あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

肩こりを改善して気分上昇!改善方法だけでなく簡単な予防法も解説

スポシル編集部

公開日 :2020/01/28

更新日 :2020/01/28

現代の日本では、肩こりは、腰痛と並び国民的なお悩み症状となり、多くの人が肩こりの症状に悩まされています。

肩こりは、現代人にとっては切っても切り離せないパソコンやスマートフォンが原因で引き起こされていることが近年言われるようになってきています。

どちらかといえば、女性の方がなりやすいとされていますが、平成19年の国民生活基礎調査では、すでに男性の自覚する症状の第2位となっていました。

この記事では、トーレニング未経験や身体についての知識がない方でもわかりやすいように肩こりの改善・予防する方法について解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

つらい肩こりを改善するためにできること

最近では国民的身体のお悩み症状と言っても過言ではないのが「肩こり」です。
特に現代人は日常生活の中で、パソコンやスマホなどを長時間使うようになり首や肩に大きな負担を掛けています。
つらい肩こり症状を少しで改善することはできないものでしょうか?
日常生活の中に取り入れやすい肩こり改善方法を紹介していきます。

どこでもできる簡単ストレッチ

肩こりは、首、背中、肩甲骨周りなどの筋肉が緊張状態になり固まることで血流が悪くなっている状態です。

ですから、首、背中、肩甲骨周りの筋肉を緩めてあげることで血流が促進され肩こりの改善につながるのです。

そこでおすすめなのが「ストレッチ」です。
ストレッチは、自宅やオフィスなどで簡単に行えるのがメリットです。
それではリビングやベットの上で行えるストレッチを紹介します。

はじめに正座ので座ります。
正座の状態から両腕を前に滑らせて上半身も一緒に前に倒していきます。
息を吐きながら頭も沈めていき、おでこが地面に着くぐらいまで倒し、腕も伸ばします。
限界までいったら30秒キープします。

無理はケガの原因になるので、身体がイタ気持ちいいくらいのところでキープしてください。

ツボ押し/4種類のツボを紹介

ストレッチができない方におすすめしたいのが「ツボ押し」です。
ツボ押しは、元々は東洋医学の考え方です。

東洋医学ではツボのことを「経穴(けいけつ)」と呼ぶそうです。

人間の身体にあるツボの数は全部で361箇所あるとされていて、これはWHO(世界保健機関)でも認められています。

ツボは、身体の各器官と関連性があるので、身体の不調が現れた際にツボ押しは有効な改善方法なのです。

自分で届く場所にツボがあれば、一人で行うことができ、自宅などで簡単に行うことができます。

1.風池

肩こりに効くツボの一つ目は、「風池(ふうち)」です。
肩こりのツボとしては、最もポピュラーなツボと言っていいでしょう。

風池は、首の付け根の部分である、首と頭のちょうど境い目あたりの両サイドにあります。
筋肉でいうと「僧帽筋」の外側あたりにあるツボです。

頭をの後ろで手を組み、親指で押してみましょう。

2.肩外兪(けんがいゆ)

肩こりに効くツボの二つ目は、「肩外兪(けんがいゆ)」です。
肩外兪は、肩や首の血行を促進し、肩こりや倦怠感に効くとされています。

肩外兪の位置は、肩甲骨の角の内側にあります。
首の真ん中と肩の端の中間に位置する筋肉をつまみ押してみてください。
その際に、中指の当たる部分が肩外兪となります。

3.中府

肩こりに効くツボの三つ目は、「中府(ちゅうふ)」です。
中府は、四十肩や五十肩に効くツボとされています。

鎖骨と肩の骨の間のくぼみから、指一本分下に位置します。
人差し指と中指、薬指の三指を使って揉みほぐすと効果的です。

4.手三里

肩こりに効くツボの四つ目は、「手三里(てさんり)」です。
手三里は、肩こりのほか、腰痛や免疫力アップの効果も期待できるツボです。

ヒジを曲げたときに、ヒジから指三本分の位置が手三里です。
手三里を押すときは親指を使って両腕のツボを押すといいでしょう。

全身運動で血液循環の改善とストレスの解消!

肩こりの原因は、首や肩、肩甲骨周りの筋肉が緊張して固まっていることです。
ですから、肩こりの改善のために首や肩、肩甲骨周りを動かすことで血行が促進され症状が和らぐことがあります。

しかし、それだけではあまり症状が改善しなかったという方もいます。

そういった場合に、オススメしたいのが部分的な筋肉を動かすだけでなく、全身運動を行うことです。

全身運動することで、腰や背中の筋肉も血行促進されほぐれます。
また、運動が気分転換となり気分がリラックスすることで身体の緊張がゆるむというメリットも期待できます。

全身運動を行った後は15分程度の有酸素運動をするとさらに効果的です。
有酸素運動は軽めのウォーキングなどで充分です。
しっかりとクールダウンをすることで副交感神経が優位なり身体も緊張から弛緩の状態へと導きます。

肩こりの予防のためにできること

ここまでは、誰でも簡単に行える肩こりの改善方法について解説しました。
肩こりの症状を緩和することができたでしょうか?

しかし、できることなら肩こりになることを避けたいものですよね。
では、肩こりの予防法とはいったいどのようなことなのでしょうか?

ここからは、肩こりの予防のために自分でできることについて解説していきます。

僧帽筋の筋トレ

肩こりの予防のためにできるセルフケアでおすすめなのが「僧帽筋の筋トレ」です。

肩こりを引き起す原因のひとつに「筋肉の衰え」があります。
特に僧帽筋が衰えることによって肩こりを引き起こすとされています。
僧帽筋の衰えによって、頭や腕を支えることがつらくなります。
結果的に姿勢が前かがみな猫背姿勢になり、ほかの筋肉にも負荷をかけることになり血流が悪くなってしまいます。

ですから、筋トレをで筋肉を鍛えることで良い姿勢を保つことができるようになります。
良い姿勢をキープすることで肩こりを予防することができます。

僧帽筋の鍛え方や、自宅でできるストレッチ方法は、以下の記事を参考にしてみてください!

寝ている間の姿勢(寝方)を改善する

朝起きたときに「肩こりがひどい」という方の場合は、寝ている間の姿勢(寝方)が原因となっている可能性があります。

特に「横向き姿勢」で寝ている方は、肩こりを引き起す可能性が高くなります。
また、腰痛持ちの方などは、うつぶせで寝る方が多くいますが、うつぶせでの寝方も肩こりや首の痛みの原因となり得ます。

睡眠時間は、1日の約1/3に当たります。
睡眠中の約8時間を同じような姿勢で過ごすわけですから、寝方次第で肩こりを引き起すリスクが潜んでいることがわかります。

では、肩こりにならないためには一体どのような寝方をするのが良いのでしょうか?

結果から言うと「仰向けでの寝方」が肩こり予防、解消の効果が期待できます。

仰向けの姿勢だと、肩が圧迫されないので肩周りの筋肉に負担がかかることがないので肩がリラックスした状態を保てるのです。

食べ物にも気を使ってみよう

肩こりの改善・予防方法として食事にも気を使ってみてはいかがでしょうか。
人間の身体は、口から摂取した食物で作られていると言っても過言ではありません。

ここでは、肩こりにおすすめしたい食べ物と栄養素を紹介していきます。

肩こりに最も多い原因が「血流が悪い」ということですから、血流を良くすることで肩こりの改善・予防につながります。

そこで、おすすめしたいのが「アジ、イワシ、などの青魚」です。
青魚には、血行を良くする栄養素として有名な「EPA」や「DHA]が多く含まれています。

スポンサードサーチ

肩こりを改善できるグッズを紹介

ここでは、「肩こりを改善したい」というあなたのために、おすすめのグッズを2種類紹介していきます。

肩こりを改善するためにはストレッチやツボ押しが有効ですが、グッズを利用することでより効率的に肩こりを改善することができるかもしれません。

この記事を参考にして、紹介したおすすめグッズを試してみてはいかがでしょうか。

ファイテン(phiten) ネックレス RAKUWA ネックX50 ハイエンドIII 50cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

オンリーワンのファイテンの技術

ファイテンの水溶化メタル技術は、世界各国で100以上の特許を取得しています。
金属をナノレベルで、水の中に分散させるファイテンの水溶化メタル技術により、人間が本来持っているチカラを引き出し、カラダを本来のリラックス状態に導くことが可能に。
テクノロジーでより快適な毎日をサポートします。

ファイテンは「全ては健康を支えるために」をスローガンに快適な毎日を過ごすために健康をサポートする商品を開発しているメーカーです。
プロアスリートはもちろん、あらゆる人に愛用され、世界中でRAKUWAネックシリーズは累計販売本数、3,600万本以上を突破しています。(2015年8月現在)

人間の体内を流れる生体電流をアクアチタンの効果で整え、結果的にリラックス効果や肩こりの解消を狙ったアイテムです。

世界初グラフェン技術を採用した首サポーター

世界初のグラフェン技術を採用した首サポーターです。
普通の首サポーターと違い、世界で最も薄く、最も強靭な、最も熱伝導に優れるグラフェン材料を採用し、業界最新の技術で作られた製品です。
夏も冬も、首や肩の冷えは万病の原因となりますが、Graphene Timesの首サポーターは首元や肩を温めてくれます。

グラフェン発熱膜が絶縁材料に包まれますので、漏電などの心配はありません。
マグネットで給電するので、安全性も抜群です。
更に、オートオフタイマー機能も付いているため、60分の使用後、電源が自動的に切れ、睡眠時にも首サポーターを安心にご利用頂けます。

ノートパソコン、モバイルバッテリー、スマホ充電器、車内電源などのUSB電源から安全で手軽な給電ができ、つけた瞬間から、グラフェン発熱膜が急速加熱して、10秒以内に、基本温度35度になり、暖かくてぽかぽかになります!

まとめ

ここまで肩こりを改善・予防するための方法などについて解説してきました。

肩こりを引き起こす、最も大きな原因は「血流不良」です。

肩こりになってしまうと身体にとって様々な悪影響を与えることになるので、日頃から肩周辺や首の筋肉を柔らかくするように心がけておきましょう。

あなたも、この記事を参考にして肩こりの改善・予防方法を行い、肩こりの気にならない楽しい毎日を送りましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定