りでも着用することが多いため、本格的に釣りをしている人であれば所持していることが多いです。

SUP釣りは道具を置くスペースが限られていますが、フローティングベストのポケットに収納することで多くの釣りアイテムを持ち運ぶことができ便利です。

ストリンガーとは、釣りあげた魚を水中の中で生かしておくアイテムです。複数のフックが取り付けられており、フックを魚の口に取り付けることで逃げられることがなく、魚を生かすことができます。

SUP釣りではクーラーボックスなどのアイテムを持ち込むことができない場合が多く、つり上げた魚の保管場所に苦労してしまいやすいですが、ストリンガーがあれば問題ありません。

ラッシュガードとはアンダーシャツのような働きがあるウェアであり、マリンスポーツで使用されることが多いです。一般的な釣りで使用することはありませんが、SUP釣りの場合は水に濡れてしまう可能性もあるため、着用することをおすすめします。

おしゃれに見せれるだけではなく、万が一転覆してしまっても体温が低下してしまうことを防ぐことが可能です。

クーラーボックスをSUP釣りで使用する場合はクーラーボックスホルダーを取り付ける必要があります。SUP釣りは不安定の環境で釣りを行うため、クーラーボックスを固定する必要があります。

固定しないと少しボードが傾くだけでクーラーボックスが落ちてしまいます。また、クーラーボックスを固定することでボードの安定性も向上するため、転覆のリスクを下げることもできます。

ランディングツールは魚を釣り上げるためのアイテムであり、用意しておくことでスムーズに釣りあげることができます。ランディングツールにはさまざまなアイテムが含まれていますが、最も必要性が高いアイテムがタモです。

大きなネットが取り付けられている竿であり、近づいた魚を確実に捕獲することができます。伸縮機能があれば便利に使用することが可能です。

ロッドホルダーは釣竿をボードに固定するためのアイテムであるため、ヒットするまで釣竿を握っている必要がなく、ちょっと休憩したいときにもおすすめです。

また、転覆してしまった際に釣竿が水中に落ちてしまうことを防ぐ働きもあるため、SUP釣り初心者の方におすすめのアイテムです。ロッドホルダーは自身でボードに固定する必要があります。

フラッグとは、ボードに取り付ける旗のことであり、安全性を高める効果があります。フラッグを取り付けることで視認率を高めることができ、自身の居場所を知らせることができます。

SUP釣りは船舶などと接触してしまう事故を起こしてしまうリスクがあるため、安全性を高めるために取り付けることをおすすめします。カヤック用のフラッグなどで代用することができます。

sup上の釣りは危ない?注意点を解説

SUP釣りは危険と隣り合わせの釣りであるため、十分注意して行わなければなりません。上記で紹介したアイテムの中には安全性を高めることができるアイテムもあるため、必ず活用することをおすすめします。

次に、SUP釣りのルールなどを紹介します。SUP釣り初心者の方は危険性を把握していないことも多いため、参考にしてください。

実は、SUP釣りはどこでもできるものではありません。そのため、SUP釣りをするのであれば事前に漁港やサーフショップなどに問い合わせてローカルルールを確認することをおすすめします。

自由勝手にSUP釣りを行ってしまうと漁師やサーファーの人に迷惑をかけるだけではなく、危険性が高まってしまいます。SUP釣りをする上で最低限のマナーはしっかり守りつつ、楽しくSUP釣りを楽しみましょう!

SUP釣りは水の上で釣りをするため、当然転覆してしまうリスクが高まります。また、海の場合はさまざまな船舶が行きかうため、接触してしまう可能性も高まってしまい、水難事故になってしまうこともあります。

水難事故にあってしまっても最善の準備をしていれば命に関わるリスクを下げることができますが、準備ができていないと命を落としてしまうほど危険性が高まります。安全には最大の配慮をした上で楽しむようにしましょう

SUP釣りは道具が冠水してしまう可能性が非常に高いです。そのため、濡れてはいけないものは持ち運ばないようにしましょう。特にスマホや腕時計などは防水機能が備わっている物がおすすめです。

また、海でSUP釣りを行う場合は道具が海水で錆びてしまうため、錆びてしまうものも持ち込まないことが無難です。自身も濡れてしまうため、濡れても体温が奪われないような工夫をしましょう。

SUP釣りはボードの上で行う釣りであるため、非常に安定しない環境で釣りをすることになります。そのため、ボードの上で安定性を保てるぐらいの技量が身についていないとSUP釣りを行うことができません。

また、風の強い日や波がある場合はよりバランスがとりにくくなってしまうため、転覆のリスクが高まります。
いきなりSUP釣りに挑戦することは無謀であり、最低でもボードの上に乗ることができたり、転覆からの体制を立て直す方法を身につけておくことをおすすめします。

SUPボードは転覆してしまったり、ボードが傾いた際に道具をロストしてしまうリスクがあります。釣り道具はどれも高価なアイテムになっているため、なくしてしまうことは大きな痛手になってしまいます。

そのため、SUP釣りに慣れるまでは持ち込むアイテムを最小限に抑え、高価なものも持ち込まないようにしましょう。また、ボードに固定できるアイテムは固定しておくことでロストすることを回避できます。

スポンサードサーチ

supフィッシングにおすすめのボード5選

SUP釣りをするためにはSUPボードが必要になってきます。SUPボードといってもさまざまな種類や大きさで販売されていることもあり、購入する際に悩んでしまいやすいです。ボード選びをしっかりすることで快適に釣りを行うことも可能になります。

次に、SUP釣りをするうえでおすすめのボード5選を紹介します。SUP釣りをしようと考えている人は参考にしてください。

Zray フィッシングSUPセット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

Zray フィッシングSUPセットはSUPで釣りをするために開発されているボードであるため、快適に釣りを行うことができます。ボードの上で移動しやすくなっていることで快適に釣りbを楽しむことができます。

また、さまざまなフックを取り付ける金具が取り付けられていることでクーラーボックスなどを簡単に固定することが可能です。空気を注入することで浮力を生み出すボードであるため、持ち運ぶ際は空気を抜くことでコンパクトにすることができます。

SUPボード sup インフレータブルサーフボード ソフトボード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

SUPボード sup インフレータブルサーフボード ソフトボードは幅広いボードになっていることで安定性に優れている特徴があります。そのため、釣りをしている最中にバランスを崩してしまい転覆するリスクを下げることができます。

また、浮力も強いため、子供と一緒にボードに乗ることが可能です。三重構造になっていることで耐久性に優れている特徴があり、さまざまなシチュエーションで使用することができます。海や湖などで釣りをしたい人におすすめです。

WOWSEA SUP サップ アップパドルボード サップボード

Amazonで詳細を見る

WOWSEA SUP サップ アップパドルボード サップボードはボードの表面に滑り止めが取り付けられていることで滑ってしまうことがなく、快適にボードの上で釣りをすることができます。

魚を釣り上げる際に滑り止めがあることでしっかり踏ん張ることができ、力を入れることも可能になります。荷物固定用のコードがあることでストリンガーやパドルを固定する際に活用することができます。

安定性に優れていることで初心者の方でも簡単にボードの上に乗ることができます。

彩色 SUP サップ インフレータブルパドルボード - WOWSEA AN5

Amazonで詳細を見る

彩色 SUP サップ インフレータブルパドルボード - WOWSEA AN5はカラフルなデザインに仕上げられていることでおしゃれなボードです。そのため、おしゃれにSUP釣りを行いたいと考えている人におすすめのボードです。

パドルがアルミ素材で作られているため、軽く丈夫な特徴があります。軽いことで長時間パドリングを行っても疲れることがなく、スポットまで簡単にたどり着くことができます。リーシュコードがあるため、転覆した際にボードだけが流されてしまうことがありません。

サップボード SUPフィッシング サップ 釣り インフレータブル式

Amazonで詳細を見る

サップボード SUPフィッシング サップ 釣り インフレータブル式はシンプルなデザインに仕上げられていることでさまざまな人が違和感なく使用することができます。

付属でついている手動のエアーポンプは空気圧を測定できる計器が取り付けられていることで正しい空気圧に設定することができます。
また、リペアキットが付属としてついているため、万が一穴が開いて空気が抜けてしまっても応急処置をすることができ、浮力を失ってしまうことを防ぐことができます。

まとめ

SUP釣りはさまざまなスポットで釣りをすることができるため、より本格的な釣りをしたい人におすすめです。必要となるアイテムも多くありますが、まずボードの上で安定できる技術が求められます。

SUP釣りを行うためにはさまざまなアイテムを用意する必要があったり、ルールや注意事項を把握しておく必要もあるため、事前準備が重要になってきます。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定