あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
wrestling

世界のレスリング競技人口は?男女比較も徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/03/17

更新日 :2020/03/17

あなたは、レスリングの競技人口について知っていますか?

かつてはレスリングといえば男子の競技種目という位置づけでした。

しかし2004年のアテネオリンピックから女子レスリングもフリースタイルのみ開催されるようになりました。

その後、2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオと継続してオリンピックで開催されています。

この記事では、レスリングになじみがない人、レスリングが大好きな人のどちらの人でもわかりやすいように、レスリングの競技人口について解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

世界のレスリング競技人口は?

ここにテキスト近年、日本でも認知度が上がりつつあるレスリング。

オリンピックでメダルを獲得し、メディアへの露出の多い吉田沙保里選手や伊調馨選手を知らないという人はいないのではないでしょうか?

特に女子レスリング日本代表の活躍が目立ちます。

そんなレスリングですが、世界においての競技人口はどのような状況なのか知っていますか?

日本ではまだまだマイナーな競技であるレスリングですが、世界ではとても人気のある競技なのです。

世界的に見るとレスリングの競技人口の多い国は、アメリカ、さらにロシアをはじめとする旧ソ連圏、そしてレスリングが国技である中東のイランがトップ3といえるほどレスリングが盛んです。

なかでもアメリカでは特に男女ともに人気があり、シーズン中の競技人口は100万人を超えるともいわれています。

これは日本の競技人口が約1万人とされているので100倍の数字ということになります。

カテゴリー別!競技人口の比較

2014年度の公益財団法人日本レスリング協会への登録者数は、小学生年代では4,538名、中学年代では673名となっています。

中学校進学をきっかけにレスリングの競技人口が大きく減少していることがわかります。

また、全国高体連専門部のレスリング女子の競技人口は約200人です。

ちなみに女子柔道の全国高体連専門部の競技人口が約5000人なので、比較するとレスリングの競技人口がかなり少ないことがわかります。

大学生でも、やはりレスリングの競技人口は少なく、東日本学生リーグ戦においても選手不足を理由に出場を断念する大学もあるようです。

社会人になるとさらに競技人口が減少しています。

これはレスリングが続けられる環境が少ないということが大きな原因として考えられています。

スポンサードサーチ

男女別の競技人口比較

レスリングの競技人口を男女の競技人口比は、一説によると8000対1ともいわれるほどに大きな差があります。

女子レスリングの競技人口は非常に少なく、2017年の全日本選手権女子62㎏級では1試合勝っただけで日本一になってしまうという珍事が起こるほどに少ないのです。

女子62㎏級には、リオオリンピック63㎏級金メダリストで東京オリンピックにも出場する川井梨紗子選手を含めて7人の選手がエントリーしていました。

第1シードの川井選手は準決勝からの登場の予定でしたが対戦相手が負傷により棄権となり、決勝戦から登場し,
たった1試合の勝利で優勝してしまったのです。

全日本選手権には大学や高校で実績を残してきた選手しか出られない大会です。

しかし女子レスリングは競技人口が少ないため、どの大会でも上位に来る選手は大きく変わることはありません。

合わせて読みたい

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで、レスリングの競技人口について解説してきました。

レスリングの競技人口はとても少なく、特に女性の競技人口が少なさは女子柔道と比較すると際立っています。
特に中学校への進学をきっかにレスリングを離れてしまっていることが、顕著に数字に表れています。

少子化という根本的な原因もありますが、レスリングを行う環境の少なさが大きな原因と考えられるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定