あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

意外と知らない!?ロングスローのコツや練習法を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/01/16

更新日 :2020/01/16

サッカーのロングスローを聞いたことは誰しもあると思います。
ですが、サッカーのロングスローはやった事がある人はサッカー経験者ぐらいしかいないのではないのでしょうか。
サッカー経験者でもそんなに深くに考えた事ないと思います。

ロングスローを極めようと思う人なんて少ないですからね。
ロングスローが上手いと戦術のバリエーションも広がり、得点のアシストをする事もできます。

そこでロングスローのコツを解説していきますので、ぜひ参考にしていざという時に備え、ロングスローのスペシャリストを目指しましょう。

目次

スポンサードサーチ

ロングスローとは

ロングスローとは、サッカーのスローインの時にボールを遠くへ投げる技術です。
サッカー選手でも上手くできていない人は、そんなに遠くへ投げるのは難しいです。
ロングスローが上達すると、得点をアシストする事もできるんです。スローインをする時は相手に邪魔される心配もなく、落ち着いてスローインできます。

サッカーは手を使ってはいけませんが (キーパーを除く)、ゆういつ選手が手を使ってパスを出せる時なんです。
ロングスローが上手ければ、味方に長距離で、よりゴールに近い位置でパスをする事ができます。
よって、戦術のバリエーションも増え、得点のアシストに繋がるという事です。

ロングスローの英傑

スローインでロングスローができれば、オフサイドにならずに前線の味方にパスを出す事ができます。さらに、足で蹴ってパスを出すよりも手で投げる分、正確にパスを出す事ができます。
そんなロングスローを武器にしている英傑を紹介、解説していきます。

ロングスローの英傑を紹介します。


  • ロリー・デラップ

  • アーロン・グンナルソン

  • 藤田直之

ロリー・デラップ

ロリー・デラップ(元選手)は、今はU-21の監督として活躍されていますが、現役時代は、「人間発射台」と呼ばれるほど、ロリー・デラップ(元選手)のスローインは恐れられていました。ロリー・デラップ(元選手)は、スローインのロングスローで注目を浴びた選手のひとりです。
ロングスローの飛距離は約40mでした。ものすごいロングスローです。距離もすごいですが、速度もフリーキック並みと言われていました。
正確で速いロングスローで得点のアシストを連発し、チームを勝利へ導いていたロングスローを極めた元選手です。

アーロン・グンナルソン

アーロン・グンナルソン選手はアイスランド代表の選手で、サッカーをずっとしていたわけではなく、過去にはハンドボールをしていた経歴の持ち主です。
今では、アイスランドのキャプテンも務めており、高いカリスマ性でアイスランドの柱として活躍しています。

2016年に行われた欧米選手権のアイスランド対イングランド戦では、アーロン・グンナルソン選手のロングスローが起点となり、貴重な同点ゴールを演出しました。
アーロン・グンナルソン選手のロングスローの得点から流れをつかみ、見事2対1でアイスランドが勝利しました。
ロングスローでチームのヒーローになることができるのです。

藤田直之

ヴィッセル神戸に所属する藤田直之選手は、Jリーグ屈指のロングスローの達人と呼ばれています。

藤田直之選手は、高校サッカー時代からロングスローで目立っていました。プロサッカー選手になった今でも、「人間砲台」としてロングスローは健在です。

藤田直之選手のロングスローの特徴は鋭い軌道を描き、得点アシストを演出します。
下半身に怪我を負った時期には、リハビリや体幹トレーニングを行い、今ではさらにロングスローに磨きがかかりました

スポンサードサーチ

ロングスローのコツ

ロングスローのコツを紹介、解説していきます。
ロングスローはただ投げるだけではなく、様々なコツがあります。
紹介したロングスローのコツを実践するだけで、今よりもかなり遠くに投げることができると思います。
ぜひ試してみてください。

ロングスローのコツを以下の3つのポイントから解説します。


  • カラダのしなりを使う

  • 肩関節を使う

  • 助走を付ける

カラダのしなりを使う

ロングスローのコツとして、まずカラダのしなりを使ってみましょう。
「弓」をイメージすると良いと思います。
弓は矢を後ろに引いてから、その勢いで矢が飛びます。矢を後ろに引いて飛ばすイメージで、カラダの状態を後ろに反らして、カラダを起こす勢いのしなりを使い、ボールを投げてみてください。自分が弓になりきり、ボールを矢を考えると良いです。今よりスローインの飛距離が格段に上がります。
何かに例えてイメージをするだけでも、かなり伸びますので必ずイメージをしてください。スポーツ全般、イメージはすごく大事になってきます。

肩関節を使う

次にロングスローのコツとして、肩関節を使うように心がけましょう。
人間が物を投げる時は肩を使うことは、みんな知っていると思います。知らない人はいないくらいですね。
野球においても、ボールを遠くに投げると「肩が強いねー」なんて言われたりします。
サッカーのロングスローも同じで、肩を鍛えないと遠くへ投げることは難しいです。
ロリー・デラップ(元選手)も元はやり投げの選手だったという経歴を持っています。
やり投げで鍛えた肩がサッカーのロングスローで力を発揮していましたね。

サッカーのロングスローでより遠くへ投げたい人は、まず肩を鍛えて、その鍛えた肩をうまく使いこなせるように、練習をした方が良いですよ。

助走を付ける

次のロングスローをコツは、助走を付けて投げることです。
助走を付けて、ボールにうまく勢いをのせることができれば、すごく遠くまで投げることができます。
紹介したコツの中で、1番簡単に実践できると思います。助走を付けて投げるだけでも遠くに投げることがでいますが、より遠くに投げたいという人は、ボールにうまく勢いをのせることやカラダの使い方を意識する必要があります。
また助走を付けて投げるとやや正確性が劣るので、助走を付けずに投げるタイプとの使い分けをしましょう。

ロングスローの練習法

サッカーのロングスローの練習法について紹介、解説していきます。
むやみやたらに練習しても、上達はしません。最悪の場合、ケガをすることにつながります。
スローインの変なフォームが身についてしまうこともあります。
正しい練習法を学んで、ロングスローを身につけましょう。

ロングスローの練習法以下の2つのポイントから解説します。


  • 体幹トレーニング

  • 肩関節を柔らかくする

体幹トレーニング

体幹トレーニングについて解説していきます。
サッカーのロングスローの飛距離や安定感を鍛えるには体幹トレーニングが非常に有効です。
体幹トレーニングは様々な種類がありますが、特にサッカーのロングスローに関しては「メディシンボール」を使ったトレーニングが効果的とされています。
メディシンボールとは、ボールなのですが普通のボールではなく、重りの入ったボールです。重さの種類もありますので、自分にあった重さのメディシンボールを選ぶと良いです。
さらに、サッカーボールと同じ大きさのメディシンボールを使うとより効果的です。
トレーニングは至って簡単で、メディシンボールをもって、スローインをするだけです。
ポイントは体幹を意識して、トレーニングすることです。
回数やセット数は自分にあった回数でいいです。無理のないようにトレーニングすることが1番です。ケガをしてはいけませんから。

肩関節を柔らかくする

肩関節を柔らかくする方法を解説していきます。
肩関節、詳しくは「肩甲骨」を柔らかくすると、サッカーのロングスローの飛距離を伸ばすことができ、さらに安定したロングスローを行うことができます。
肩甲骨を柔らかくすると日常生活でも、肩こりが改善されたり、睡眠の質が向上する効果もあります。

では、肩関節を柔らかくするストレッチを紹介します。
・肩甲骨を柔らかくするストレッチ1
肩部分の服を軽く掴み、ゆっくり肩を回します。肘が前にきた時は両肘をくっつけるようにしてください。
ポイントは背筋を伸ばして行うことです。

・肩甲骨を柔らかくするストレッチ2
仕事中や勉強中など座っている時にも気軽に簡単にできるストレッチです。
まず、背筋を伸ばしてください。そして、右手を痛くなる手前まで後ろに持っていきます。限界がわかったら、その位置で右手を止めて10秒程度、キープしてください。これを左手も行ってください。

スポンサードサーチ

サッカーおすすめ参考書

サッカーのおすすめ参考書を紹介、解説していきます。
サッカーは身体を動かして、身体で覚えることも大事ですが、参考書で詳しく学んでおいた方が実際に身体を動かす時に、頭で考えながらプレーすることができるようになります。
参考書を紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

サッカー球軸トレーニング

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

メッシやクリスティアーノ・ロナウドなどの選手は、どうしてボールが足に吸い付くようなプレーが出来ると思いますか?
それは日本人とはベースとなる身体の使い方、ボールと自分との身体意識に大きな差があるからです。
ですがそれは、ポイントさえ押さえれば誰にでもすぐに身につけることが出来るようになるんです。
必要なポイントがわかりやすくまとめてあるので、読みやすくなっています。

セットプレーの戦術と戦略

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

フリーキック、コーナーキック、スローインからキックオフまで、サッカーにおける様々のリスタートをイラストを使ってわかりやすく紹介してあります。
チームの監督をしている人には、すごくおすすめです。
チームの監督をしている人以外でも、選手の人が知っていたら、戦術に困ることはなくなるでしょう。
スローインのことも書いてあるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

サッカーのロングスローについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?
ロングスローのコツやトレーニング方法は参考にしてもらえれば嬉しいです。
覚えておいてほしいことは、ロングスローは極めるとすごい武器になるということです。ロングスローで戦術の幅は広がりますし、得点のアシストをしてチームに貢献することができるのです。
ぜひ極めてみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定