あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
golf

初心者必見!アイアンの飛距離を伸ばす4つのポイントを徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/01/31

更新日 :2020/01/31

「アイアンの飛距離を伸ばしたい」

スコアを伸ばしたい願望と同様に、アイアンの飛距離を伸ばすことは、すべてのゴルファーの方が持っている願望ですよね。

しかしアイアンの飛距離はなかなか出ないし、飛距離を伸ばすための練習方法もわからないという方も多いでしょう。

そこで今回はアイアンの飛距離を伸ばす4つのポイントや、その練習方法、男女別のアイアンの平均飛距離など、アイアンの飛距離のことで悩んでいる方に向けて様々な情報をお届けします。

目次

スポンサードサーチ

アイアンの平均飛距離とは【飛距離早見表】

アイアンの平均飛距離とはどのくらいなのでしょうか?

アイアンでのショットは狙ったところにボールを落とすことが一番の目的なので、遠くに飛べばいいというものではありません。

しかし一般的にどのくらいアイアンで飛距離が出るものかを目安として知っておくことも大事です。

ここでは、あくまで参考値として男女別にアイアンの平均飛距離を紹介します。

クラブ 男性 女性
2アイアン 195ヤード 135ヤード
3アイアン 180ヤード 125ヤード
4アイアン 170ヤード 120ヤード
5アイアン 160ヤード 110ヤード
6アイアン 150ヤード 100ヤード
7アイアン 140ヤード 90ヤード
8アイアン 130ヤード 80ヤード
9アイアン 115ヤード 70ヤード
PW 105ヤード 60ヤード
AW 95ヤード 55ヤード
SW 80ヤード 50ヤード

アイアンの飛距離を伸ばす4つのポイント

「アイアンの飛距離を伸ばせれば、もっとスコアが良くなるのに」
「ショットの飛距離を伸ばすこと自体が楽しみ」
などと、様々な理由でアイアンの飛距離を伸ばしたいと思っているゴルファーの方は多いですよね。
ここでは、アイアンの飛距離を伸ばす4つのポイントを解説します。


  • ドライバーと変わらず打つ

  • ハンドファースト

  • ロフトを立てる

  • ヘッドスピードを上げる

ドライバーと変わらず打つ

アイアンで飛距離を伸ばしたい場合、ドライバーとはクラブの形も違うので、スイングも違う打ち方をしなければいけないと思っている人も多いでしょう。

しかし基本的にはドライバーを打つ場合と同じスイングでアイアンを打つことが、安定して飛距離を出せるようにするための方法です。

ドライバーとアイアンで打ち方を変えてしまうと、スイングが2つ必要になってしまい、コースに出たときにそれぞれのクラブで違う打ち方をしなければいけなくなります。

すると安定性もなくなり、調子の波も大きくなってしまうので、一番大事なスコアを落とすことにもつながるのです。

さらに2つの打ち方をマスターしなければならないということは、タイミングも複雑になり、単純に1つのスイングをマスターするときと比べ、倍の練習量も必要となってしまいます。

ですからアイアンを打つときには、ドライバーの時と変わらず打つようにしましょう。

ハンドファースト

ハンドファーストとは、クラブをボールにインパクトする際に、クラブより先に自分の手をボールを打ち出す方向に持っていくスイングのことです。

アイアンで飛距離を出すためには、ハンドファーストでインパクトすることを心がけることが何より重要となります。

ハンドファーストでボールを打つ際には、インパクトする瞬間は体を開いてボールにインパクトすることで、よりアイアンの飛距離が伸びるようになります。

注意点としては、体を開いて打つ分、左肩が上に上がってしまうので、その分体を下に沈めるイメージでスイングすることです。

そしてもう一つ注意点があります、ハンドファーストで打つと、フェースが外側に開いてしまうことが多くあるので、フェースが開かないように左手の甲を地面に向けるイメージで打つといいでしょう。

ロフトを立てる

アイアンで飛距離を出すにはロフトを立てることも重要です。

ハンドファーストでスイングすると自然とロフトが立つようになります。

例えば、7番アイアンで打ってもハンドファーストのスイングができていれば、5番や6番のロフトになるんです。

そしてロフトが立てば立つほどアイアンの飛距離は伸びることになります。

逆にクラブが寝れば寝るほどボールは上に飛んでしまい、距離が出にくいです。

ハンドファーストでロフトを立てて打つことで、スイングの最下点がボールのインパクト後の飛球線側にいきます。

その動きができることで、ボールにスピンが加わり、キャリーも出ることでアイアンの飛距離がより伸びるのです。

アイアンの飛距離を伸ばすにはロフトを立ててスピン量を増やすことが重要だと覚えておきましょう。

ヘッドスピードを上げる

アイアンで飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードを上げることも重要な要素です。

アイアンはドライバーより短いものの、重量はアイアンの方が重く、遠心力も加えにくいため、ヘッドスピードが遅くなります。

例えばドライバーで46m/sのヘッドスピードを持っている人が、PWになると同じようにスイングしても35m/sになります。

ボールを遠くに飛ばそうと思うと、どうしても力を使って遠くに飛ばそうとしがちですが、どちらかというと、力を使って打とうとするよりヘッドスピードを上げて打つ方が飛距離を伸ばすには大事です。

力をスピードに変えるということですね。

右利きの方は右腕で打とうとするよりも、左手でリードしてあげるようなイメージを持つと上手くいくでしょう。

スポンサードサーチ

アイアンの飛距離を伸ばす練習方法

アイアンで飛距離を伸ばすには、ハンドファーストのインパクトをすることが何より重要です。

そこでハンドファーストのインパクトができるようになる練習としては、ボールに対してアドレスをして、腰を45度左方向に押し込む動きをします。

その時、左ひざはすっと伸ばし、右ひざは斜め下に押し込むイメージです。

すると腰が動いた分だけ、手元が自然とハンドファーストの動きになることがわかります。

そしてその体の動きを覚えこませ、そのまま自然とスイングしてボールを打つ練習をしましょう。
これでハンドファーストのスイングの練習になります。

最初はハーフスイングのような感じで小さく軽く振ることから始めて、最終的には大きくスイングしていくようにするといいでしょう。

ハンドファーストのインパクトをマスターして、アイアンの飛距離を伸ばしていけるといいですね。

自分に合ったアイアンを見つけるには

自分に合ったアイアンを見つけるには、まずはゴルフショップに行き、店員さんに聞いてみて、相談しながら見つけていくのもいいでしょう。

初心者の方がクラブを買う場合には、いきなりフルセットの14本のゴルフクラブを買うのではなく、最低限のクラブを備えたリーズナブルなセットクラブを買うのもありです。

本数で言うとドライバーやアイアンなど5~6本くらいのセットなので、まずは安いものを購入してみて、気軽に打ちっ放しに行って練習してみましょう。

実際に打っていくうちに自分に合ったクラブもわかってくるので、いきなりフルセットのゴルフクラブを買うのではなく、まずはドライバーやアイアンなど最低限のクラブだけを買い、本格的に買いそろえるのは、その後でも大丈夫です。

アイアンの人気売れ筋モデル3選をご紹介します!

ここではアイアンの人気モデル3選を紹介していきます。

この機会に自分に合ったアイアンを探してみてください。

本間ゴルフ Be ZEAL535 アイアン単品(#4/#5/#11/Aw/Sw) ビジール535 メンズ

本間ゴルフ Be ZEAL535 アイアン単品(#4/#5/#11/Aw/Sw) ビジール535 メンズ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る
テーラーメイド(TAYLOR MADE) M6 アイアンセット

テーラーメイド(TAYLOR MADE) M6 アイアンセット

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る
DUNLOP(ダンロップ) 【レディス/女性用】 XXIO X ゼクシオ10 アイアン (5本セット #7~#9+PW+SW) MP1000L カーボンシャフト レディスゴルフクラブ 右利き用

DUNLOP(ダンロップ) 【レディス/女性用】 XXIO X ゼクシオ10 アイアン 右利き用

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

スポンサードサーチ

まとめ

今回はアイアンの飛距離の伸ばす4つのポイントや、その練習方法などを紹介しました。

ゴルフをやっている人、ほぼ全員がアイアンの飛距離をもっと伸ばしたいと思ってますよね。

今回ここで書かれたことをヒントにして、ぜひアイアンの飛距離を伸ばせるように頑張ってみましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定