あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

基本のフォアハンドストロークの打ち方!動画を見て学びましょう!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/16

更新日 :2020/01/09

ここでは、ソフトテニスのフォアハンドのコツを紹介しています。そのため、ソフトテニス初心者の方やフォアハンドがうまくできない人は参考にしてください。フォアハンドはさまざまな場面で使用することができるため、身につけることが必須です。
フォアハンドをうまくできるようになるとさまざまな打ち方にも挑戦することができ、試合でも活用することが可能です。フォアハンドをマスターして試合を有利に運んでみてはいかがでしょうか?

目次

スポンサードサーチ

フォアハンドとは

フォアハンドとは、ラケットを持った方向でスイングすることであり、基本動作の初歩でもあります。ちなみにラケットを持っていない方向にボールが来た場合は、ラケットを持っていない方向にラケットを持っていき、払うようにすることでバックハンドができます。

フォアハンドは試合をする際はもちろんですが、ラリーをする際にも求められる技術であり、初心者の方がまず身につける技術でもあります。

フォアハンドをうまくなるためには、正しいフォームを身につけることが先決であり、どのような状況でもフォームが崩れない努力をしましょう。

フォアハンド打ち方

フォアハンドはさまざまな状況で活用することができ、ディフェンス、ノーマル、オフェンスの3つにわけることができます。それぞれ状況が異なるとフォアハンドのやり方も変わるため、注意しましょう。

ディフェンスの場合は、後方にさがって打つことが多いため、上半身をひねりスイングスピードを高めるようにしましょう。ノーマルのフォアハンドは前に踏み込める場合は、踏み込むように打つように心がけましょう。

オフェンスの場合は、ノーマルの時よりもさらに前に踏み込むことでボレーなどで返球することが可能になります。また、打つ際に手首のスナップを利かせることで回転をかけることができ、ネットを越してから急激にボールを落とすことができます。

スポンサードサーチ

フォアハンドの打ち方のコツ

フォアハンドのコツをつかむことで、より正確なショットを打つことができ、試合ではポイントにつなげることも可能になります。そのため、一通りのフォアハンドの打ち方が身についたらコツもつかむようにしましょう。

フォアハンドのコツは、ショットを打つ際にボールを目で追うようにすることです。ボールを目で追うことは誰でも行っていますが、ショットを打つ際は相手コートを見ている場合が多いです。

そうすることで返球する場所を確認したり、相手選手の位置を知ることができますが、自身の軸が乱れてしまいやすいです。

しかし、ショットを打つ際もボールを目で追い、ラケットで打つ瞬間まで見ておくことで頭が固定され、軸がぶれてしまうことがありません。

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

まとめ

ソフトテニスでフォアハンドは重要度が高い技術であり、身についていないと楽しくプレイできない可能性があります。フォアハンドのコツをつかむことでさまざまなボールでもしっかり返球することが可能になります。
フォアハンドを身につけてより高みを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定