あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

ゲームを変える!サッカーのスルーパスの3つのコツと練習方法を解説!

スポシル編集部

公開日 :2020/01/07

更新日 :2020/01/07

サッカーのスルーパスは、パスの種類の中のひとつです。
スルーパスは、数あるパスの中でもゴールに直結するプレーです。

テレビでサッカー観戦しているときに「絶妙なスルーパス」などと解説者が話しているのを聞いたことがあるのではないでしょうか?
スルーパスは、サッカーの得点につながるプレーであり、得点を演出するパスなのです。

この記事では、サッカーが未経験の方でもわかりやすいようにスルーパスのコツや練習方法などについて解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

スルーパスとは

スルーパスとは、サッカー用語のひとつです。
ではスルーパスとは、どのようなパスのことを言うのでしょうか?
スルーパスを簡潔に説明すると「相手の選手(ディフェンス)の間を通すパス」を意味します。

一般的に「パス」と聞いてイメージするのは、味方の選手の足元へボールを蹴って渡すことだと思います。

スルーパスの場合は、足元ではなく味方の選手が走り込んでくるスペースにボールを蹴り出すパスのことを言います。

スルーパスは、和製英語で、英語では「penetrating pass(ペネトレーティングパス」や「through ball(スルーボール)」と言います。

スルーパスの英傑

サッカーではスルーパスはゴールに直結するプレーです。
サッカー選手の中には、スルーパスで観客を沸かす選手がたくさんいます。
ここでは、スルーパスの英傑(スルーパスに秀でた選手)を世界と日本に分けて2人の選手を紹介します。

シャビ

一人目は、シャビことシャビエル・エルナンデス・クレウス選手です。
スペイン代表として長く活躍したほか、スペインの名門クラブであるFCバルセロナの不動の中盤を担った選手です。

ボールを保持してパスを繋いで相手ディフェンスを崩すスペインサッカーのスタイルであるティキ・タカを具現化する選手であり、多くの人から最高のMFとして認められています。

シャビはチームの心臓となり攻撃をコントロールできる選手でした。
パスの正確性、プレーのビジョン、インテリジェント、ボールキープの技術においてハイクウォリティーで、針の穴を通すようにスルーパスを供給していました。

ポゼッションサッカーをするチームにおいては、絶対的な存在感を放ったスルーパスの英傑です。

中村憲剛

中村憲剛選手は日本代表経験のあるサッカー選手です。
Jリーグの強豪クラブである川崎フロンターレ一筋17年のMFで、ボールを止める、蹴るといった基本技術の正確さと相手の穴をつく戦術眼を武器にスルーパスを供給する司令塔です。
中盤のボランチのポジションを主戦場として攻撃の起点となり、攻守の切り替えのスイッチとしての仕事もこなします。
特筆すべきは、Jリーグベストイレブンを8回も受賞していることです。

また、元日本代表FWの大久保嘉人選手は川崎フロンターレに移籍してくると中村憲剛選手との相性の良さからJリーグ得点王を3年連続で獲得しました。

そんな中村憲剛選手は「バンディエラ」と呼ばれます。
バンディエラとは、イタリア語で「旗頭」という意味を持ち、チームの中心的存在を指すときに使われます。
中村憲剛選手は川崎フロンターレの象徴と呼べる選手でスルーパスの英傑でもあります。

スポンサードサーチ

スルーパスのコツ

スルーパスはゴールを演出するパスです。
スルーパスを受けた選手がそのままゴールを決めるとスルーパスを出した選手にはアシストが付きます。
ゴールへと導くパスであるスルーパスのコツについて3つのポイントから解説していきます。

フィールド全体を見る

スルーパスを成功させるコツのひとつとして、「フィールド全体を見る」ということがあります。
スルーパスは、空いている空間(スペース)を狙って出すパスなので、フィールド全体を見ることで、スペースを見つけることがポイントなのです。

この「フィールド全体を見る(見れる)」選手のことを、サッカー界では、「視野が広い選手」と呼ばれます。

先ほど紹介したスルーパスの英傑、シャビ選手や中村憲剛選手は、フィールドに居ながら、スタジアムの上からフィールドを見ているようなレベルでフィールド全体を把握していると言われます。

試合中にどこに選手がいて、どこにスペースがあるのかを把握することで決定的なチャンスを演出するスルーパスを出すことができるのです。

仲間との連携

スルーパスを成功させるコツのふたつめは、「仲間との連携」です。
サッカーはチームスポーツなので、スルーパスに限らずチームメイトとの連携はとても大切なポイントです。

スルーパスでの仲間との連携とは、パスを出す選手とパスを受ける選手の呼吸(タイミング)を合わせるということです。
スルーパスはスペースに出すパスなのでタイミングが合わないとボールに追いつけなかったり、相手にパスカットされてしまったり、オフサイドを取られてしまったりしてしまいます。

普段の練習からパスの出し手と受け手がタイミング合せる意識を持っておくことでスルーパスを成功させることができるのです。

パスの受け手の選手がスペースに飛び出すタイミングを逃さずにパスを出してあげられるか、またパスの出し手の選手がスペースを見つけたときに走り込めるかが成功のカギとなります。

正確なパス

スルーパスを成功させるコツの三つめは、「正確なパス」です。
とてもシンプルで基本的な部分ですが、とても大切なポイ
ントです。

スルーパスでいう正確なパスとは、ディフェンスの選手の間を通して狙ったスペースに出すことです。

狙ったコースにしっかりとボールを蹴ることができないとディフェンスの選手にパスカットされてしまいます。
また、パスの強さもとても重要なポイントで、弱すぎてはダメですし、強すぎても受け手の選手が追いつけない場合があります。

ですからスルーパスを成功させるコツは「キック精度の向上させる」ということが大切です。
普段の練習からキック精度の向上を意識しておくことで、スルーパスだけでなくシュートの能力も高めることにつながります。

スルーパスの練習法

前項では「スルーパスを成功させるコツ」について紹介しました。
ここでは、「スルーパスを成功させるための練習方法」について、3つのポイントから解説していきたいと思います。
ぜひ普段の練習の中で参考にしてみてください。

視野を広く持つことを意識

スルーパスを成功させるための練習方法のひとつめは、「視野を広く持つことを意識する」ことです。

これは、練習方法というよりも、メンタル的な部分と言えるかもしれません。
先ほど紹介したスルーパスを成功させるためのコツの中の「フィールド全体を見る」ことにつながるポイントです。

視野を広く持つためにはどうしたら良いと思いますか?

スルーパスを得意とするサッカー選手に共通することは、「試合中に常に首を振って周りを見ていること」、「広い視野を確保するために背筋がピンと伸びていて姿勢が良いこと」が挙げられます。

普段の練習の中から視野を広く持つことを意識することで、実際の試合のときにスペースを見つけ出すことができるはずです。

チーム内のコミュニケーションを活発に

スルーパスを成功させるための練習方法の二つめは、「チーム内でのコミュニケーションを活発にする」ことです。

これも具体的な練習方法ではないのですが、すべての練習方法において実践していくべきポイントです。
「チーム内の活発なコミュニケーション」は、先ほど紹介したスルーパスを成功させるためのコツの中の「仲間との連携」につながるポイントでもあります。

普段の練習の中から、「どのようなタイミングでパスが欲しい」、「どのようなタイミングで動き出して欲しい」といったことをパスの出し手と受け手で主張し合いコミュニケーションを図って連携度を向上させていくようにしましょう。

スクエアパス

スクエアパスとは、コーンやマーカーなどを使って四角形を作り、その四角形の周りでパスをするという練習方法のことを言います。

簡単でシンプルな練習方法ではありますが、意識を変えることで様々な部分に有効な練習となるのです。

スクエアパスは、先ほど紹介したスルーパスを成功させるためのコツの中の「正確なパス」につながる練習方法でもあります。

スクエアパスを行うことでサッカーの基本技術である「ボールを止める、蹴る」という部分の向上につながります。

スルーパスに必要な技術は「正確にボールを蹴る」というキック精度の部分です。
スクエアパスで自分の狙ったところにボールを蹴る技術を向上させましょう。

スポンサードサーチ

おすすめのパス練習グッズ

ここではスルーパスをマスターしたいあなたのために、おすすめのパス練習グッズを2種類紹介していきます。
スルーパスをマスターするためには練習あるのみですが、グッズを利用することでより効率的な練習をすることができます。

N NEWKOIN サッカー トレーナー 練習キット 練習用ベルト トレーニングベルト ボール自主練用 シュート練習 レジャー ファミリースポーツ

N NEWKOIN サッカー トレーナー 練習キット 練習用ベルト トレーニングベルト ボール自主練用 シュート練習 レジャー ファミリースポーツ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

1人で簡単にサッカーの練習ができる!

1人で簡単にサッカーの練習が出来ます。ボールを拾いに行く必要がないので、好きな場所で好きなだけシュート、パス、トラップ、ドリブル、ボールコントロール、スローインなどの練習ができます。
繰り返しパスの練習をすることであなたも正確なスルーパスが出せるようになるはずです!

Kaiser(カイザー) サッカー キック トレーナー KW-657 シュート練習 パス練習 リフティング練習 レジャー ファミリースポーツ

Kaiser(カイザー) サッカー キック トレーナー KW-657 シュート練習 パス練習 リフティング練習 レジャー ファミリースポーツ

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

キック練習を楽しくサポート!

蹴ったボールが自然と戻ってくるので、シュートやドリブル、リフティングなどの自主練習を効率的にサポートしてくれます。
スルーパスを成功させるために必要なキック精度を自主練習で向上させましょう!
使い方はタンクに水を入れるだけなのでとても簡単です。

まとめ

ここまでサッカーのスルーパスを成功させるためのコツと練習方法について解説してきました。

サッカーにおいてスルーパスは、ゴールを演出するプレーです。
この記事を参考にしてスルーパスをマスターして勝利をつかみ取りましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike