あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
training

インナーマッスルを鍛えるチューブのおすすめ3選!選び方やメリットも紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/31

更新日 :2019/12/31

ここでは、インナーマッスルを鍛えるためのチューブについて紹介します。チューブを使用したトレーニング方法を行いたい人やチューブでトレーニングするメリットを知りたい人は参考にしてください。
チューブは気軽に購入できる値段設定がされているため、初心者の方でも使用することができます。また、効率よくインナーマッスルを鍛えることもできるため、体に変化が表れやすい特徴もあります。
チューブを使用して理想のインナーマッスルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

インナーマッスルとは

インナーマッスルとは、腹筋などの体幹のことを示していると考えている人もいますが、正しくは体の深層にある筋肉のことを示しています。一般的な筋肉トレーニングではインナーマッスルを鍛えることが難しく、特別なトレーニングを行う必要があります。
しかし、負荷が強かったり、正しい方法で行わないと効果が得られない場合もあります。インナーマッスルを鍛えることで姿勢などがよくなるだけではなく、代謝を高めことも可能になります。

チューブでトレーニングをするメリットとは?

チューブを使用したトレーニング方法はさまざまな用意されていますが、インナーマッスルをチューブでトレーニングするメリットがあるのか気になる人もいるのではないでしょうか。次に、チューブを使用してトレーニングするメリットを紹介します。


  • 効率よくトレーニングできる

  • 持ち運びができる

  • 安全にトレーニングができる

効率よくトレーニングができる

チューブでのトレーニングは負荷が弱いため、効率よく筋肉を鍛えることができないと考えている人も多いのではないでしょうか。確かに筋肉を鍛えることに関してはチューブはあまり効率が良いわけではありません。
しかし、インナーマッスルを鍛えることに関しては効率よく鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えるために必要なことは強い負荷を筋肉に加われることではなく、関節をしっかり動かすことです。
関節を動かすことでインナーマッスルを効率的に刺激を与えることができます。インナーマッスルは関節を動かす役割があるため、チューブを使用して関節を動かすことを意識することで、インナーマッスルを使用していることになります。
闇雲にトレーニングマシンを使用するよりもチューブを使用したほうが断然効率が良いです。

持ち運びができる

チューブは軽いトレーニングアイテムであるため、持ち運びをする際に邪魔になることがありません。また、やわらかい素材で作られていることもあり、形を自由に変えることができ、コンパクトに収納することも可能です。
持ち運びしやすいことで出先でもインナーマッスルのトレーニングを行うことができます。トレーニングをする時間をあまり確保することができない人におすすめであり、ちょっとした合間でもトレーニングすることが可能になります。
トレーニングアイテムはさまざまな種類がありますが、チューブのように持ち運びに優れていない場合もあり、手軽に行うことができない場合もあります。
重量がないことも大きなメリットであり、かばんに収納しても移動に支障が出ることがなく、快適に持ち運ぶことができます。出先でもトレーニングやストレッチをしたい人はインナーマッスルに関係なく購入することをおすすめします。

安全にトレーニングができる

チューブは効率よくインナーマッスルを鍛えることができますが、負荷が加わりにくいトレーニングアイテムでもあります。そのため、トレーニング中に怪我をしてしまうリスクを下げることができ、安全かつ確実にトレーニングをすることが可能になります。
トレーニングをすることで理想の体型に近づくことも可能になりますが、初心者の人は怪我をしてしまうリスクもあります。初心者の人はチューブで負荷が弱いトレーニングから始め、体づくりができてから本格的なトレーニングに移行するようにしましょう。
トレーニング中に怪我をしてしまうと、怪我が完治するまでトレーニングを再開することが不能になってしまいます。その期間はトレーニングすることができないため、最悪の場合体がなまってしまう原因にもなります。

スポンサードサーチ

チューブの選び方

インナーマッスルを鍛えるためのチューブはさまざまな種類が販売されている特徴があり、購入する際に悩んでしまうことも少なくありません。次に、インナーマッスルを鍛えるためのチューブの選び方を紹介します。正しい選び方をしたい人は参考にしてください。


  • 素材

  • 強度

  • 用途

素材

チューブはさまざまな素材で作られており、素材が違うことで使いやすさなどに大きく影響されます。耐久性や伸縮性も素材が変わることでよくも悪くも変化します。
また、素材が変わることで販売価格も変動することが多く、希少な素材が使用されているほど高額になる傾向があります。しかし、性能に優れている場合が多く、長く本格的なトレーニングを行うことが可能になります。
チューブを選ぶ際に最も重要な選ぶポイントでもあるため、まず最初に確認することをおすすめします。素材の違いでチューブを購入しようと考えている場合は、素材ごとの特徴を把握しておく必要があります。

強度

チューブを購入する際に強度に優れている特徴がないため、すぐに使用することができなくなってしまいます。強度が素材や作り方によって変化する機能であり、購入前によく確認することをおすすめします。
強度に劣っているチューブでは、買い換えるタイミングが早くなってしまいコストがかかってしまいます。チューブは比較的安い価格で販売されていますが、買い換えるタイミングが早くなるとそれだけ支出が増えてしまいます。
また、強度が弱い場合は、壊れるまで行かなくても伸縮性が失われてしまうこともあり、本来のトレーニング効果を受けることができず、無駄なトレーニングをしてしまいます。極端に販売価格が低いチューブは強度が劣っている可能性が高く、注意しましょう。

用途

チューブはさまざまな用途で使用することができ、トレーニング方法も無数に用意されています。チューブの基本的なデザインは似ている場合が多いですが、なかには特定のトレーニングがしにくくなっている場合もあります。
そのため、どのような用途でチューブを使用するのかをあらかじめ明確に決めておくことをおすすめします。用途がわかっていれば適したデザインを絞ることができ、購入後に使いにくさを感じてしまうことを防げれます。
さまざまな用途でも使用することができるチューブを購入していれば、新たにチューブを使用する用途が増えても問題なく使用することが可能になります

トレーニングチューブの人気おすすめ3選

インナーマッスルを効率的に鍛えることができるチューブを購入しようとしているもののどれを購入すればよいのか悩んでしまっている人もいるのではないでしょうか。次に、おすすめのチューブ3選を紹介します。
そのため、適したチューブを購入したい人は参考にしてください。

TheFitLife フィットネスチューブ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー 4色
素材 天然ラテックス
強度 11、34、54、79㎏

適した負荷のチューブでトレーニングができる

TheFitLife フィットネスチューブは4本セットで販売されており、カラーが違うだけではなく、負荷がそれぞれ異なる特徴があります。そのため、レベルに合わせて適したチューブを使用することができ、無理なくトレーニングを行うことが可能です。
また、4本まとめて使用することで最大限の負荷をかけることも可能ですあり、トレーニング上級者の方でも本格的なトレーニングを行うことができ、初心者から上級者まで幅広い人が使用できます。
ラテックス素材が使用されていることで耐久性に優れているだけではなく、肌触りにも優れている特徴があります。肌に擦れるような使い方をしてもストレスを感じることがなく、快適にトレーニングを行うことができます。

Your Choice エクササイズバンド セラバンド

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ピンク
素材 天然ゴム
強度 -

下半身の強化におすすめ

Your Choice エクササイズバンド セラバンドは天然のゴムで作られているチューブであるため、肌に悪影響が出てしまう心配がありません。そのため、肌が弱い人でも安心して使用することができるメリットがあります。
太めの幅に仕上がっていることでフィット感に優れるように設計されており、トレーニングしている最中にズレてしまう心配がなく、快適にトレーニングをするサポートを行ってくれます。
下半身を鍛えるためのトレーニングチューブであり、美脚や美尻を目的にトレーニングしている人におすすめします。ヨガやエクササイズを行う際に活用することで効果が得やすくなります。弾力が強い特徴があるため、しっかり負荷をかけることができます。

カラー グリーン
素材 TPR
負荷 -

さまざまな使用方法がある

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブはさまざまな用途で使用することができるチューブであり、上半身だけではなく下半身の強化にも使用することができます。
両手で握り左右に広げることで上半身を鍛えることができ、足に引っ掛けて動かすことで下半身のトレーニングを行うことが可能になります。さまざまな使用方法が用意されているため、使い方を把握して使用することが求められます。
比較的初心者の方でも使いこなすことができるチューブであり、怪我をしてしまうリスクを下げることができます。握りやすいグリップになっていることでしっかりに握ることができ、力を入れて使用することが可能です。
持ち運びもしやすいタイプであるため、出先でもトレーニングしたい人におすすめです。

スポンサードサーチ

まとめ

チューブを使用することで効率的にインナーマッスルを鍛えることができ、体の内側から鍛えることが可能になります。インナーマッスルを鍛えることでさまざまなメリットを得ることができ、体質を改善することもできます。
トレーニングチューブを使用してインナーマッスルを鍛えてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike