あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

脇腹の筋肉痛の原因とは?ケア方法やおすすめのケアグッズも紹介

スポシル編集部

公開日 :2020/01/23

更新日 :2020/01/23

ここでは、脇腹の筋肉痛について詳しく紹介しています。

脇腹が筋肉痛になってしまうと呼吸するたびに痛みが出てしまうこともあり、私生活に影響が出てしまうということもあるでしょう。

脇腹が筋肉痛になりやすい人やどのような動作をすると脇腹が筋肉痛になりやすいのか知りたい人は参考にしてみてください。

脇腹の筋肉は普段の生活ではあまり使用することがない筋肉でもあるため、筋肉トレーニングをしていない人がスポーツを行うと筋肉痛になりやすい部位でもあります。

目次

スポンサードサーチ

スポーツ別に脇腹の筋肉痛の原因とは?

脇腹が筋肉痛になってしまう原因を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

脇腹が筋肉痛になってしまう原因を知ることで筋肉痛になることを予防することもできます。

そこでここでは以下のスポーツまたは筋トレの種目別に筋肉痛の原因について解説していきます。


  • ランニング

  • ゴルフ

  • 腕立て伏せ(筋トレ)

ランニング

ランニングをしている際や行った後で脇腹が痛くなった経験がある人は多いのではないでしょうか。

ランニングで脇腹を筋肉痛にしてしまうおもな原因は、激しく呼吸をするためです。

呼吸をするだけでも筋肉を使い、筋肉痛になる要因の一つです。

また、ランニング中に脇腹が痛くなってしまう原因は筋肉痛ではなく、横隔膜が痙攣していることが大きく関係しています。

ランニングでは重い肝臓が横隔膜を引っ張る働きをしてしまい、横腹が痛くなってしまいます。

ゴルフ

ゴルフを行っていると横腹が痛くなってしまうことがあります。

おもにゴルフ初心者の方に現れる症状であり、ストレッチやマッサージをすることで痛みを軽減することができます。

ゴルフで横腹を痛めてしまう原因はスイングをした際に横腹の筋肉を急激に伸ばしたことによる痛みの可能性があります。

最悪筋を痛めてしまう場合もあるため、しっかりストレッチを行ってからスイングをするように心がけましょう。

また、正しいスイングのフォームができていない可能性もあり、フォームを見直すことも考えましょう。

腕立て伏せ(筋トレ)

筋トレで体を引き締めようと考えている人がまず行うトレーニング方法の中に腕立て伏せがあります。

自重トレーニングであり、器具なしで行うことができるため、初心者の方でも気軽に行えれるメリットがあります。

しかし、正しいトレーニングフォームで腕立て伏せを行わないと脇腹が痛くなってしまいます。

腕立て伏せのトレーニングで脇腹が痛くなってしまっている原因は腕だけではなく、脇腹にも負荷がかかっているからです。

そのため、正しいフォームで腕立て伏せができるようになることで脇腹が痛くなりません。

脇腹の筋肉痛のケア・治す方法を紹介

脇腹が筋肉痛で痛くなってしまった場合に、安静にするよりもさまざまなことを行ったほうが回復が早くなったり、痛みを軽減することも可能です。

次に、脇腹が筋肉痛で痛い場合に行ってほしい方法を3つ紹介します。

ここでは脇腹の筋肉痛における以下のケアについて解説していきます。


  • ストレッチ

  • マッサージ

  • アイシング

ストレッチ

脇腹が筋肉痛で痛い場合はストレッチを行うことをおすすめします。

ストレッチはやり方さえ身につけることができれば気軽に行うことができるため、脇腹が筋肉痛になりやすい人は参考にしてください。

まず、膝を90度になるまで曲げ、その状態で仰向けに寝ます。

次に、両手の指を交差させながらしっかり握り、肘を伸ばした状態で頭上に動かします。

その状態をキープしたまま腰を支点に膝を左右に動かすようにしましょう。

この際に肩を床から浮かないようにすることで効率よく脇腹を伸ばすことができます。

マッサージ

横腹をマッサージすることでも痛みを軽減することができます。

マッサージと聞くと自身ではできないイメージがありますが、横腹のマッサージは自身ですることができ、場所も必要としないためおすすめです。

横腹のマッサージ方法は、横腹から反対側の脇腹をに向かって手のひらを移動させることで、力を入れる必要はなく、軽くお腹をこする程度で問題ありません。

横腹の痛みを軽減できるだけではなく、くびれができやすいメリットもあります。

アイシング

筋肉痛の症状にアイシングをすることで痛みを軽減することができます。

即効性の効果が期待できるため、スポーツ選手が行う場合が多い方法でもあります。

筋肉痛のメカニズムは詳しく解明されているわけではありませんが、筋肉が炎症している場合が多く、アイシングすることで痛みを和らげることができます。

痛みの成分は血流に乗って流れてしまいますが、アイシングすることで血行を悪くすることができ、痛み成分が血流に流れにくくすることができます。

スポンサードサーチ

脇腹の筋肉痛ケアにおすすめのグッズを紹介!

上記で紹介した方法を行うことで横腹の筋肉痛をケアすることができますが、最近ではさまざまな筋肉痛ケアアイテムが販売されています。

筋肉痛ケアアイテムを使用することで効率よく筋肉痛を和らげることができます。

次に、ここでは横腹の筋肉痛におすすめのアイテムを紹介します。

IUGA フォームローラー 筋膜リリースローラー マッサージローラー付き

Amazonで見る Yahoo!で見る

筋膜リリースもできる

IUGA フォームローラー 筋膜リリースローラーは筋膜リリースするためのローラーであり、筋肉痛の予防や改善にもつながります。

横腹はもちろんですが、全身に使用することができるため、スポーツを行っている人やトレーニングを行っている人におすすめのアイテムです。

軽量化と耐久性に優れている特徴があり、持ち運びが便利で壊れてしまうこともありません。

患部の上でローラーを転がすだけでよいため、初心者の人でも問題なく使用することが可能になっています。

1ロール5cmx5m多目的防水スポーツ弾性テープ運動学筋肉痛ケア

Amazonで見る

しっかり貼ることができる

1ロール5cmx5m多目的防水スポーツ弾性テープはテーピングであり、患部に巻きつけることで稼働域を制限することが可能です。

体のさまざまな部分に使用することができ、脇腹にも使用可能になっています。

稼働域を制限することで筋肉痛の痛みがでないようにすることもできます。

肌に優しい接着剤が使用されていることで、肌が敏感な人にもおすすめです。

また、水に強い特徴もあり、汗や水にぬれるスポーツでもはがれてしまうことがありません。

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

まとめ

横腹が筋肉痛になってしまうとスポーツが快適に行うことができないだけではなく、私生活にも影響が出てしまうことがあります。

脇腹が筋肉痛になってしまう原因を把握するとともに、正しい対処方法を行うことで早期に回復することも可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定