あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

効率良く腹筋を鍛えるアイテム!腹筋ベルトの選び方や人気おすすめ9選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/22

更新日 :2020/05/11

ここでは、腹筋ベルトの注意事項や選ぶコツだけではなく、おすすめの腹筋ベルト9選も紹介しています。

そのため、腹筋ベルトを購入しようと考えている人は参考にしてください。

腹筋ベルトは簡単にながら筋トレを行うことができ、筋トレすることが面倒に感じてしまう人や時間がない人におすすめの機器です。

腹筋ベルトはパッドを交換する必要があるため、定期的にコストがかかってしまいますが、誰でも手軽に理想の腹筋を手に入れることが可能になっています。

目次

スポンサードサーチ

EMS腹筋ベルトとは

EMS腹筋ベルトとは、電気信号を利用して強制的に筋肉を刺激することができる仕組みのベルトです。

現在販売されている腹筋ベルトのほとんどがEMS腹筋ベルトになっています。

電気信号を利用していることで深層の筋肉も鍛えることができます。

普通の筋トレでは鍛えにくいインナーマッスルが気軽に鍛えることができ、男女問わず使用することができます。

体に密着していないと効果を得ることができないため、粘着性のパッドを使用する必要があり、定期的に交換することで電気信号を効率よく与えることが可能になります。

EMSベルト使用の際に注意すべき点

EMS腹筋ベルトを初めて使用する人は正しい使い方を行う必要があり、同時に注意事項も確認しておきましょう。

電気信号を直接体に流す仕組みであるため、間違った使い方をしてしまうと、体に悪影響が出てしまう危険性もあります。


  • 継続して使用する
  • 長時間つづけて使用は控える
  • お腹の脂肪が厚いと効果が出にくい
  • 脂肪が減るわけではない

腹筋ベルトは手軽に理想の腹筋を手に入れることが可能ですが、継続的に使用しないと効果が得にくいです。

普通の筋トレと同じように継続的に筋肉に刺激を与えないと、腹筋が割れたり、引き締まることはありません。

そのため、毎日決められた時間腹筋ベルトを使用することをおすすめします。

ただ巻くだけで使用することができるため、挫折してしまうリスクは低いですが、腹筋ベルトも短期間では効果が得ることができないことを覚悟して使用しましょう。

腹筋ベルトを使用する際に、毎日使用することができないため、一日で数日分の時間利用しようと考える人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、長時間使用し続けてしまうと、体に多大な負荷がかかってしまいます。

また、やけどなどの症状が出てしまうリスクもあるため、決められた時間以上使用することを控えるようにしましょう。

短期間で理想の体型を手に入れたい人が行ってしまいやすい行動であり、いくら長時間使用し続けても効率よく筋肉を鍛えることができないことを理解しましょう。

腹筋ベルトは電気信号を体に流し、筋肉に刺激を与える仕組みですが、おなかの脂肪が厚いと効果が得られにくくなってしまいます。

脂肪が厚いことで電気信号が筋肉まで到達しにくくなってしまうため、ある程度脂肪を減らしてから使用することをおすすめです。

また、極端におなかの脂肪が厚いと腹筋ベルト自体を巻くことができない可能性もあります。

ウエスト部分の脂肪が厚い場合は、まず食事制限や私生活の調整を行い、脂肪を減らしてから腹筋ベルトを使用するように心がけましょう。

腹筋ベルトはお腹を引き締める効果が期待できますが、脂肪を減らすことができるわけではありません。

筋肉を強制的に動かすため、ある程度脂肪を減らすこともできますが、目に見える効果は表れにくいです。

そのため、お腹が引き締まっているにも関わらず、お腹周りの脂肪が残ることもあり、腹筋が割れない人もいます。

そのような人は腹筋ベルトを使用するとともに、脂肪が付きにくい食事制限をすることをおすすめします。

多くの人が勘違いしている部分でもあるため、把握しておきましょう。

スポンサードサーチ

EMS腹筋ベルトの選び方

現在では販売されている腹筋ベルトは多く販売されているため、購入する際に悩んでしまいやすいです。

販売価格もバラつきがあり、性能差にも大きな違いがあります。

購入後に後悔したくない人は選び方を把握してから購入することをおすすめします。


  • 種類で選ぶ
  • ランニングコストで選ぶ
  • 口コミや評価で選ぶ

腹筋ベルトはベルトタイプとパッドタイプに分けることができます。

種類が異なることで装着の仕方や得られる効果が変わってくるため、腹筋ベルトを購入する際に最も重要なことでもあります。

ベルトタイプは横腹まで腹筋を鍛えることができますが、腹筋を割るまで時間がかかってしまいやすいです。

パッドタイプは効率よく腹筋を割ることはできますが、横腹がやや鍛えにくいデメリットがあります。

どちらもパッドの交換は必要となっています。

腹筋ベルトを購入する際にランニングコストがどのくらいかかるかを確認することをおすすめします。

腹筋ベルト本体を購入すればすぐに使用することはできますが、充電するための電気代や体に貼り付けるパッド代も必要になります。

特にパッド代はそこそこな金額になっているため、腹筋ベルトにはランニングコストがかかることを把握しておきましょう。

パッドの値段はさまざまあり、メーカー品でないパッドを購入することでランニングコストを下げることも可能です。

腹筋ベルトを購入する際に実際に使用している人の声を聞きたいと感じる場合もあります。

口コミや評判を把握することで購入する前にどのような使い心地に仕上がっているかを知ることができます。

口コミは実際に使用している人の意見であるため、信ぴょう性が高く、購入するかしないかの判断材料にすることも可能です。

口コミや評判はネット検索をすれば気軽に調べることができます。

しかし、あくまでも使用者の意見であるため、鵜呑みにするのではなく、参考にする程度にとどめておきましょう。

EMS腹筋ベルトの人気おすすめ9選

腹筋ベルトを購入する際に悩んだ経験がある人も多くいるのではないでしょうか。

腹筋ベルトはさまざまなメーカーが販売していることもあり、購入する際には慎重に選ぶことが大切です。

次に、おすすめの腹筋ベルト9選を紹介します。

EMS 腹筋ベルト USB充電式 液晶表示

Amazonで詳細を見る
強さ 13段階
ジェルシート 10枚入り

EMS 腹筋ベルト USB充電式 液晶表示はさまざまなモードを選択することができ、用途にあったトレーニングメニューを選ぶことができます。

ダイエット・水泳・トレーニングなどのモードが用意されていることで効率よく体を引き締めることが可能です。

短期間で理想の体型を手に入れたい人におすすめの腹筋ベルトです。

それぞれのモードが13段階の強さに調整することができ、好みの強さで筋肉を刺激することが可能になっています。

肌に優しい素材が使用されている特徴もあります。

EMS腹筋ベルト EMS 腹筋マシーン EMS 筋トレ Vkaiy

Amazonで詳細を見る
強さ 9段階
ジェルシート 10枚

EMS腹筋ベルト EMS 腹筋マシーン EMS 筋トレ Vkaiyは20分継続して使用すると自然に電源が切れる仕組みになっています。

そのため、体に悪影響を与える原因でもある長時間使用ができないです。

また、操作しない状態で20秒間を経過すると自然に電源が切れる仕組みにもなっており、バッテリーの無駄遣いを予防することができます。

腹筋ベルトとは他に腕に装着できる付属アイテムもついているため、腹筋以外の部分を鍛えることが可能になっています。

腹筋ベルト FocusSports

Amazonで詳細を見る
強さ 10段階
ジェルシート 10枚

腹筋ベルト FocusSportsはワイヤレスで操作できる仕組みになっているため、手軽にモードや強さを調整することができます。

腹筋ベルトは本体にボタンが取り付けられている場合が多く、装着した後に操作する場合は、服をめくらないといけません。

そのため、人目がある場合で使用する際は、気軽に調整することが難しいデメリットがあります。

しかし、ワイヤレスで操作することができることで、調整する際に服をめくる必要がなく、人目がある場所でも好みの強さやモードに調整可能です。

EMS 腹筋ベルト ems

Amazonで詳細を見る
強さ 9段階
ジェルシート

EMS 腹筋ベルト emsは消耗品がない腹筋ベルトに仕上がっています。

腹筋ベルトは体に電気を通すためのパッドが必要になりますが、こちらはパッドの交換が不要になっています。

そのため、コストを削減することができ、節約にもつながります。

腹筋ベルトは効率よくお腹を引き締める効果がありますが、パッド代が定期的にかかってしまうデメリットがあり、購入することを押しとどまってしまう場合も多いです。

パッドの交換不要に仕上がっていることで、メンテナンスにかかる時間や手間を軽減することができます。

強さ
ジェルシート

スレンダートーンは数々ある腹筋ベルトの中でも有名なベルトであるため、どの腹筋ベルトを購入すればよいのかわからない人におすすめです。

お腹に巻くだけで使用することができ、腹筋だけではなく、横腹の筋肉を引き締めることができます。

ウエストを細くすることも可能であり、引き締まったウエストを手に入れたいと考えている女性にもおすすめです。

有名な腹筋ベルトであるため、品質や性能に対して信頼することができ、購入後に後悔したくない人におすすめの腹筋ベルトです。

Bicidi 腹筋ベルト

Amazonで詳細を見る
強さ 10段階
ジェルシート

Bicidi 腹筋ベルトの特徴は、腹筋ベルト部分が8つに分割されていることです。

一般的な腹筋ベルトは6つに分かれている場合が多く、腹筋を6つに割ることも可能になっています。

しかし、一般的な腹筋ベルトよりもそれぞれ一つ多く取り付けられていることで、骨盤あたりの腹筋まで鍛えることができ、より引き締まった体を手に入れることができます。

また、ぽっこりお腹を解消する働きもあるため、下っぱらが気になる人におすすめの腹筋ベルトに仕上がってります。

強さ
ジェルシート

シックスパッド アブズフィット2は腹筋ベルトの中でも最も有名で愛用している人が多いといっても過言ではない腹筋ベルトです。

効率よく腹筋を割ることができるため、腹筋を割りたいと考えている人におすすめです。

また、有名な腹筋ベルトであるため、性能に対して信頼することができ、安心して使用することができます。

しかし、他の腹筋ベルトよりも高額な価格設定になっていることもあり、気軽に購入しにくいデメリットがあります。

Eutulty EMS腹筋ベルト

Amazonで詳細を見る
強さ 10段階
ジェルシート 14枚

Eutulty EMS腹筋ベルトはウエストベルトが取り付けられていることで腹筋部分を鍛えることができるだけではなく、横腹のウエスト部分まで同時に鍛えることが可能になっています。

そのため、パッドタイプとベルトタイプのメリットを得ることができています。

腹筋を割りつつ、ウエストも引き締めたいと考えている人におすすめの腹筋ベルトです。

一般の腹筋ベルトと比べると電流の強さが25%高まっているため、より短期間で理想の体型を得ることができます。

EMS腹筋ベルト ウエストベルト 筋トレ 【2018最新版】

Amazonで詳細を見る
強さ 10段階
ジェルシート

EMS腹筋ベルト ウエストベルト 筋トレ 【2018最新版】はコストパフォーマンスに優れている特徴があるため、安い腹筋ベルトを購入したい人におすすめです。

腹筋ベルトはさまざまな価格設定がされているため、ピンからキリまであります。

有名なメーカーの腹筋ベルトの場合は1万円を超えてしまいますが、安い腹筋ベルトなら4,000円程度で購入することができます。

しかし、EMS腹筋ベルト ウエストベルト 筋トレ 【2018最新版】は1,000円で購入できる圧倒的安さで販売されています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

まとめ

腹筋ベルトは誰でも簡単に腹筋を鍛えることができます。

注意事項を守りつつ使用することで健康的な体のまま引き締めることが可能です。

筋トレなどが長続きしない人は腹筋ベルトで理想の体型を手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定