あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

オレンジジュースで毎日健康に!人気のオレンジジュース3選

スポシル編集部

公開日 :2019/12/01

更新日 :2019/12/01

みなさんは日常的にオレンジジュースを飲みますか?中には、子どもの飲み物という印象が強い方もいるのではないでしょうか。
実はオレンジジュースには、健康や美容にいい成分がたくさん含まれています。

この記事では、オレンジジュースの成分を詳しく紹介します。それに合わせて、より効果的な飲み方や食事との合わせ方も、わかりやすく伝えます。
この機会に是非、オレンジジュースを飲んでみてください。より健康できれいな身体を手に入れるために、オレンジジュースを飲むことを習慣にしてみてはどうでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

オレンジジュースは、健康ジュース?

オレンジジュースは、効果を知って正しく飲めば、とても健康にいい飲み物です。ビタミンやミネラルが豊富なので、疲労回復や貧血対策にもなります。
伝説的なバスケットボールの選手であるシャキール・オニールさんや、歌手のテイラー・スウィフトさんも毎朝オレンジジュースを飲んでいたそうです。海外のセレブでも、私たちと同じものを飲んでいたのですね。

それではオレンジジュースの効果や正しい飲み方とは、どういうものなのでしょうか。この記事で詳しく説明します。

オレンジジュースの成分

オレンジジュースは健康飲料の代わりに飲む方がいるほど、美容や健康に効果があると言われています。その秘密は、オレンジジュースの成分にあるのです。
この記事では健康や美容にいいと言われる、主なオレンジジュースの成分、5つを解説します。


  • ビタミンC

  • ビタミンB1

  • クエン酸

  • カリウム

  • 葉酸

ビタミンC

ほとんどのオレンジジュースに含まれているビタミンCは、水溶性のビタミンです。
壊血病という、組織の出血や免疫が低下する病気の予防や治療にも役立ちます。また、カルシウムや鉄分の吸収を促進させる効果があるので、貧血気味の方などにも摂取してほしいビタミンです。
ビタミンCは抗酸化物質の1つで、シワ、シミの予防や免疫システムのサポートにも役立ちます。

ただし、摂りすぎてしまうと鉄分過剰になる場合があるので気を付けましょう。

ビタミンB1

ビタミンB1は、体内の糖質をエネルギー源として使用するときに必要な栄養素です。
十分な接種をすることで、身体の疲労だけでなく、精神面の疲労もケアすることができます。疲れやすくなったときや、イライラしやすいと感じているときは進んで摂取しましょう。
ビタミンB1は普段の食事で不足しがちな栄養素で、不足し過ぎると脚気という病気にも繋がります。

オレンジジュースだけで過剰摂取の心配はほとんどありません。しかしサプリメントなどと一緒に飲みすぎてしまうと、皮膚のかゆみやイライラといった症状が出るので気を付けましょう。

クエン酸

梅干しや柑橘類が酸っぱい原因はクエン酸です。
クエン酸と聞くと、疲労回復をイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし、現在ではクエン酸は疲労回復においてそこまで強い効果がないことが分かっています。

人間の細胞内にあるミトコンドリアの中では、クエン酸回路という化学反応が日々行われています。クエン酸は、このクエン酸回路の中心的役割を担っている成分です。
また、食欲増進や、夏バテ対策にもなります。他にも新陳代謝をよくして美肌を守ったり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

カリウム

カリウムは、人間の細胞内に多く存在していて、身体を維持するうえで必要不可欠なミネラルです。身体の中のナトリウムが増えすぎたときに、ナトリウムを排出する手助けをしてくれます。
ナトリウムとは塩分のことです。日々の食事で塩分を摂りすぎてしまうと、むくみや高血圧につながります。そこでカリウムをしっかり摂取していれば、塩分を正しく排出しやすくなるのです。この効果で、心臓病のリスクも減らせます。

大量に汗をかいたときは、カリウムが不足しがちです。夏バテや熱中症の原因になるので、しっかりと摂取しましょう。

葉酸

葉酸はビタミンB群に分類される水溶性ビタミンです。抗貧血物質と言われています。
また、胎児の健康的な発達には不可欠な栄養素です。妊婦の方が十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害という神経管の発育不全を防ぐことができます。
さらに、大人の方では脳卒中や心筋梗塞などの病気を予防できる効果も認められています。

葉酸が不足すると巨赤芽球貧血という、悪性の貧血になってしまうことがあるので、十分注意しましょう

スポンサードサーチ

オレンジジュースの種類

いい成分がたくさん入っているからオレンジジュースを飲もう、と思った方もいるでしょう。いざスーパーに行ってみたら、種類がたくさんあって迷ってしまいますね。
そこでオレンジジュースの種類を以下の3つのポイントから解説します。


  • 果汁100%

  • 果汁50%

  • 無果汁

果汁100%

オレンジジュースと呼ばれているものは、全て果汁100%です。それ以外のものは、オレンジジュースとは記載せず、果実入り飲料などの名前で売られているのです。
100%果汁のオレンジジュースは、他のジュースと比べてオレンジ本来の味を感じやすいという特徴があります。

果汁100%のオレンジジュースには、ストレートタイプと濃縮還元タイプという2種類があります。

ストレートタイプは、果実本来の風味を維持しているということがメリットです。殺菌処理以外の加工が施されていないからです。
ただし、比較的高価なジュースが多いでしょう。保存が難しいので、コストがかかる製造法なのです。
POMという会社から出ている、愛媛みかんストレートなどが例に挙げられます。

濃縮還元タイプは、果汁から水分を飛ばして濃縮したあと、同じ量の水分を戻すという方法で作られています。ストレートタイプに比べると安価ですが、果実の香りが薄くなってしまう場合もあります。
アサヒ飲料から出ているバヤリース ホテルブレックファースト オレンジ100という商品も、このタイプのオレンジジュースです。

果汁50%

果汁50%のオレンジジュースは、正確に言えばオレンジ果実入り飲料となります。
果汁100%に比べてすっきりとした味わいのジュースが多いことが特徴です。果汁100%オレンジジュースのどろっとした味わいが好きではない方には、果汁50%のオレンジジュースがおすすめです。

たとえば、有名なサントリーのなっちゃんオレンジは、果汁50%です。なっちゃんオレンジは、サラサラとした舌触りなのに濃厚なオレンジの風味を感じるという、果汁50%のオレンジジュースの良いところが詰まっていますね。

50%なら少し薄めてもおいしく飲むことができます。また値段も100%のオレンジジュースより安いので、業務用に使われることも多くあります。

無果汁

無果汁のオレンジジュースは正確に言うとオレンジジュースとは呼ばず、無果汁であることの表記が必要になります。
100%オレンジジュースや果汁50%のオレンジジュースは、無果汁のオレンジジュースと比べてどろっとした舌触りがあります。
サラサラした水のような舌触りを求めている方には、無果汁のオレンジジュースをおすすめします。

ただし果汁が入っているオレンジジュースに比べて、人工的な味がする場合があります。色は着色料を使っていることが多いです。そのほかにも香料や人工甘味料が使われることが多いことがデメリットです。
人工的な味が好きではない方や、成分が気になってしまう方にはおすすめできません。
また、オレンジ本来の栄養素が入っていない場合があります。健康や美容のために自分が必要な栄養素が入っているか、よく確認してから購入しましょう。

コカ・コーラから発売されているい・ろ・は・す みかんも、サラサラとした飲みやすさが特徴ですね。

オレンジジュースの有効な摂取法

オレンジジュースを健康や美容のために飲むなら、より効果的に飲みたいものです。効果的な飲み方が分かれば、オレンジジュースがただのカロリー摂取になってしまうなんてこともありません。
この記事では、オレンジジュースの有効な摂取法を以下の3つのポイントから解説します。


  • 摂取するタイミング

  • 効果的な組み合わせ

摂取するタイミング

オレンジジュースを飲むタイミングは、どんな効果を重視したいかで変わります。主に挙がるのは以下の3つです。

・運動の疲れを軽減したい方
・高血圧などで食事の塩分を気にしている方
・オレンジジュースを美容目的で飲みたい方

以上を1つずつ説明していきます。

まず運動の疲れを軽減したい方は、オレンジジュースを運動後に飲みましょう。運動後は糖が消費されるので、オレンジジュースを飲むことで糖を素早く吸収することができます。

オレンジジュースを飲むのに避けた方がいいタイミングは、就寝前です。寝ている間は消化器官が休んでいるので、負担になってしまうことがあります。

ビタミンB1も摂り入れられるので、疲労回復の効果も得られます。
なるべく運動後30分以内に飲むようにしましょう。

高血圧などで食事の塩分を気にしている方は、食事中から食後の間にオレンジジュースを飲みましょう。食事と一緒に取り込むことで、ナトリウムの吸収が抑えられます。

美容目的で飲みたい方は、夕食後に飲みましょう。オレンジジュースに含まれたソラレンという成分は、紫外線を吸収しやすくしてしまう効果があります。日が出ているうちに飲むと、このソラレンによりシワの原因になります。

効果的な組み合わせ

オレンジジュースと一緒に摂取すると健康により効果的といわれているのが、玉ねぎです。
玉ねぎに含まれているケルセチンという成分は、中性脂肪がつくのを抑え、肝臓で吸収した脂肪をエネルギーに変えるという効果があります。これにより肝臓脂肪を予防することができます。

そしてオレンジに含まれるイノシトールという成分も、肝臓内に脂肪がたまらないようにしたり、コレステロールを減らしたりする効果があります。

オレンジジュースと玉ねぎの2つを摂取することで、相乗効果により脂肪がつきにくい身体を作ることができます。

また、オレンジジュースは青汁と一緒に飲むことで、ビタミンCなどの栄養素を効率的に吸収することができます。

是非試してみてください。

スポンサードサーチ

人気のオレンジジュース3選

オレンジジュースを何のために飲むか、イメージできたでしょうか。
この記事では、人気のオレンジジュース3選を紹介します。自分の目的に

POM 愛媛みかんストレート1000ml ×6本

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

濃密な甘みのあるオレンジジュース

トロピカーナは、太陽の光を浴びて育った果実をまるごとしぼったジュース、というテーマで作られている100%果汁のオレンジジュースです。
そのまま飲んでももちろん美味しく、お酒やほかのジュースの割材としても活用できます。

アサヒ飲料 バヤリース ホテルブレックファースト オレンジ100 200ml×24本

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

すっきりとした舌触りのオレンジジュース

アサヒ飲料から出ているバヤリースというオレンジジュースは、果汁10%ですっきりとした味わいです。どろどろした濃いオレンジジュースが苦手な方におすすめです。
バヤリースは今まで60年以上にわたって愛されてきた商品で、着色料・保存料・人工甘味料は一切入っていません。

サントリー なっちゃん オレンジ 160g×30本

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

スペイン産オレンジにこだわったストレートオレンジジュース

スペイン産のオレンジを使った100%のオレンジジュースで、濃縮還元をしていないストレートタイプです。
100%のオレンジジュースではめずらしい、さらりとした舌触りが特徴的なので、オレンジが苦手な人でも美味しく飲めるといわれています。

まとめ

自分に合ったオレンジジュースは見つかりましたか?
味もメーカーや製法によって全く違うので、いろいろなオレンジジュースを試して1番好きなジュースを見つけてください。飲み比べてみても楽しいかもしれません。
効果的な飲み方で、オレンジジュースをもっと楽しみましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike