あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ballet

バレエのストレッチ効果とやり方や種類を徹底解説!【動画付き】

スポシル編集部

公開日 :2020/01/14

更新日 :2020/01/15

ピルエットと呼ばれる回転運動や、大きく前後に脚を開いたジャンプなど、バレエダンサーはダイナミックな動きと繊細な表現で観客を魅了します。華やかな演舞の裏にあるのは、ストレッチをはじめとした基礎的なトレーニングです。こちらの記事ではバレエにおいてストレッチがどのような意味を持つのか、具体的にどのようなストレッチに取り組めばバレエダンサーのような柔軟な肉体になることができるのかについて詳しく解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

バレエのストレッチの効果とは?

バレエにおけるストレッチの意味は大きく2つ存在します。1つ目の役割は、バレエを踊るために必要な柔軟性を確保することです。バレエといえば頭と同じ高さに足を上げたり、大きく脚を広げて飛ぶ振付が印象的です。

こういった動作をするためには、筋肉や関節の柔軟性が求められます。身体が柔らかくない状態で開脚や足上げに挑戦すると、怪我に繋がることがあるため注意が必要です。ウォーミングアップとしてのストレッチはもちろんのこと、身体を柔らかくするためのストレッチにもバレエダンサーは時間をかけます。

2つ目のストレッチの意義は正しい姿勢を身に着けることです。背中や肩の筋肉を伸ばすことで猫背を予防し、舞台に立ったとき綺麗に見える姿勢の確保にもストレッチは一役買っています。

バレエストレッチの種類とやり方

バレエは全身を使って表現するダンスなので、ストレッチについても数多くの部位を伸ばすことになります。今回はバレエにおけるストレッチの中でも特に柔軟性が必要とされる肩や股関節、ヒップのストレッチを紹介します。

スポンサードサーチ

肩のストレッチ

肩の柔らかくするストレッチとして紹介したいのが、四つん這いの体勢から始めるストレッチです。両膝と両手を地面に着いた後、両手を頭よりも前の位置にずらしてください。

そこから今度はお尻を引き上げつつ、胸を地面にくっつけます。お尻を頂点に山のような体勢をキープすると肩甲骨の周囲や肩関節を伸ばすことが可能です。

肩周りをほぐすには、あぐらの体勢から背面で両手を汲み、上体を伸ばすストレッチも効きます。さらに同じくあぐらの姿勢を維持しつつ、両手をお腹の前で組んでから頭上まで持っていきましょう。肩の筋肉が伸びていることを感じながらゆっくりと呼吸を繰り返します。

肩のストレッチは1度の取り組みで止めるのではなく、3回ほど繰り返しましょう。繰り返し行うことで肩周りがポカポカと温まり、筋肉や関節をほぐすことができます。

股関節のストレッチ

股関節の柔軟性は開脚の角度に大きく関わります。バレエダンサーは強靭な足腰と柔軟な股関節をベースに優雅でダイナミックな演舞を披露しているため、股関節の柔軟性は不可欠です。

まず両足の裏同士をくっつけた体勢で座り、股関節の硬さをチェックしてください。膝と床が離れているほど股関節の柔軟性が足りていないことを意味しています。

この体勢から上体を前に倒すのが股関節の最初のストレッチです。ここで軽く痛みを覚えた部分は硬くなっているので重点的に伸ばします。

続いては足裏同士を着けて座った状態から片方の脚を外側に伸ばし、上体を軽く前に倒しましょう。腿の内側の筋肉を様々な方向に伸ばし、内腿全体をほぐします。

反対側も同じように伸ばしたら、今度立ち膝の状態から上体を前に出して、前足の内腿から股関節の筋肉を伸ばしてください。

スポンサードサーチ

ヒップのストレッチ

足を上げる動作や開脚において、ヒップの筋肉は重要な役割を果たします。バレエのレッスンを終えた後にヒップのストレッチを怠ると、筋肉が披露したまま柔軟性を失ってしまうことがあるので注意が必要です。

簡単のヒップのストレッチとしては、床に座った状態から内腿を胸にくっつけるようにして脚を抱え込む運動があります。単純に脚を抱えるだけでなく、お尻の外側の筋肉をしっかりと伸ばすことが重要です。

さらにヒップの筋肉を伸ばしたいなら、両膝を身体の前側で重ねるようにして座り、背筋を伸ばしながら上体を前に倒しましょう。背中や肩からも力を抜いて、リラックスするのが筋肉を伸ばすコツです。

バレエはお尻回りの筋肉を外旋させる運動が多いため、反対の動きを交えたストレッチを習慣にすると身体が歪みにくくなります。

まとめ

地道なストレッチの積み重ねが、バレエという演目の迫力と繊細な表現を支えています。関節や筋肉の柔軟性を確保し、正しい姿勢を身に着けるうえでも必要不可欠なストレッチは、バレエダンサーのルーティンです。バレエに挑戦したいと思っている人は、まずストレッチから始めてみましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike