あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

フォーメーションを学んでサッカーをより楽しもう!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/19

更新日 :2019/12/19

サッカーの試合では選手が各ポジションに分かれ、ピッチ上に配置されます。

配置された選手のポジションや位置によって決定されるのがフォーメーションです。フォーメーションはチームの方針や出場できる選手に合わせて選択されます。
攻撃的なフォーメーションや守備に重きを置いた陣形など、
フォーメーションごとに得意とするプレーに違いがあることから、チームのゲームプランを探る要素の一つにもなります。

今回は現代サッカーで特に用いられることが多いフォーメーションについて詳しく見ていきましょう。

目次

スポンサードサーチ

フォーメーションとは?

サッカーのフォーメーションとは、
ゴールキーパーを除いた10人のフィールドプレーヤーのポジションや配置の陣形を意味します。

ゴールキーパー以外のプレーヤーについてはどのポジションの選手を配置しても良いことになっており、
フォーメーションはDF、MF、FWの選手の人数を簡潔に数字で表現するのが一般的です。

4-3-3というポジションの場合は、DFが4人、MFが3人、FWが3人といった具合になります。

現代サッカーでよく見られるフォーメーション

現代サッカーでよく見られるフォーメーション

スポンサードサーチ

チームや監督によって様々なフォーメーションが採用されます。

フォーメーションは選手のプレースタイルやチーム全体のゲームプランによっても左右されます。

こちらでは、現代サッカーでよく見られるフォーメーションについて解説します。


  • 4-3-3

  • 4-4-2

  • 4-5-1

  • 3-6-1

  • 4-1-4-1

4-3-3

現代サッカーではサイドを使った攻撃が主流となっており
これを象徴するのが4-3-3のフォーメーションです。

陣形としては4バックのディフェンス陣の前にMFを3人配置し
1トップとウィングフォワードを置くのが特徴といえます。

4-3-3のメリットはピッチ全体を広く使える点にあります。

ウィングフォワードの選手が中に切り込んだり、
大きくボールチェンジすることで相手ディフェンスを揺さぶる攻撃が可能です。

プレミアリーグではマンチェスターユナイテッドやリヴァプールといったチームが、
ラリーガではバルセロナやレアル・マドリードなど、攻撃的なチームが採用するケースが目立っています。

他リーグではバイエルン・ミュンヘンやパリ・サンジェルマンが挙げられます。

4-4-2

サッカーにおけるディフェンスの方法としては、
それぞれの選手がエリアを決めて守るゾーンディフェンスと、
担当する選手をピッタリとマークするマンツーマンディフェンスがあります。

4-4-2のフォーメーションはピッチ全体にバランスよく選手を配置できるため、
ゾーンディフェンスに適した形です。

ポジションとしてはセンターバック及びサイドバック
センターハーフ、サイドハーフ、FWがそれぞれ2人ずつです。

ゾーンディフェンスはチームワークや連携が整わないと間を抜かれてしまうことが多いので
ディフェンスに力を入れているチームが採用する傾向にあります。

具体的なチーム名を挙げるならラリーガのアトレティコ・マドリードです。

4-5-1

ポゼッションサッカーを目指すチームに多く見られるのが4-5-1のフォーメーションです。

こちらは数字を見てもわかるように、中盤に多数を選手を配置します。

中盤でパスを回しながらディフェンスの穴を突き、FWの選手が空いたスペースに走り込んだり、
ポストプレーから攻撃を展開するシーンがよく見られます。

パス回しに重きを置く日本代表のチームも4-5-1のシステムをよく採用します。

4-5-1は中盤の5人をどのように配置するかによってメリットやデメリットが大きく変わるのが特徴です。

たとえば4-2-3-1、つまりFWの下に3人のMFを配置するタイプの4-5-1では、
サイドから攻撃を展開したいときに有効です。

ただし、サイドからの攻撃が上手くいかないと、
FWの個人技に頼る攻めに終始することになります。

3-6-1

現代サッカーの多様なサイド攻撃に対して守備を敷く際、
ウィングバックを配置する3-6-1のフォーメーションが効果的とされています。

ウィングバックの選手がサイドをケアしつつ、
ボールを奪った後は素早く前線にボールを運ぶことができるのがメリットです。

ベルギー代表がこのフォーメーションを採用しています。

ディフェンス重視のフォーメーションに見られがちですが、
ウィングバックの選手の位置によっては3-2-4-1や3-4-2-1に移行することが可能であり、
柔軟性に富んだフォーメーションです。

相手のサイド攻撃を封じながら、
自分たちがサイド攻撃で主導権の握りたいといった戦術とマッチしており、
現代サッカーを象徴するシステムの一つです。

4-1-4-1

センターバックとサイドバックが2人ずつ、
MFはボランチ1人とその前に4人、最前線に1トップを配置するのが4-1-4-1の基本形です。

中盤に5人の選手を配置しているので、パス回しからのサイド攻撃に展開することが容易な陣形といえます。

ボランチからのボール供給やサイドハーフからドリブルで切り込むなど、
多様なオフェンス戦術を駆使できるのがメリットです。

センターハーフやボランチはボールを保持しながらチャンスをうかがい
プレーを組み立てる能力が求められます。

攻撃的な布陣ではありますが、ボランチの両サイドのスペースが広く開いているので
そこを攻められないようにケアする必要があります。

まとめ

サッカーのフォーメーションはチームの戦術によって大きく変化します。

サイド攻撃が主流になりつつある現代では、
4-3-3や3-6-1といったサイド攻撃を重視するフォーメーションを採用するチームが
多い傾向にあります。

サッカーを観戦する際は各チームのフォーメーションにも気を配ってみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

  • ポゼッションサッカーの特徴や練習方法を徹底解説【有名なチームも!】


  • 【現代サッカーの3バックを紐解く】3バックのメリットやデメリット、4バックとの守り方・戦術の違いを徹底解説!

  • サッカー戦術のリトリートについて徹底解説!!

  • サッカーのボランチの役割とは?有名選手とともに徹底解説!
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    SPOSHIRUおすすめ情報!

    こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

    整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

    崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

    TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

    立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

    また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

    足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

    購入はこちら!

    ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

    DAZN

    DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

    まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

    ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

    • 無料トライアルあり
    • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
    • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
    トライアル1ヶ月 ¥0

    監修アスリート

    アスリートをもっと見る
    スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定