あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

寝起きの肩こりや頭痛で最悪な一日の始まり...原因や解消法を解説

スポシル編集部

公開日 :2020/01/20

更新日 :2020/05/11

ここでは、寝起き時に出てしまう肩こりの痛みについて詳しく紹介しています。そのため、寝起きに肩こりの痛みで悩まされている人は参考にしてください。
寝起きの肩こりの痛みは少しして痛みが引く場合もありますが、一日中継続されてしまうことも少なくありません。一日中痛みが出てしまうと私生活にも悪影響が出てしまうため、正しい方法で解消することが求められます。
寝起きの痛みを解消するだけでも全く違う生活リズムにすることができます。

目次

スポンサードサーチ

寝起きに感じる肩こりや肩の激痛、頭痛...原因は?

寝起きの時に肩や頭が痛くなってしまう人も多くいるのではないでしょうか。痛みが出るだけではなく、しっかり睡眠ができていない場合も多く、疲れが取れていないことも少なくありません。
しかし、寝起きでなぜ肩こりになってしまうのか分からない場合が多いです。ここでは、寝起きに肩こりが発症してしまうおもな理由を紹介します。

寝起きで肩こりになってしまっている主な原因が枕があっていないからです。人の体型はそれぞれ異なるため、枕にも合う合わないが存在します。
枕があっていないとバランスよく頭を支えることができないため、肩に負担がかかってしまい、寝起きに痛みが出てしまいます。そのため、自身に適している枕を選びなおすことで寝起きの痛みを解消することができます。
最近ではさまざまな枕が販売されていますので、自分に合った枕を探してみましょう!

寝ている姿勢が悪いと肩こりの原因にもなります。しかし、意識的に寝ている時の姿勢を良くすることは不可能であり、実際に寝ている姿勢が悪いのかも自分自身で判断することは難しいです。
そのため、家族などに確認してもらう必要があります。姿勢が悪い原因は寝具があっていない可能性もあります。
一昔まではやわらかい布団が体に良いとされていましたが、ある程度固さがあるほうがバランスよく体重を支えることができ、自然と寝ている姿勢もよくなります。

寝る前に体がリラックスしていないと寝起きに肩こりなどの症状が表れやすくなってしまいます。そのため、寝る前に軽くストレッチやマッサージを行うようにしましょう。
寝ている前に筋肉が緊張しているとその状態のまま維持されてしまい、朝起きるまで筋肉が強張ってしまいます。疲れのあまりすぐに寝てしまうと起きやすいことであり、寝像が悪くなる原因でもあります。
軽くストレッチするだけでも効果が現れるため、すぐに実行しましょう。

ストレスがたまっていると快適に睡眠をとることができません。そのため、体も強張ってしまう場合が多く、寝起きに肩こりなど体が痛くなることも珍しくありません。
現代はストレスがたまりやすい時代とも言われており、ストレスが原因で寝起きが悪くなる人も増えてきています。ストレスがたまらないようにする方法は適度にストレスを発散させることであり、趣味などを行うようにしましょう。
また、仕事と私生活のスイッチを切り替えることも重要になってきます。

肩の痛みを解消するには何をしたらいい?

寝起きに肩こりで痛みが出てしまった際にどのような対象方法を行えばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。痛みが出ている状態を放置してしまうと私生活に悪影響が出てしまいます。
そのため、正しい方法で痛みを和らげることが大切です。次に、肩の痛みを軽減できる方法を紹介します。間違った方法を行わないためにも正しい方法を把握しておきましょう。

肩こりの原因は筋肉の緊張であるため、ほぐすことで痛みを軽減することができます。そのため、肩の筋肉をもむことで筋肉の緊張をほぐすことができます。肩こり用のマッサージ機なども販売されており、活用することをおすすめします。
しかし、肩は首にも近い位置であるため、首の周りはあまり力を入れてマッサージしないように注意しましょう。また、力強く肩を叩いてマッサージしてしまうと叩いているときは痛気持よいですが、後から症状が悪化してしまう原因にもなります。

血流の悪さを改善することで、肩こりを解消することができます。入浴には血流の改善効果だけでなく、筋肉をほぐす効果もあるため一石二鳥の方法でもあります。
さらに入浴中にマッサージをすることでより筋肉をほぐすことができ、早期に肩こりの痛みから解放されます。しかし、お風呂に入ることは手軽に行うことができる方法ではなくデメリットな部分もあります。
お湯につけたタオルなどを首裏や肩にかぶせるだけでも血流を良くできます。

スポンサードサーチ

肩の痛みやこりを予防する方法

上記では肩こりの症状を和らげる方法を紹介しましたが、痛みが出る前に予防することが大切になります。予防することで肩こりになることもなく、痛みで悩まされてしまうこともありません。
次に、肩こりを予防する方法を紹介します。寝起きに肩こりなどで悩まされている人や快適に睡眠をとることができていない人は参考にしてください。

寝ている際の肩こりは寝具や枕を自分に合ったものに変えることで予防することができます。普段使用している枕や寝具で肩が痛くなったり、体中が痛くなる場合はあっていない可能性が高いです。
また、快眠できていない可能性が高く、さまざまな悪影響が出てしまいやすいです。体に合っている枕の選び方は、両膝を軽くまげ、両手を体の前に組むようにして寝具に仰向けになります。
その状態で左右に寝返りをしてみて簡単に行うことができるのであれば適していることになります。寝返りができのであれば枕の高さなどを変えてみましょう。

肩こりの原因は肩の筋肉の使いすぎでもあり、普段から肩の筋肉を使用している人ほど肩こりになりやすいです。そのため、日ごろから肩のトレーニングを行っているだけでも寝起きの肩こりの痛みを予防できます。
また、歳を重ねて現れる四十肩などの予防にもなります。肩の筋肉をつける方法は腕立て伏せでも鍛えることができ、特別な器具がなくても可能です。しかし、いきなり激しい筋トレを行ってしまうと筋肉痛に悩まされてしまうため、適度にトレーニングしましょう。

あまり肩こりと関係ないと考えてしまいがちですが、普段の姿勢によって肩こりになりやすくなってしまいます。正しい姿勢ができていないと重心がどちらかに傾いている可能性が高く、片方の肩だけに痛みが出てしまいやすいです。

正しい姿勢は自身では確認することは難しいですが、等身大の鏡などを使用して自身の姿勢をチェックするようにしましょう。もし、姿勢が悪いのであれば意識的に姿勢を良くすることも大切ですが、姿勢を矯正するコルセットなども活用しましょう。

いわゆる「寝こり」を改善する商品を紹介

寝ている時の肩こりを予防するアイテムは多く販売されており、起きて肩こりの痛みを軽減する働きがあります。一般的に使用して寝るだけで良いものが多く、あまり苦労せずに解消することもできます。
しかし、同時に全く効果が表れない場合もあり、購入する際に悩んでしまいがちです。次に、寝こりを改善するおすすめのアイテムを紹介します。

MyeFoam 日本特許品 枕 安眠 人気 肩こり まくら 低反発は日本特許品でもあるため、品質に対して信頼することができます。一番の特徴は中心部分にくぼみがあるデザインに仕上げられていることです。
中心部分がくぼんでいることで頭を入れることができ、枕で首や肩を支えることが可能になっています。また、横向きで寝てもしっかり肩と首が支えられるようになっているため、肩こりの原因を少なくすることができています。
また、カバーは洗濯可能な素材が使用されているため、清潔な状態を維持することができます。頭を乗せる場所を変えるだけで高さを変えることができ、好きな高さに調整することが可能になってます。
そのため、自身に適している高さで利用することができます。

スポンサードサーチ

まとめ

寝ている間に肩に負担がかかってしまうと起きた際に肩こりの痛みが生じてしまいやすくなります。朝から肩の痛みで悩まされてしまうとテンションが下がってしまいやすく、最悪一日中影響が出てしまいます。
そのため、寝こりの原因を突き止め、改善することが求められます。また、枕などの寝具を交換することでも解消する場合もあり、そのままにせずにさまざまなアクションを起こすようにしましょう。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定