あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
boxing

【ボクシング最強攻撃】カウンター2種類の練習法と避け方を徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2020/01/23

更新日 :2020/01/23

あなたは、「カウンター」というボクシング用語を、聞いたことがありますか?
ボクシング中継を観た経験がある人ならば必ず耳にしたことのあるボクシング用語です。

ボクシング観戦しているときに、選手がダウンしたシーンで「きれいなカウンターが決まりましたね」などと解説者が話しているのを聞いたことがあるのではないでしょうか?
カウンターは、ボクシングの攻撃の中でもとても強力な攻撃なのです。

この記事では、ボクシングの知識がない方でもわかりやすいようにカウンターについて解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ボクシング カウンターとは

ボクシングのカウンターとは、簡潔に説明すると相手のパンチに合わせて自分もパンチを出す攻撃のことです。

カウンターの特徴は、一発のパンチで相手をノックアウトできる強烈な攻撃です。

なぜカウンターが強烈な攻撃になるのかというと、相手がパンチを撃つために自分に向かって踏み込んでくる力を利用した攻撃だからです。
通常のパンチの2~3倍の威力があると言われています。

例えば、車が壁にぶつかるよりも、100kmのスピードで走ってくる対向車とぶつかった方が衝撃が強いですよね?
カウンターはそのようなイメージです。

カウンターの名手

ボクシングの最強の攻撃と言っても過言ではないカウンター。
しかし、カウンターはとても難易度が高く、リスクも高い攻撃です。
相手の攻撃を自分が受ける可能性もあるため、諸刃の剣ともいえる攻撃なのです。
ここでは、カウンターの名手を2人紹介していきます。


  • ファン マヌエル マルケス

  • 井上尚弥

ファン マヌエル マルケス

ファン・マヌエル・マルケスは、プロ戦績64戦56勝(40KO)7敗1分と高いKO率を誇ったメキシコ出身のボクサーです。

WBA・WBC世界スーパーフェザー、IBF・WBO世界フェザー、WBA・WBOスーパーライト、WBOライト級の元チャンピオンです。
4階級を制覇した名チャンピオンです。

マルケスは、とても攻撃力の高いボクサーで、スペイン語でダイナマイトを意味する「Dinamita(ディナミータ)」の異名を持っていました。

回転の速い連打を武器に相手を圧倒するスタイルでカウンターの名手でもありました。

真正面から打ち合い、KO勝利を連発するなど、数々の名勝負を繰り広げたマルケスですが、なかでも最も印象に残るのは、日本でもおなじみの名ボクサー、マニーパッキャオとの激闘です。
パッキャオとマルケスの戦いは計4回行われ、通算1勝1分け2敗となっています。

井上尚弥

井上尚弥は、プロ戦績19戦19勝(16KO)無敗(2020年1月時点)と高いKO率を誇る日本の現役ボクサーです。

圧倒的な強さと完璧なボクシングスタイルから「日本ボクシング史上最高で最強のボクサー」と言われています。

WBC世界ライトフライ、WBO世界スーパーフライ、WBA・IBF世界バンタム級の世界3階級を制覇しています。

井上尚弥の試合といえば圧倒的なKO劇です。
相手をノックアウトする要因はなんと言っても「パンチ力」の強さにあり、過去には相手のガードの上から打ったパンチでダウンを奪ったこともありました。
井上尚弥の圧倒的な強さは驚異的なパンチ力なしでは語れません。

しかし、井上尚弥はパンチ力だけのボクサーではありません。
非常に高いテクニックを持つボクサーで、特にうまいのが「カウンター」です。
目の良さや勘の良さなのか、抜群のタイミングでカウンターを合わせることができるボクサーなのです。

スポンサードサーチ

カウンターの練習法

ボクシングの攻撃の中でとても難易度の高いカウンター。
圧倒的な攻撃力を持ちますがリスクも高い攻撃です。
では、どのような練習をすることでカウンターをマスターできるのでしょうか?
ここでは、おすすめのカウンターの練習法を2種類紹介していきます。


  • シャドー

  • スパーリング

シャドー

シャドーとは、相手がいるものとイメージしながら一人でパンチの打ち合いの練習をする方法のことを言います。

シャドーは、鏡に向かって行えば自分のフォームをチェックすることができるのでボクシングの基礎を固めるのに最適な練習です。

そして、なぜカウンターの練習方法としておススメなのかというと、カウンターのイメージトレーニングができるからです。
相手のパンチを紙一重でかわしながらパンチを当てるというイメージをしながら実際に身体にカウンターの動きを覚えさせましょう。

基本技術を高めることがカウンターをマスターする近道になるので、基本の構えやフォームを身につけましょう!

強い選手は、攻撃をしても守備をして、必ずもとの構え戻ることができます。
カウンターをマスターするには、まず基本を身につけることが大切です。

スパーリング

シャドーで基礎を身につけてイメージ通りに身体を動かせるようになってきたら、実際に相手と拳を交えてみたくなるのではないでしょうか?

シャドーの次のステップとなる練習方法がスパ―リングです。

スパ―リングとは、実戦形式で行う練習で、ほとんどの場合がケガ防止やダメージの軽減など、安全面を考慮して重い練習用グローブとヘッドギアなどの防具を使用して行います。

スパ―リングをシンプルに言えば練習試合といったところです。

スパ―リングでは、実際に相手と殴り合うので、恐怖心などのメンタル面のトレーニングにもなります。

カウンターをマスターするには、恐怖心を乗り越えてスムーズに動けるかが重要なポイントとなります。

カウンターの避け方

カウンターをマスターするために重要なのが相手の攻撃の避け方です。
自分もパンチを出すために前に踏み込みながら相手の攻撃をかわすわけですからかなりの難易度の高さです。
ここでは、カウンターの避け方の重要なポイントを2種類に分けて解説していきます。


  • ブロッキング

  • ステップワーク

ブロッキング

カウンターを狙う際の相手の攻撃の避け方、一つ目は「ブロッキング」です。

ブロッキングとは、簡潔に説明すると相手の攻撃を腕やヒジ、肩、グローブを使って防御する方法です。

ストレートなどの直線的なパンチは、前腕部とグローブの部分でパンチをガードします。

ブロッキングで大切なのは、ガードを上げることです。
ガードの位置(腕の位置)が低いと相手のパンチをブロッキングするために下から腕を顔の前まで持ってこなければならないため、時間のロスになります。
このコンマ何秒という一瞬の時間がボクシングでは命取りになってしまいます。

ブロッキングの技術を向上させると、相手の攻撃を誘ってブロッキングしながらカウンターを狙うことができます。

ステップワーク

カウンターを狙う際の相手の攻撃の避け方、二つ目は「ステップワーク」です。

ステップワークとは、大きく分けて「フォワードステップ」、「バックステップ」、「サイドステップ」の3種類のステップがあります。
ステップワークは、「フットワーク」とも呼ばれます。

この3種類のステップワークの中でもカウンターに重要なのは「フォワードステップ」です。
フォワードステップは、後ろ足で地面を蹴り前に踏み込む動きをするので、カウンターパンチには大切なステップワークなのです。

フォワードステップの技術を向上させると、自分の体重をパンチに乗せることができるのでパンチの威力を増大することができます。

スポンサードサーチ

ボクシングおすすめ雑誌

ここでは、おすすめのボクシング雑誌を二種類ほど紹介していきます。
ボクシングには、カウンターをはじめ、覚えるのが難しいボクシング用語がたくさん存在します。
ボクシング雑誌などの本を読むことでボクシングのルールや用語、世界のボクシング情報などの知識をつけることができるので、ボクシングをもっと楽しむことができるでしょう。

ボクシングマガジン 2020年 02 月号

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

2019年末の日本人選手世界戦リポート!

ボクシングマガジン2020年02月号は、2019年末に行われた日本人選手の世界戦特集が目白押しです。
村田選手、拳四郎選手、八重樫選手、井岡選手などの世界戦がレポートされています。
この1冊を読めば現在の世界レベルの日本人選手の情報を知ることができます。

BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2020年1月号)

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ヘビー級を愉しむ ワイルダー「豪打伝説」

BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2020年1月号)は、2019年の師走に行われた日本人選手の世界戦のレポートのほかに、特集として「ヘビー級を愉しむ」Unrivallod Power 何という一撃 ワイルダー「豪打伝説」が掲載されています。
この一冊でボクシングの魅力を感じることができるでしょう!

まとめ

ここまでボクシングのカウンターについて解説してきました。
ボクシングにおいてカウンターは、最強の攻撃ながらリスクの高い、諸刃の剣といえる攻撃です。
この記事を参考にしてカウンターについての知識をつけ、よりボクシングを楽しめるようになりましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定