あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ballet

バレエで姿勢がよくなる?姿勢がよくなるポーズと練習方法を解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/01/22

更新日 :2020/05/11

良い姿勢は他に人に良い印象を与えます。身体に無駄な力が入らないので疲れ難い身体にもなります。

良い姿勢を手に入れるにはいろいろな方法がありますが、バレエのレッスンを続けるのも一つの方法です。

バレエは身体を使って美しさを表現するので、良い姿勢が基本です。バレエの美しい動きを行うためにも良い姿勢は必要になります。バレエは高度なバランス感覚が必要な動きも多く、姿勢が悪いと美しい動きを行うことができません。

バレエのトレーニングを続けることで、良い姿勢を手に入れることが可能になります。

目次

スポンサードサーチ

バレエで姿勢はよくなる?

バレエは姿勢が良くなります。バレエは身体を使って美しさを表現するものです。姿勢が悪いと美しさが表現できません。

バレエのレッスンで悪い姿勢は矯正させます。鏡を見ながらレッスンを行うことも多いので、自分でも姿勢に気を使うようになります。

バレエのレッスンで行う様々なポーズも良い姿勢を作るのに役立ちます。バレエのレッスンを続けることは良い姿勢を身につけるために役立つのです。

バレエを続けていると普段の姿勢にも気を使うようになります。美しい立ち振る舞いを意識するようになるからです。

バレエで姿勢がよくなるメリット

姿勢は人の印象に大きく影響します。人を遠くから見るとき、まず全体の印象を見ます。

背筋が伸びて頭の位置が高い良い姿勢の人は、自信が感じられ、颯爽とカッコよい印象を与えます

背中が丸まっていたり、頭が前に落ちるように傾いている人は、だらしなく、かっこ悪い印象になります。

姿勢が良いことで得られるもう一つのメリットは身体が疲れ難くなることです。
姿勢は殻だの前後のバランスが大事です。良い姿勢は前後のバランスが取れた状態です。
バランスが取れていると姿勢をキープするために使う使う力が少なくてよいのです。
悪い姿勢の場合は身体の一部に負荷が多く掛かりバランスが悪く疲れやすくなります。

スポンサードサーチ

バレエで姿勢がよくなるポーズとは

バレエのポーズは多くあります。その中で基本的なもので、姿勢をよくする効果があるものを3つ紹介します。
基本的なポーズなので難易度は高くありませんが、正しく美しく行うには繰り返し行う必要があります。
バランスを取るポーズは姿勢が良くないと安定しません。


  • アンドゥオール

  • ルティレ

  • プリエのポーズ

アンドゥオールとは股関節を外旋させる動きです。
股関節は球状関節で自由度の高い動きができますが、主に6方向の動きができます。
脚を前後にスイングする動きは股関節の屈曲・伸展です。
脚を左右にスイングする動きは股関節の外転・内転です。
脚を内側外側に捻る動きが股関節の外旋・内旋です。

アンドゥオールとは脚を外側に捻る動きとも言えます。

アンドゥオールを行うために、基本姿勢がしっかりと出来ていないと、美しく安定したアンドゥオールが出来ません。

両足を平行にそろえた状態で、内くるぶしの前、膝のお皿、大転子、肩、耳が一直線上にあるのが美しい基本姿勢です。

基本姿勢が正しく出来た状態で股関節を外旋させると美しいアンドゥオールができます

ルティレとは、片足を軸足として立ち、軸足と反対側の足を軸足のももに寄せるポーズです。

片足で立つのでバランス感覚が磨かれ、体幹を使う意識も必要になります。良い姿勢を作るには体幹意識を大切です。

ルティレでは軸足側に脚から体幹までの軸を作り、お腹やお尻の筋肉で支えます。最初はバーを使って軸を作り、体幹で支える感覚を掴むのが良いです。

慣れてきたらバーを使わずにできるようにします。更に軸足を中心に少しづつ回転する動きを入れると良いです。

ルティレは右脚と左脚どちらでもできるようにすると姿勢のバランスが良くなります。利き脚でない側の脚は筋力が弱くバランスが取り難い場合があります。苦手な方の脚を練習することで安定した姿勢を手に入れることができます。

プリエとは折り畳む、曲げるという意味です。
本来の意味から捕らえると、プリエは両膝をやや外側に曲げた状態から膝を伸ばす動きになります。
美しく行うには良い姿勢が基本になります

プリエには「ドゥミ・プリエ」と「グラン・プリエ」の2種類があります。
「ドゥミ・プリエ」は、かかとが床から離れない程度に膝を曲げる動きです。
「グラン・プリエ」は、かかとが床から離れる位に膝を深く曲げます。

プリエには内股を矯正になる効果があります。
内股は股関節が内旋した状態が癖になっています。股関節を内旋させる筋肉の力が強く、外旋させる筋肉の力が弱いのが内股の原因の一つです。外旋させる筋肉に刺激を入れて鍛えることにより、内旋させる筋肉とのバランスが整い、内股が改善される効果があります。

バレエで姿勢をよくしよう!

バレエは身体を使って美しさを表現するものです。姿勢が悪い人は美しく見えません。バレエのレッスンを積み重ねることは自然に良い姿勢を身につけることになります。

バレエの動きはバランス感覚が必要なものが多く、滑らかに美しい動きができるようになるためにも良い姿勢が基本になります。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定