あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボゴーグルの失敗しない選び方と人気おすすめ10選【メンズ・レディース】

スポシル編集部

公開日 :2019/11/30

更新日 :2019/11/30

スノボゴーグルはスミスやドラゴンなど、様々なスポーツメーカーから発売されており、フィット感や機能性など商品ごとにいろいろな特徴があります。

また、用途によっても選ぶべき商品に違いがあります。

そのため、初心者の方は特に、ゴーグルを選ぶ際にどのメーカーの商品を選べば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Amazon・楽天などの売り上げ上位の商品をご紹介するとともに、「SPOSHIRU編集部が」おすすめするスノボゴーグルをたっぷりとご紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

スノボにおすすめなのは『ゴーグル』or『サングラス』?

スノボの必需品のひとつにゴーグルやサングラスなどのアイウェアがあります。
なぜスノボにアイウェアが必需品かというと、ゲレンデの光の反射から目を保護するためです。

ゲレンデの光の反射は思った以上に強烈で、太陽を直接見た場合を100%とするとゲレンデの光の反射率はなんと80%!
太陽を直接見た場合とほとんど変わりがありません。
アスファルトの反射率が10%なので、いかに強烈なのかが分かると思います。

じゃあアイウェアを選ぶ場合、ゴーグルとサングラスのどちらを選べば良いのでしょうか?
ゴーグルとサングラス、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。
先ずは、ゴーグルです。

メリット


  • 転倒時に外れにくい

  • 転倒時に顔を保護してくれる

  • 風や雪の影響を受けない



デメリット

  • 視界が狭く感じる

  • 圧迫感を感じる場合がある

  • レンズが曇る場合がある



続いてサングラスを見てみましょう。

メリット

  • 脱着が簡単

  • レンズが曇ることが少ない



デメリット

  • 転倒時に外れやすい

  • 転倒時にレンズやフレームでケガをする可能性がある

  • 顔とレンズの間に風や雪が入ってくる場合がある



転倒時のことを考えると、外れたりケガをする可能性のあるサングラスよりも、外れにくく顔も保護してくれるゴーグルの方が良いと思います。

ゴーグルで顔の保護?と疑問を持たれる方もいるでしょう。
ゴーグルは顔に接する部分がスポンジとなっているので意外とクッション性があります。
顔とレンズの間に風や雪が入ってくるのも、視界確保の上では悪影響といえます。

スノボゴーグルは”色”に注目して選ぼう!

スノボゴーグルのコーナーには様々なゴーグルが並んでいて、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね?
スノボゴーグルを選ぶときは、先ずはレンズの色に注目して選びましょう。

レンズの色は、ただカッコイイからというだけではなく、色によってそれぞれ特性があります。
上級者になると、滑るシーンによってレンズの色を変える人がいるほど奥深いものです。
それでは、どんな色にどのような特性があるか解説していきます。

クリア

クリア系レンズの特徴は、レンズに色が入っていないので光の透過率が最も高く、裸眼と同様のクリアな視界を確保できることです。
そのため、光量の少ないナイターゲレンデや屋内ゲレンデなどで使用するのに適しています。
ただし、光の透過率が高過ぎるため、光量の多い日中の屋外ゲレンデには不向きと言えます。

ナイターゲレンデや屋内ゲレンデ専用として持つのであれば良いと思いますが、屋外ゲレンデでしか滑らないというのであれば他の色をチョイスするのが良いと思います。

ミラー

ミラー系レンズは、ミラーコーティングしたレンズが光を反射し、レンズ内に入ってくる光の量を調整して視界を確保するレンズです。
マジックミラーを思い浮かべるとイメージしやすいと思います。

光を反射するレンズなので、光量の多い快晴時にはとてもクリアな視界を確保してくれます。
その反面、光量の少ないナイターゲレンデや屋内ゲレンデには不向きと言えます。
見た目の良さから非常に人気がありますが、基本的には晴天向きのレンズと言えます。

オレンジ

オレンジ系レンズは、最もポピュラーなレンズカラーで多くの方に愛用されています。
その理由は、どのような天候やコンディションでも使用できる汎用性の高さにあります。

光量の多い晴天の日には適度に光をシャットアウトして眩しさを抑えてくれますし、光量の少ない悪天候の日には光量を確保してくれるので暗くなりすぎることはありません。
どのレンズカラーを選ぶか迷った時には、オレンジを選択しておけば間違いないでしょう。

ブルー

ブルー系レンズも汎用性の高いレンズカラーです。
オレンジ系よりも眩しさを抑えてくれるのため、より晴天向きのレンズカラーと言えます。

また、コントラストが高くゲレンデの凹凸が見やすくなっているのも特徴です。
ただし、オレンジ系と比べると若干視界が暗いため、夕暮れ時やナイターゲレンデ、屋内ゲレンデでは光量が乏しくなり、見えづらくなる傾向があります。
メーカーによっては、レンズカラーに工夫を凝らし視界を確保してくれるモデルもあります。

グレー

グレー系レンズも晴天などの光量の多い日に適したレンズカラーです。
ブルー系のレンズと比べると視界は明るく感じますが、オレンジ系よりも光をシャットアウトしてくれるため眩しさを軽減してくれます。

他のレンズカラーと比較するとレンズの着色が薄いため、より自然な視界が広がります。
そのため、長時間使用していても目が疲れることが少ないです。
ただし、ミラー系、ブルー系と同様に遮る光の量が多いので、光量の少ないコンデションでは暗くて見えづらいかもしれません。

スポンサードサーチ

曇りにくさをチェックしよう!

レンズの曇りはゴーグルの最大の敵です。
曇りの発生原因は、レンズの内側の空気とレンズの温度差にあります。

レンズの内側の空気は体温で温められますが、レンズ自体は冷たい外気で冷やされ続けます。
冷たいレンズに温かい空気が触れると、レンズに触れた部分の空気が冷やされレンズの内側に曇りが発生するのです。

最近のゴーグルは、初めからレンズに曇り止め加工がなされているのが一般的です。
でも、それだけでは不十分です。
ゴーグルは主に、レンズが1枚だけのシングルレンズと、レンズを2枚使用し、レンズとレンズの間に空気の層を設けたダブルレンズがあります。

温かい空気と冷たいレンズが直接触れるシングルレンズのゴーグルだと、どうしても曇りが発生します。
ところがダブルレンズだと、レンズとレンズの間にある空気の層が、レンズの内側の暖かい空気と外気に冷やされた外側のレンズが直接触れるのを防いでくれるのです。

ダブルレンズだと絶対に曇らないのかと言われればそうではありませんが、シングルレンズのゴーグルと比べると明らかに曇りづらいです。
ゴーグルを選ぶ際は、ダブルレンズのゴーグルを選んでおけば損はないでしょう。

初心者はコスパで選ぼう!

スノボのゴーグルを選ぶ際は、コスパが非常に重要です。
というのも、スノボゴーグルの価格は本当に様々で、安いものだと1000円前後のものもあれば、高いものだと70,000円を超えるものもあります。

価格の違いは主に機能性で、レンズが曇りにくさだとか、フレームの柔らかさだったりです。
あまり安いものを選ぶと、レンズがすぐに曇ったり、フレームが硬くて顔への密着性が悪かったりとストレスを感じることも多いでしょう。

ゴーグルを選ぶ際の一番のポイントは、レンズの曇りづらさに着目すると良いと思います。
滑走中のレンズの曇りは、かなりのストレスになりますので。
ですので、曇りに強いダブルレンズのゴーグルを選ぶようにすると良いでしょう。
安いものだと2000円程度でも購入できますが、あまりに安いものだと曇りやすかったりしますので、初心者が選ぶのなら5000円~20000円程度のものから選ぶのが良いと思います。

スポンサードサーチ

メガネ対応のゴーグルがある??

スノボを始めようとする人の中には、普段からメガネを使用している人もいるでしょう。
そんな人はどうすれば良いのでしょうか?

ゴーグルにはメガネの上からでも着用できるメガネ対応のものがあります。
メガネ対応のゴーグルは、メガネの上からでも着用できるように、大きく立体的なデザインとなっています。
とは言え、メガネ非対応のゴーグルと比較してもデザインに大きな違いはありません。
パッと見ただけでは、全く見分けがつかない程です。

また、視認性にも全く影響がありませんので、安心して使用することができます。

スノボゴーグルの人気おすすめメーカー

スノボゴーグルを選ぶうえで、メーカーは重要な要素です。
各メーカーとも独自の技術で、それぞれの特徴を打ち出しています。

メーカーの名前を聞いただけで、どのようなゴーグルなのかイメージできるほどです。
また、メーカーの名前自体が、そのメーカーの信頼の証でもあります。

スノボゴーグルのおすすめ人気メーカーは以下の2つです。


  • スミス

  • ドラゴン

スミス

スミスの歴史は、1965年に歯科医だった創業者のボブ・スミス氏が、ダブルレンズのゴーグルを発明したことから始まります。
当時のゴーグルは曇りがひどく、雪が降っていると滑れませんでした。
そこでスミス氏は、二重窓にヒントを得て、2枚のレンズでフォーム素材を挟んだゴーグルを自作しました。
これが世界初のダブルレンズです。

スミスのゴーグルの最大の特徴は、何と言っても「曇りにくい」ということです。
その秘密は、ゴーグルの内側のレンズ(インナーレンズ)にあります。

スミスのゴーグルは、インナーレンズ自体が湿気を吸収する特殊樹脂で作られています。
加えて、「フォグレンズ・トリートメント」と名付けられた目に見えない特殊なしわが、より効果的に湿気を吸収して曇りを防止してくれます。

これらの技術により、スミスのゴーグルは多くの方から高い評価を受けています。

ドラゴン

ドラゴンは、サーフィン、スノーボード、ダートバイクなどの激しい動きや転倒の多いスポーツにとってベストなアイウェアを提供するために、1993年にアメリカのカリフォルニア州で設立されました。

ドラゴンの特徴は、その技術力です。
ドラゴンは各競技のトップアスリートへのサポートを行い、そのアスリート達からのフィードバックを基に品質の向上に努めてきました。
その結果、紫外線の強さに応じて自動的にアウターレンズの色濃度が変化し、様々なシーンに対応できる「フォトクロミックレンズ」や、水分の表面張力を減少させることで曇りを防止する「スーパーアンチフォグ」などの優れたテクノロジーが生まれました。

また、欧米人とは違う日本人の骨格がに合わせた「ジャパンカスタム」があるのも、ドラゴンの特徴です。

スポンサードサーチ

【メンズ】スノボゴーグルの人気おすすめ5選

ここからは、実際におすすめのスノボゴーグルを紹介します。
先ずは、メンズ向けのゴーグルです。

5000円~20000円前後の価格のゴーグルから、おすすめのゴーグルをピックアップしています。
どのゴーグルも、それぞれに独自の特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

SMITH OPTICS スカッド XL スキーゴーグル スノーゴーグル スノーボード 大人用

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 平面レンズ

スミス史上最大の平面レンズモデル

SMITHのSquadの最大の特徴はその視界の広さです。
ワイドなレンズが広い視界を確保し、滑走中でもより遠くを見渡すことができます。
そのため、他のボーダーや障害物を発見することができ、より安全に滑走ができます。

また、クロマポップ調光レンズが、天候に合わせて雪原の凹凸が見やすいように光を調節してくれるので、いつでも視界はクリアです。

ベルトは、大きなレンズを支えるよう、幅が広くなっているのでフィット感も抜群です。
価格はチョット高めですが、予備のレンズもついてくるので価格以上の満足感を与えてくれること間違いなしです。

DRAGON ゴーグル 19-20 D3 ディースリー ジャパンフィット D3

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

コスパが抜群の日本人向けモデル

DRAGONのD3は、日本人に骨格や瞳に合わせたジャパンカスタムモデルです。
特にも欧米人と日本時の目の色素の違いに着目した、ジャパンルーマンレンズは、日本人と日本の雪山に適したレンズとなっています。

加えて、レンズの曇りを抑えるドラゴン独自のスーパーアンチフォグ2.0は、その技術の高さから、あのNASAにも採用されました。
レンズのサイズも、球面レンズを採用したモデルとしてはドラゴン最大で、様々なテクノロジーと共にクリアで広い視界を確保してくれます。
D3はメガネにも対応しているので、たくさんの方々が愛用しています。

オークリー LINEMINR メンズ OO7080-25

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
サイズ F
レンズ 平面レンズ

コスパ抜群のハイスペックモデル!あのトッププロも愛用しています!

Oakleyは、スノボのみならず、様々なスポーツ選手もサポートしているアイウェアのトップブランドです。

そのオークリーから発売されているLine Minerは、高機能ながらもコスパに優れたモデルです。
その性能の高から、あの平野歩夢選手や国母和宏選手も愛用しています。

円柱形状にデザインされたゴーグルは、 レンズの位置がこれまでにないほど顔に近く、周辺視野がかなり広いです。
また、プリズムレンズの採用により、視界も非常にクリアです。
高機能ながらも、非常にコスパに優れたモデルです。

DICE ゴーグル ダイス JACKPOT ジャックポット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

メイドインジャパンの安心かつ高性能モデル

DICEは、日本初のスノーボードゴーグルブランドで、日本の雪山と日本人に適したゴーグルを開発し続け、多くのスノーボーダーから支持を得ています。

そのダイスの人気を不動のものとしたのが、JACKPOT。
90%以上の方が高い視認性を実感したウルトラレンズ、ゴーグル内部の水蒸気をレンズ自体がの表面が吸収して曇りを防ぐプレミアムアンチフォグなど、視界を確保するための技術をこれでもかと搭載しています。
メイドインジャパンの安心かつ高性能なゴーグルです。

AXE スキー メンズ ゴーグル 偏光レンズ ヘルメット対応 メガネ対応

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ パノラミック・ピューレンズ

低価格で高性能を実現したジャパンブランドモデル

アックス独自の「Panoramic View Lens」は、異なる3つの曲面で構成されたビックレンズで180度以上の視界を確保し、いち早く他のボーダーや障害物を発見できるようになりました。
これは、世界で唯一の特許レンズです。

その他にも、UVプロテクションや曇り止め加工など、欲しい性能はシッカリと搭載されています。
手の届きやすい低価格なのに、この高性能は検討してみる価値ありです。

【レディース】スノボゴーグルの人気おすすめ5選

続いてレディース向けのスノボゴーグルをご紹介します!
メンズと違って、オシャレでかわいいデザインのゴーグルがラインナップされています。

ゲレンデではゴーグルも重要なファッションアイテムの1つです。
気に入ったデザインのゴーグルを見つけてください!

ICEPARDAL スノーボード ゴーグル レディース 日本企画品

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

カラーバリエーションが豊富な女子一番人気のコスパモデル

ICEPARDALは、女性向けのスポーツアイテムを提供しているブランドだけあって、オシャレなアイテムが揃っています。
スノボゴーグルのIBP-782は非常に低価格ながら、必要な機能は十分に備えています。

フレームは女性に合わせたコンパクトな設計ながらも、レンズ自体は縦幅を広く設計しているので、視界広く足下が見やすいです。
レンズはダブルレンズを採用しているので曇りにくいうえに、雪山の強い紫外線も99.9%カットしてくれます。

カラーバリエーションも10色と豊富ですので、お気に入りのカラーを見つけてください!

ROXY スノーボード ゴーグル SUNSET ART SERIES AF アジアンフィット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

おしゃれと高機能が両立したゴーグル

ROXYのSUNSET ART SERIES AF(サンセットアート・アジアンフィット)は、4種類のおしゃれなデザインで人気のゴーグルです。

優れているのはデザインだけではありません。
アジアンフィットモデルなので、顔の小さい日本人でもピッタリとフィットし、爽快な付け心地です。

また、3Dメッシュフィルターとくもり防止加工でクリアな視界を保ちます。
気になる紫外線も100%カットしてくれます。
価格がチョット高めですが、機能性とデザインに優れたゴーグルです。

SWANS スキー スノーボード ゴーグル くもり止め ミラーレンズ 150

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

メイドインジャパンのレディースモデル

日本生まれのアイウェアメーカーSWANSから発売されている150-MDHSは、フレームを限界まで細くしたセミフレームレスを採用したレディースモデルのゴーグルです。

レンズは曇り止め加工付きの球面レンズを採用。
これにより、広い視野と曇りの少ない視界を確保します。

カラーバリエーションは4種類で、どれもファッショナブルなデザインです。
高いデザイン性に加えて、メイドインジャパンの高い性能と信頼性で人気のモデルです。

スノードロップ ゴーグル ミラーレンズ アジアンフィット Snowdrop SDG

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

12種類のカラーバリエーションと高機能球面レンズの最強コスパモデル

Snowdrop SDG 8019は、女子に特化した最強のコスパモデルです。
レンズは衝撃に強いポリカーボネイト性の球面レンズを採用。
ダブルレンズと曇り止め加工、99.9%のUVカット率と必要な機能はすべてそろっています。

そして何より、SDG 8019の最大の魅力は、何と言っても12種類のカラーバリエーションです。
必ず好みのデザインと出会えるでしょう。
価格も低めに設定されているので、アクセサリー感覚で何本か購入しても良いかもしれません。

VAXPOT ゴーグル スノーボード スキー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ F
レンズ 球面レンズ

偏光レンズ採用で眩しさを抑えたクリアな視界を体感できます

VAXPOT VA-3611には、雪原など太陽光が乱反射して起こるギラツキを抑える偏光グラスが採用されています。

乱反射を抑えることで、雪原の凹凸が見やすくなり、心地の良い滑走が楽しめます。
その他にもUVカット昨日や、曇り止め加工、ダブルレンズと機能も充実しています。

また、女性に人気のバックスポットだけあって、VA-3611はデザイン性にも優れています。
カラーバリエーションは3種類。
ベーシックな色合いで、コーディネイトがしやすいのも特徴です。

スポンサードサーチ

スノボゴーグルの売れ筋ランキングもチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

スノボゴーグルの失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介してきましたが、いかかでしたか?

スノボゴーグルと一口に言っても、様々な種類や特徴を持ったものがあります。

自身のレベルや目的に合わせ、よりスノーボードが楽しめるゴーグルを探してみてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike