あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

競技人口増加中!「スポーツ吹き矢」とは?ルールややり方も解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/31

更新日 :2020/05/11

ここでは、スポーツ吹き矢のルールや必要なアイテムを紹介しています。そのため、これからスポーツ吹き矢に挑戦しようと考えている人は参考にしてください。
単純なルールの下行われているスポーツであり、激しい運動をしないことから子供からお年寄りまで楽しむことができます。
国民的スポーツとして人気が向上しつつありますが、まだまだ知名度が低いスポーツでもあり、この機にスポーツ吹き矢について詳しく理解して挑戦してみてはいかがでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

スポーツ吹き矢とは?

スポーツ吹き矢とは、肺活量を使用して筒状の用具に息を吹きつけ、矢を放つスポーツです。5~10m先の的に向かって吹きつけ、中心をめがけるスポーツであり、中心のほうがポイントが高くなっています。
単純なルールであり、気軽に行うことができることもあり、年齢や性別に左右されずに行うことができます。また、室内で行うスポーツであるため、天候に影響されないスポーツでもあります。腹式呼吸をするスポーツであることから健康的な体作りにも役立ちます。

スポーツ吹き矢のルールとは?

スポーツ吹き矢のルールは簡単であり、一度聞けば楽しむことができます。また、実際に行いながらルールを把握することも可能です。3分間で5本の矢を放つ必要があり、合計のポイントで競うことが基本ルールになります。
目標とする的は場所によってポイントが異なり、中心になればポイントが高くなる特徴があります。的はカラーで区切られており、中心から白・赤・白・黒になっています。中心の白色は7ポイント、赤色が5ポイント、次の白色が3ポイント、黒色が1ポイントです。
黒色より外側は無得点であり、できるだけ中心をめがけて吹きつけることが求められます。一般的にこのルールさえ身に着けていればスポーツ吹き矢を楽しむことができます。

スポンサードサーチ

スポーツ吹き矢で必要な用品

スポーツを吹き矢を行う際には必要となる用具があります。本格的にスポーツ吹き矢を行う人は自分専用の用具を用意する場合が多く、より精度の高いパフォーマンスを行うことが可能になります。次に、スポーツ吹き矢で必要となる用具を紹介します。





スポーツ吹き矢の筒は中に矢を入れる用具であり、息を吹きつける矢を飛ばす用具でもあります。スポーツ吹き矢の用具はすべてコンパクトなサイズに仕上がっている特徴がありますが、その中でも筒の用具がサイズが大きい特徴もあります。
基本的に3本ぐらいに分けて収納することができ、細長い形状の筒ですが、コンパクトに収納することも可能になってきます。主流の素材はグラスファイバーであり、軽量化と耐久性に優れている特徴があります。
組み立てる際は簡単であり、誰でも手軽に組み立てたり、解体することが可能になっています。スポーツ吹き矢で使用する用具の中ではもっとも競技内容に大きな影響が出る用具でもあり、購入する際には慎重に選ぶようにしましょう。

スポーツ吹き矢で使用する矢の用具は、鋭い三角形のような形状に仕上がっており、カラーバリエーションが豊富な特徴があります。素材はプラスチックや樹脂でできている場合が多いですが、先端には金属素材が取り付けられていることが一般的です。
金属が先端に取り付けられている理由は、的に当たった際の衝撃に耐えられるための加工であり、矢が折れてしまうことを防ぐことができます。しかし、スポーツ吹き矢の矢は多く使用することで劣化が始まってしまい、いずれかは壊れてしまう消耗品です。
そのため、定期的に新しい矢と交換する必要があり、コストがかかる部分でもあります。練習用の矢を購入することでコストを下げることができ、必要最小限の出費に抑えることができます。

スポーツ吹き矢でポイントを確認することができる的ですが、消耗品であることを知らない人が多いのではないでしょうか。多くの矢が的に刺さると穴があき、次第にうまく刺さらなくなってしまいます。
そのため、正確なポイントを確認するためには定期的に的を交換する必要があります。的は外枠と的本体に分けられて販売されていることが多く、内側にある的だけを取り外して交換することが可能になっています。
交換式であるため、出費を最小限抑えることができ、ラーニングコストを少しでも少なくすることができます。スポーツ吹き矢の実力がある人ほど的の中心に矢を当てることができるため、中心部分だけが極端に劣化してしまい、交換の頻度も高くなります。

スポーツ吹き矢を行う動作の順序

スポーツ吹き矢はどのようにすれば正しく行うことができるのかわからない人も多いのではないでしょうか。国民的スポーツであるため、細かな動作を行わなくても楽しむことはできますが、成績を残すことが難しいです。
次に、スポーツ吹き矢の動作の手順を紹介します。


  • 構える

  • 筒を上げる

  • 息を吐く

  • 息を吸う

  • 吹く

スポーツ吹き矢を実際に行う場合は、まず一礼をする必要があります。一礼は的に向かって一度頭を下げるだけで問題ありません。しかし、筒が床につかないように注意しましょう。一礼をしたあとは構える動作に入ります。
構え方の足の広さは、肩幅と同じ程度で問題なく、できるだけ力を抜くようにしましょう。緊張してしまうと次からの動作に支障が出てしまう場合もあり、リラックスすることを心がけましょう。
構える場合は重心を体の中心に来るようにして、姿勢が傾かないようにすることがポイントです。構えた際の姿勢のまま次からの動作も行っていくため、重要な動作の一つでもあります。
背筋を曲げずに、まっすぐすることで綺麗な構え方にすることができ、体幹が求められます。

正しく構えることができれば息を吸い込む動作に入ります。この際に大きく呼吸するだけで良いと考えてしまう場合が多いですが、スポーツ吹き矢は腹式呼吸が求められるスポーツであるため、ただ単に息を吸い込むだけでは腹式呼吸ができていません。
スポーツ吹き矢を行う場合は、両腕で筒を持ち、上に高く上げながら息を吸い込むみます。腹式呼吸の第一動作でもあるため、スポーツ吹き矢を行う際に最も重要な動作です。
腹式呼吸ができているかいないかで成績にも大きな影響が出てしまうため、本格的にスポーツ吹き矢に挑戦している人ほど意識して行うようにしましょう。
筒の持ち方は個人それぞれ異なりますが、親指と人差し指の付け根において上に掲げることが一般的です。

前の動作で息を吸いこんでいるため、そのまま筒に口をつけて吹きつける動作を行いたい気持ちになりますが、筒を上げた状態で吸い込んだ息は一度吐き出す必要があります。腹式呼吸の方法でもあるため、重要なことです。
息を吐くことでリラックスすることができ、次に息を吸い込んだ際により多くの空気を吸い込むことが可能になり、力強い矢を放つことにつながります。息を吐く際は一気に吐くのではなく、ゆっくり息を吐き出すようにしましょう。
また、前段階で上げている腕をゆっくり下げながら息を吐くことでよりリラックス効果を得ることが可能になります。ラジオ体操で行う深呼吸の動作のようにゆっくりすることがポイントです。腕は下まで下げるのではなく、顔の位置に筒がくる高さで止めましょう。

息を再び吸う際は鼻から吸い込むことが最適であり、できるだけ鼻で呼吸することを心がけましょう。息を吸うとともに筒を的に向ける必要があり、的に照準を定めるようにしましょう。
利き手によって構え方は異なりますが、基本的利き手は口元に近い筒をつかみます。この際は軽くつかみだけで問題ありませんが、握った持ち方でも良いため、持ちやすい握り方を行いましょう。
利き手ではない手は筒の中心部分を支える役割があります。支える指先は的に向くようにすることで照準が定まりやすくなります。支える際の注意点は利き手のようにしっかり掴んではいけないことです。
しっかり掴んでしまうと息を出す際の体の動きが筒に伝わってしまいやすく、照準がブレてしまいます。そのため、支える手は筒を手のひらに乗せる程度で問題ありません。

スポーツ吹き矢の吹き方は、矢が的に刺さることに対しても最も影響が出る工程でもあり、重要なことでもあります。吹き方のコツは、1・2・3のタイミングで息を吐き出すことです。また、単に息を吐き出すだけではなく、短く吐くようにすることがポイントです。
吐いた際の動作で筒が動いてしまいやすいため、注意しながら行うようにしましょう。吹いた際に下っぱらがへこんでいるかをどうか確認して、へこんでいない場合はへこむように意識することで上達しやすくなります。
さまざまあるスポーツ吹き矢の動作の中でも最も雑念が入ってきやすい動作でもあるため、集中力を研ぎ澄ませるようにしましょう。一本ずつ意識して吹くことで自身の課題を知ることができ、上達するスピードも速くなります。

スポンサードサーチ

スポーツ吹き矢の競技人口

スポーツ吹き矢の競技人口は以前はかなり少なく、マイナースポーツに位置付けられていました。しかし、最近では競技人口が徐々に増えている傾向があり、10年前から比べると数倍増えており、10万人に達しています。
マイナースポーツでもあった吹き矢が国民的スポーツまで有名になった理由は、誰でも手軽に挑戦することができるからです。子供からお年寄りまで性別に関係なく行うことができ、激しい運動をしないことも関係しています。
ルール至って単純であり、特別な練習を行わなくても楽しむことも可能です。スポーツ吹き矢の人口がここまで増えていることには健康志向が強まっていることも要因に考えられ、スポーツ吹き矢が健康に良いことが注目を浴びています。

まとめ

スポーツ吹き矢は誰でも簡単に行うことができるスポーツです。まだまだメジャーなスポーツと比べると認知度が低いスポーツではありますが、高齢者層の競技人口が増えつつあります。
若い人でも十分楽しめる内容になっているため、挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定