あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Fencing

フェンシングのフルーレとは?ルールや2人の有力選手を紹介します!

スポシル編集部

公開日 :2020/01/23

更新日 :2020/05/11

ここでは、フェンシングのフルーレについて紹介しています。そのため、フルーレについて知りたい人は参考にしてください。フェンシングといってもフルーレの他にエペやサーベルの競技に分けられており、使用される武器も変わります。

また、ルールも変わるため、フルーレのルールなどを把握することで楽しく観戦することも可能になります。フェンシングの種類の違いが分からない人やこれからフェンシングに挑戦しようと考えている人におすすめの内容になっています。

目次

スポンサードサーチ

フェンシング フルーレとは

フェンシングのフルーレとは、フェンシングの競技内容の一つであり、フルーレの他にエペやサーベルなどの競技があります。フルーレとは使用する武器の名称であり、フルーレを使用してフェンシングを行うため、競技名もフルーレになっています。

もっともオーソドックスなフェンシングではありますが、何気なく観戦するだけではフルーレとエペやサーベルの違いがわからない場合が多いです。フルーレは胴体だけがポイント対象であり、そのほかの場所を攻撃してもポイントにはなりません。

フルーレのルール

フルーレのルールは、上記でも紹介したように胴体にしかポイント加算部分がないことです。エペなどは全身が有効ですが、フルーレの場合は手や足に攻撃しても有利にはなりません。
また、使用する武器は90cm以下、重さ500g以下を使用することが決められており、それ以外の条件のブレードは使用することができず、エペやサーベルで使用するブレードの場合が多いです。
フルーレのルールは攻撃側と守備側に分けられており、守備側の選手が攻撃しても有効打として認められないため、守備に徹することが基本です。

攻守の交代は、相手の攻撃を払うなど完璧に防御することができた場合であり、いかに相手の攻撃を防ぎ、攻撃側の時間を多く確保できるかが重要になってきます。

スポンサードサーチ

フルーレの有名選手

フェンシングのフルーレは最近知名度が向上している競技であり、メディアに取り上げられる機会も増えてきています。しかし、有名な日本人選手を把握していない人も多いのではないでしょうか。次に、フェンシングの有名な選手を紹介します。

サーブルの有名選手を紹介します。


  • 松山恭助

  • 東晟良

松村恭助は現在のフェンシングフルーレの競技の中で最も優れた技術を所持している選手です。そのため、東京オリンピックでも活躍されることが期待されており、メダル獲得の有力選手でもあります。

大学生時代には個人戦だけではなく、団体戦でも優勝を果たしていることもあり、当時から注目を浴びていました。2008年のオリンピックではメダルを獲得している実績も残しています。

1996年12月19日生まれの東京出身であり、学生時代はフェンシングに強い学校に進学しており、実力をさらに高めています。フルーレの日本国内最強といっても過言ではない選手です。

東晟良は日本女子選手の中でも最も力があるフルーレの選手であり、今後の活躍が期待されている人物です。東晟良は「あずま せら」と読み名前だけでは性別が分かりにくいですが、女性の選手です。

家族がフェンシングとかかわっており、母親の影響で小学生のころからフェンシングを始めています。高校生のときには優勝するほどの実績を有しており、大学は姉と同じ学校に進学しています。

アジア選手権では個人では銅メダル、団体では金メダルを獲得しており、女子フルーレをけん引する存在でもあります。日本選手権では連覇を成し遂げている実績もあります。

フルーレのランキング

フェンシングのフルーレの国内ランキングを把握することでどのような選手が実力があるのかを把握することができます。

1位はJCB所属の松山恭助、2位は法政大学の敷根崇祐、3位は長野クラブの西藤俊哉、4位は日本大学の伊藤拓真、5位は中央大学の永野雄大、6位は秋田緑が丘病院の安部慶輝、7位は法政大学の鈴村健太、8位はフェンシングステージの三宅諒、9位はDENSO岩手の藤野大樹、10位は中央大学の上野優斗です。

日本国内では多くの選手が活躍していますが、世界ランキングでは、上位に位置することは日本人選手ではまだ厳しい状況であり、日本国内と世界とでは技術の差がある証拠でもあります。
しかし、オリンピックでメダルを獲得している選手もいることから、徐々に頭角を現しつつあります。

スポンサードサーチ

フェンシング雑誌

さまざまなスポーツはそれぞれの競技を題材にした雑誌を出版しているように、フェンシング雑誌もいくつか出版されています。フェンシング雑誌を確認することでフェンシングのことをより詳しく知ることができ、選手の知識も蓄えることができます。

フェンシング入門―DVDでよくわかる!

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

フェンシング入門―DVDでよくわかる!はフェンシングのことがより詳しく紹介している一冊であり、これからフェンシングに挑戦しようと考えている人におすすめです。DVDも付属として付いているため、動画を交えてフェンシングの練習をすることも可能です。

太田雄貴「騎士道」: 北京五輪フェンシング銀メダリスト

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

太田雄貴「騎士道」: 北京五輪フェンシング銀メダリストは北京オリンピックでメダルを獲得した太田雄貴の体験談などが記されています。最近メディアにも再び取り上げられることがある人物であるため、どのような人なのか知りたい人は購入してみましょう。

まとめ

フェンシングのフルーレは競技内容の一つではありますが、多くの選手が活躍している種目でもあります。フェンシングに挑戦しようと考えている人やフルーレの競技内容を把握したい人は参考にして、フルーレに挑んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定