あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

リフティングができない?サッカー初心者が注意したい3つのポイントと練習方法を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2020/02/26

更新日 :2020/06/10

リフティングは、サッカーの基本となるテクニックのひとつです。

サッカーを始めたばかりの小学生が、まずはじめにマスターしたいテクニックなのですが、やってみると思うように上達できない子が意外に多いのです。

リフティングは、小学生が最初にぶつかる壁と言えるでしょう。

この記事では、子供がサッカーを始めたという方や、サッカー未経験の方でもわかりやすいようにリフティングを練習するうえで、初心者が注意したいポイントや練習方法などについて解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

あなたのリフティングが続かない理由・・・

リフティングがうまく続かいな理由とは、なんなのでしょうか?

サッカーを始めた小学生が最初にあたる難題がリフティングです。

ボールを地面に落とさないように足で蹴り上げ続けるリフティング。
地味なように見えますが、サッカーの基本中の基本となるテクニックで、マスターするのはなかなか難しいのです。

多くの子供たちがリフティングが続かないのは、膝の使い方が悪いということが大きな理由だといわれています。

膝が伸びた状態でロボットのようにリフティングをする子が現代では多いように感じます。

リフティングに必要なスキルとは

リフティングに必要なスキルとは何か知っていますか?

結論から言ってしまえば、「インステップに正しく当てること」と「ボールを真上に蹴ること」の2つのスキルが必要です。

小学生でサッカーチームに入ったばかりの子どもが最初にぶつかる壁が「リフティング」です。

リフティングは、低学年、高学年問わずにサッカーでは基本中の基本となる練習です。

サッカーを習い始めて半年、1年と時間は経過していても「20回もできない」ような子がたくさんいます。

リフティングができるようになると、どのような効果があるのでしょうか?
簡潔にいうと「ボールの扱いを身につけられる」ということなのです。

スポンサードサーチ

リフティングをする部位とキックの種類

では、リフティングとはどのように行うのか正しいのでしょうか?

リフティングは、基本的に足の甲を使ってボールを真上に蹴り上げ、地面に落とさないように、ダイレクトで蹴り続ける練習方法です。

サッカーでは、足の甲でボールを蹴る蹴り方のことを、「インステップキック」と呼びます。
サッカーの試合の中でも、インステップキックは最も使われるキックだと言えるでしょう。

ある程度、リフティングができるようになってくると、インステップ以外にインサイドやアウトサイド、太ももなども使う練習をしていきます。

サッカー初心者が注意すべき3つのポイント

サッカーを始めたら、まず最初にマスターしておきたいのがリフティングです。

リフティングができるようになると、ボールの扱い方が身につきますので、ドリブルなどでもスムーズにボールコントロールができるようになります。

ここでは、サッカー初心者が注意すべき3つのポイントを解説していきます。


  • 膝が伸びていること

  • つま先を上に上げ過ぎない

  • 足首を固定しすぎない

膝が伸びていること

現代の子供たちに多いのが「キックをするとき膝が伸びている状態」でボールを蹴る子です。

これは、股関節を支点にしてしまっているために起こる状態です。
膝を伸ばしたまま、まるでロボットのような動きになってしまっている子供がとても多いのです。

膝が伸びていても、リフティングができないわけではありませんが限界があります。

なぜなら、股関節支点で膝が伸びている状態は、身体全体に力が入ってしまっている状態です。

この状態でリフティングをしている子は、肩が上がり首をすぼめたフォームになっているはずです。
これではリフティングの回数が増えてくると体力的に限界があります。

リフティングは、身体をゆったりとリラックスさせて行いましょう。

特に大事なのは、膝から下の動きを柔らかくすることです。

つま先を上に上げ過ぎない

リフティングは、足の甲(インステップ)を使って行うと前述しました。

足の甲にきれいにボールを当てるためには、足と足の甲をできるだけ平行にする必要があります。
ですから、つま先が上に上がって(向いて)しまっているのはリフティングをするうえで、良い蹴り方とはいえません。

では、つま先が上がっているとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

つま先が上に上がっているとインステップキックがしづらくなります。
ボールを当てる足の部分を「スイートスポット」と言いますが、つま先が上に上がっているとインステップのスイートスポットにボールがあたりづらくなるのです。

さらに、つま先が上がった状態でインステップキックをするとボールには逆回転がかかってしまいます。
逆回転がかかったボールはボールコントロールが難しくなってしまうのです。

リフティングをするときは、つま先は上に上げすぎずに足の甲を寝かせるようにしましょう。

足首を固定しすぎない

リフティングは、身体の力を抜いてリラックスした状態で行うということは前述しました。

そういった観点からいっても、足首を固定しすぎないということはとても大切なポイントです。

リフティングは、ボールを当てる部位が足の甲(インステップ)であることは何度も解説してきました。

インステップでリフティングするためには、足の甲が真上を向くように足首を曲げる必要があります。

先ほど、足首を固定しすぎないことが大切だと解説しましたが、実際には足の甲を上に向ける必要があるために、足首をある程度は固定しなければなりません。

但し、必要以上に力を入れて固定するのではなく、身体は力を抜いてリラックスした状態を保ちながら、足の甲が上を向くように足首に角度をつけるように軽く固定すれば良いでしょう。

スポンサードサーチ

サッカー初心者におすすめのリフティング練習方法

前項では「リフティングを行うにあたって初心者が注意したいポイント」について解説をしてきました。

ここでは、「サッカー初心者におすすめのリフティングが上手になるための練習方法」について、3つのポイントから解説していきたいと思います。
ぜひ普段の練習の中で参考にしてみてください。


  • 手を使ったリフティング

  • ワンバウンドリフティング

  • ノーバウンドリフティング

手を使ったリフティング

初心者におすすめのリフティングの練習方法の一つ目は、「手を使ったリフティング」です。

やり方としては、ボールを両手でお腹の前辺りで持ち、そこから真下にボールを落して地面に落ちる前にインステップで蹴ります。

インステップで真上にボールを蹴り上げたら両手キャッチします。
この流れで1回とカウントします。

まずは、このリフティングを10回できるまで練習してみてください。
10回できるようになったら次の課題に進みます。

次は、両手から落としたボールを2回蹴り上げてからキャッチします。

これがクリアできたら3回蹴り上げる。
次は4回、5回、6回と蹴り上げる回数を増やしていき、最終的には10回蹴り上げるところまでクリアできるように練習しましょう。

ワンバウンドリフティング

初心者におすすめのリフティングの練習方法の二つ目は、「ワンバウンドリフティング」です。

やり方としては、リフティングをする要領でインステップでボールを真上に蹴り上げます。

インステップで真上にボールを蹴り上げたら、一度そのままボールを地面に落としてワンバウンドさせます。

ワンバウンドさせてインステップで蹴るという流れで1回とカウントします。
まずは、ミスなく10回できるようになるまで練習していきましょう。

10回できるようになったら次の課題に進みます。

10回できるようになったら難易度を上げていきましょう。
インステップ蹴る回数を1回から2回に増やします。

これができるようになったら3回、4回、5回、6回と増やしていき、最終的な目標として10回蹴り上げてワンバウンドが10回できるように練習していきましょう。

ノーバウンドリフティング

初心者におすすめのリフティングの練習方法の三つ目は、「ノーバウンドリフティング」です。

最後は、通常のリフティングであるノーバウンドリフティングを行っていきましょう。
ノーバウンドリフティングの目標は100回に設定しましょう。

100回できるようになるには継続的な練習が大切です。
ノーバウンドリフティングがミスなく100回できるようになると、技術的には大きくレベルアップできているはずです。

100回の壁を超えると200回、300回と一気に回数をこなせるようになるでしょう。

ここからは、技術的な問題よりも体力と集中力が問題となってきます。

小学生の場合は、卒業するまでにノーバウンドリフティングを500回を目標にして練習をしていきましょう。

まとめ

ここまでサッカーのリフティングを上達するためのポイントと練習方法について解説してきました。

サッカーにおいてリフティングは、基本中の基本となるテクニックです。

この記事を参考にして小学校卒業までにリフティング500回を目指して練習しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定