あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
バドミントンbadminton

バドミントンのアンダーラップの特徴や選び方と人気おすすめ10選【巻き方も!】

スポシル編集部

公開日 :2019/12/26

更新日 :2019/12/28

ここでは、バドミントンのラケットに使用するアンダーラップについて紹介します。そのため、アンダーラップをどのように使うのかを知りたい人は参考にしてください。アンダーラップはバドミントンのラケットのグリップ部分に巻いて使用します。
アンダーラップを直接握るのではなく、グリップの下に巻くように使用することが一般的です。グリップの下にアンダーラップを巻くことで好みのグリップに近づけることができ、使いやすさを高めることができます。

目次

スポンサードサーチ

バドミントンのアンダーラップとは

アンダーラップとは、バドミントンのグリップの下に巻きつけることで握りやすさを調整することができます。
そのため、いったんグリップを外す必要があり、加工することにある程度慣れている必要があります。

グリップの太さを調整することができ、自分好みのラケットに仕上げることが可能になります。しかし、アンダーラップはラケットのグリップに巻くアイテムではなく、テーピングと使用する使い方を本来はします。

最近ではラケットのグリップ部分に使用する人の方が増えています。

バドミントンのアンダーラップの巻き方

バドミントンのラケットにアンダーラップを巻きたいと考えていても巻き方がわからない人も多いのではないでしょうか。決まった巻き方があるわけではありませんが、一般的な巻き方はあり、綺麗に巻くことができます。

そのため、独自の巻き方で行ってしまうと綺麗に巻くことができなかったり、握った際に違和感を感じてしまうグリップに仕上がってしまいます。アンダーラップをグリップ部分に巻きつける場合は、エッジの方から巻くことをおすすめします。

アンダーラップは粘着性がありませんが、ひっつきやすい特性があり、綺麗に巻きあげることも可能になります。しかし、巻き始めは緩んでしまう場合もあり、一周させてから斜めに巻きつけるようにしましょう。
この際にテープを持った手を動かすのではなく、ラケットをまわすようにすることで綺麗に巻くことができます。

スポンサードサーチ

アンダーラップを巻く前に元グリップの剥がした方がいい?剥がし方を解説

アンダーラップをグリップ部分に巻く際には、元のグリップを剥がした方がよいのか気になる人もいるのではないでしょうか。
基本的に元のグリップは剥がすことが理想的であり、グリップの上にアンダーラップを巻いてしまうと握り心地に違和感を感じてしまいやすくなります。

元のグリップの剥がし方はいたって簡単であり、端を見つけて引っ張りながらグリップを回転させることで綺麗に剥がすことができます。
以前グリップの下にアンダーラップを巻きつけていれば剥がしやすくもなるため、手間取ることはありません。

この際に元のアンダーラップも交換することをおすすめしています。
アンダーラップは汗を吸収する役割があるため、長い期間使用していれば汚れている可能性が高いです。

本当に必要なの?バドミントのアンダーラップの効果とは

バドミントンのラケットにアンダーラップは本当に必要なのか気になる人もいるのではないでしょうか。アンダーラップをグリップ部分に巻くことでさまざまなメリットを得ることも可能ですが、人によってはデメリットになってしまう場合もあります。

アンダーラップを巻くことで滑りにくさを向上させることができます。汗をしっかり吸収することができることで滑りにくさにつながります。また、弾力性を向上させることもでき、しっかり握ることができるようになります。

そのため、握力をしっかりラケットに伝えることができ、力強いスマッシュを打つことも可能です。しかし、アンダーラップを巻きすぎてしまうと握りにくくなってしまいます。特に、手のひらが小さい人や子供の場合は無理にアンダーラップを巻く必要がありません。

スポンサードサーチ

バドミントンのアンダーラップの選び方

バドミントンのグリップにアンダーラップを巻きつけたいと考えていても、さまざまな種類が販売されていることもあり、購入する際に悩んでしまうことも多いです。
次に、アンダーラップの選び方を紹介します。そのため、正しい選び方を行い購入後に後悔したくない人は参考にしてください。

主に選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 伸縮性を考慮して選ぶ

  • 太さで選ぶ

  • 色で選ぶ

伸縮性を考慮して選ぶ

アンダーラップを選ぶ際に伸縮性に注目することをおすすめします。アンダーラップは伸縮性がないと本来の効果を得ることができず、グリップ部分に巻きつける際に手間取ってしまう場合が多いです。

また、伸縮性に優れているアンダーラップを重ねて巻きつけることで弾力性を高めることができます。そのため、グリップが太くならずに弾力性を向上することもでき、握りやすさを保ったまま力強いショットを打つことも可能になります。

本来のアンダーラップはテーピングと使用するアイテムであるため、グリップ部分に使用するのではなく、テーピングと使用する際にも伸縮性がないと本来の役割を果たすことができません。
基本的で多くのアンダーラップは伸縮性に優れている場合が多く、購入後に伸縮性に劣っていると感じにくいです。

太さで選ぶ

アンダーラップはさまざまな太さで販売されている特徴があります。使用目的によって太さを変えることで使いやすさを高めることができます。グリップ部分にアンダーラップを巻く場合は、極端に太くないほうがおすすめです。

太すぎるアンダーラップでは、グリップ部分がすぐに太くなりやすくなってしまい、握りにくいラケットに仕上がってしまうこともあります。しかし、薄すぎるアンダーラップでは、なかなかグリップを太くすることができず、多くの回数巻きつける必要が出てしまいます。

また、薄いと汗を吸収能力が劣ってしまう場合が多いです。グリップを太くしたい場合は太めのアンダーラップがおすすめであり、太さではなくグリップ力を高めたい人は薄めのアンダーラップを購入するようにしましょう。

色で選ぶ

アンダーラップはさまざまなカラーで販売されており、カラーバリエーションに富んでいるアイテムでもあります。そのため、カラー選びで悩んでしまう場合もあり、好みカラーのアンダーラップを購入するようにしましょう。

バドミントンのグリップ部分に巻きつける場合は、上にグリップテープを巻きつけるため、どのようなカラーでも見えなくなってしまいます。
しかし、グリップテープの巻き方によってはエッジ部分にアンダーラップが見えることもあり、おしゃれ感を出すことができます。アンダーラップをカラーで選ぶ場合は、本来の使い方でもあるテーピングの下地として使用する際におすすめの選び方でもあります。

汗垂れ防止として手首などに巻きつける場合は、カラフルなカラーを選ぶことでおしゃれに決めることができます。

バドミントンのアンダーラップの人気おすすめ10選

バドミントンのアンダーラップはさまざまなメーカーが数多く販売されている特徴があり、購入する際に悩んでしまった経験をした人も多いのではないでしょうか。次に、バドミントンのおすすめアンダーラップ10選を紹介します。

D&M(ディーアンドエム) ドレイパー アンダーラップ 70mm×27m(伸長) #DMU-70

D&M(ディーアンドエム) ドレイパー アンダーラップ 70mm×27m(伸長) #DMU-70

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー イエロー
長さ 27m
70mm
素材 ポリウレタン

コストパフォーマンスに優れている

D&M(ディーアンドエム) ドレイパー アンダーラップはコストパフォーマンスに優れている特徴があり、安い値段で購入することができます。
アンダーラップでグリップに太さを出すために使用する場合は、多くの量を消耗してしまいます。

そのため、思っていた以上に消耗率が多く、ランニングコストがかかってしまう場合もあります。しかし、安く販売されており、長さも十分に巻かれているため、ランニングコストを抑えることができ余った予算で違うアイテムを購入することも可能です。

ヨネックス(YONEX) クッションラップ AC380 004 イエロー

ヨネックス(YONEX) クッションラップ AC380 004 イエロー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー イエロー
長さ 27m
70mm
素材 ポリウレタン

弾力性に優れている

ヨネックス(YONEX) クッションラップ AC380 004はクッション性に優れているアンダーラップであるため、ラケットに弾力性を求めている際におすすめです。

一般的なアンダーラップでも複数巻くことで弾力性を生み出すことは可能ですが、手間がかかってしまうだけではなく、多くの長さを消耗してしまう原因にもなります。
厚みは一般的のアンダーラップと変わらないため、グリップ部分に巻きつけることでグリップが太くなりすぎることはありません。

ニトリート(NITREAT) アンダーラップ 70mm UW-70

ニトリート(NITREAT) アンダーラップ 70mm UW-70

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ピンク
70mm

フィット感に優れている

ニトリート(NITREAT) アンダーラップ 70mm UW-70は一見一般的なアンダーラップのように見えてしまいますが、使用されている素材がきめ細かい特徴があります。きめが細かいことでフィット感を高めることができ、巻く際に手間がかかりません。

粘着性があるような感じで巻くことができるため、グリップ部分に巻く際に苦労してしまうこともなく、初心者の人でも簡単に巻くことが可能になります。
やや高額な設定になっていますが、アンダーラップを綺麗に巻くことができない人は購入してみてはいかがでしょうか。

Dメディカル アンダーラップ D-ラッププラス スモールパック

Dメディカル アンダーラップ D-ラッププラス スモールパック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ベージュ
長さ 27m
70mm

伸縮性・耐久性に優れている

Dメディカル アンダーラップは伸縮性に優れている特徴があり、耐久性にも優れているアンダーラップです。
伸縮性に優れていることで巻きつけることが容易になり、グリップ部分に使用する場合でも手間無くなく巻くことができます。

薄く作られているにも関わらず、耐久性にも優れていることで長い間装着し続けることができます。また、あまりグリップ部分を太くすることなく、吸水性を高めたい人にもおすすめのアンダーラップです。
一回通り巻くだけでも吸水性を得ることができ、グリップの下で破れてしまうこともありません。

Mueller(ミューラー) Mラップ カラー ビッグブラック Mwrap Colored Big Black 70mm [12個入り] アンダーラップ スモールパック 23707 ブラック 70mm

Mueller(ミューラー) Mラップ カラー ビッグブラック Mwrap Colored Big Black 70mm [12個入り] アンダーラップ スモールパック 23707 ブラック 70mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
長さ 27m
70mm

大量にほしい場合におすすめ

Mueller(ミューラー) Mラップ カラーは12本入りで購入することができるため、大量にアンダーラップを使用する人におすすめです。
バドミントンのラケットのグリップ部分に使いだけではなく、テーピングの下地としても使う機会が多い人におすすめです。

12本入りで低価格で販売されているため、部活動などで部員のために購入する際にもおすすめできます。カラーがブラックであるため、
紫外線などの影響でカラーの変色する心配がなく、使い古された感がにじみ出にくいです。

テニス スカッシュ バドミントン ラケット グリップ オーバーグリップ クッション ラップ ダンピング 膜

テニス スカッシュ バドミントン ラケット グリップ オーバーグリップ クッション ラップ ダンピング 膜

Amazonで詳細を見る
カラー ホワイト
長さ 27m
約6.8cm

ラケットのデザインが活きる

テニス スカッシュ バドミントン ラケット グリップは一般的なアンダーラップよりも若干幅が狭く仕上げられている特徴があります。そのため、幅が長く使いにくいと感じてしまっている人におすすめのアンダーラップです。

弾力性のある素材が使用されていることでグリップを握った際にしっかり力をラケットに伝えることができます。ホワイトのカラーであるため、さまざまなラケットに使用することができ、ラケットのデザイン性を損ねてしまう心配が合えりません。

Mueller(ミューラー) Mラップ カラー ビッグゴールド ブリスターパック Mwrap Colored Big Gold Blister Pack 70mm [1個入り] アンダーラップ 53702 ゴールド

Mueller(ミューラー) Mラップ カラー ビッグゴールド ブリスターパック Mwrap Colored Big Gold Blister Pack 70mm [1個入り] アンダーラップ 53702 ゴールド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー イエロー
長さ 27m
70mm

カラーバリエーションに優れている

Mueller(ミューラー) Mラップ カラー ビッグゴールド ブリスターパックはカラーバリエーションに優れているアンダーラップです。
そのため、好みのカラーのアンダーラップを購入しようと考えている人におすすめであり、満足いくアンダーラップを手に入れることができます。

ヘアバンドやリストバンドとしても活用することができ、髪の毛を巻き込みにくい特徴があります。
ストレスなく装着することができ、汗が垂れてしまうことを防ぐことができます。

(ビジョンクエスト) visionquest バドミントン アンダーラップ VQ530402E01 YE

(ビジョンクエスト) visionquest バドミントン アンダーラップ VQ530402E01 YE

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー イエロー
長さ 27m
70mm

バドミントン用に開発されたアンダーラップ

visionquest バドミントン アンダーラップはバドミントンのラケット用に開発されたアンダーラップであるため、本格的なグリップの仕上がりにできます。

ほかのアンダーラップを使用している場合より、全体的な性能が優れているため、使い心地が悪い場合は現在のアンダーラップと交換してみてはいかがでしょうか。巻きやすい仕上がりになっていることで初心者の方でもうまく巻くことが可能になります。
吸水性にも優れている特徴があり、グリップが滑ってしまうことがありません。

キモニー アンダーラップ KST317 PN ピンク

キモニー アンダーラップ KST317 PN ピンク

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー ピンク
長さ 25cm
40mm

幅が狭いアンダーラップ

キモニー アンダーラップ KST317 PN ピンクは幅が狭く仕上げられているアンダーラップであるため、巻きやすい特徴があります。一般的なアンダーラップは7㎝前後であり、人によっては巻きにくさを感じてしまいます。

幅が狭くなっていることで、シワになりにくく綺麗に巻くことも可能になります。グリップテープやアンダーラップを綺麗に巻くことができない人は購入してみてはいかがでしょうか。綺麗に巻くことができることで握り心地も向上させることが可能です。

ゼロアンダーラップテープ 70mmx27m 12個入

ゼロアンダーラップテープ 70mmx27m 12個入

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ベージュ
長さ 27m
70mm

簡単に切れて使える!

ゼロアンダーラップテープは薄く仕上げられているアンダーラップであるため、吸水性を高めたい人におすすめのアンダーラップです。
しかし、グリップ部分を太くしたいと考えている場合は、多くの回数巻きつける必要があり、手間がかかってしまうデメリットがあります。

薄く仕上げられていることで扱いやすいメリットがあるため、グリップ部分にうまく巻くことができない人は使用してみてはいかがでしょうか。手で簡単に切れる構造になっていることで手で切ることが可能です。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

まとめ

アンダーラップはテーピングの下地として使用するアイテムですが、バドミントンのグリップ部分に巻きつけることも可能です。吸水性に優れている特徴があるため、効率よく汗を吸収することができます。
アンダーラップを使用して握りやすいグリップに仕上げてみましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike