あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ice hockey

アイスホッケーの基本的なルールをわかりやすく徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/11/30

更新日 :2019/11/30

日本でも昔からプレーされてきたアイスホッケー。かつての国内リーグはアジアまで裾野を広げています。

何人でプレーするのか。どうやったら得点が入るのか。そんなアイスホッケーの基本的なルールをまとめてみました。競技自体は至ってシンプルなものですが、スピード感があり、衝突も多く大変危険なスポーツである分、ペナルティに関するルールは厳しくなっています。一試合通して楽しく観戦できる第一歩として、アイスホッケーのルールを解説します。

目次

スポンサードサーチ

アイスホッケーって何人で行うの?ルールとともに解説

バスケットボールコートほどの大きさのリンクでパックが行ったり来たりする迫力の点取りゲーム。

スピード感があり、試合中に選手がどんどん入れ替わったり、人数が減ったりといろんなアクションが起こります。アイスホッケーをより楽しく観戦するために、以下の3点から基本的なルールを解説します。


  • 得点について

  • プレイヤーの人数について

  • ペナルティーについて

得点について

薄い円柱形のパックがゴールに入れば1点。スティックを使って入れた場合のみ得点が認められます。わざと手を使ったり、足で蹴ったりしてはいけません。例外として、スティックから放たれたパックが偶然、体の一部に触れてからゴールに入った場合は得点が認められます。

また、ゴール前にある青く塗られた半円(ゴール・クリーズ)に入ってシュートしたり、シュートを打ったときに味方の選手がその半円の中に入っていたりすると、得点は認められません。

プレイヤーの人数について

ベンチに入れる人数は各大会規定によるが、国際ルールではゴールキーパー2人を含む22人と定められています。

プレー続行中にリンクの上に出られるのは6人。一般的にゴールキーパー1人、ディフェンス2人、フォワード3人の構成だが、特にポジションによる制限はなく、全員フォワードでもかまいません。試合の終盤、ビハインドの場面では「Empty Net」といって、ゴールキーパーの代わりに攻撃型の選手を投入する戦術もある。

攻撃・守備陣の選手(ゴールキーパーを除く)は事前に組まれたラインにしたがって、プレーの進行中に1分ほどで交代します。なお、6人以上がリンクに出てしまった場合、「Too Many Players」で反則となります。

ペナルティーについて

ここにテキスト反則を犯した選手やチームには反則の重さに準じてペナルティが適用されます。ペナルティが課せられて退場になっている間、選手はペナルティボックスに入れられます。退場時間は、マイナーペナルティが2分、ダブルマイナーペナルティが4分、メジャーペナルティが5分、ミスコンダクトペナルティが10分、ゲームミスコンダクトペナルティやマッチペナルティになると残りの試合時間すべてとなっています。

この間、チームは人数が少ない状態(ペナルティキリング)で試合を進めなければなりません。

アイスホッケーはスピードが早く、コンタクトの多い危険なスポーツなので、その分ルールが厳しく、細かいペナルティがたくさん定められています。相手の足をスティックで引っ掛けるトリッピングや相手の体やスティックをつかむホールディングなどがあります。

アイスホッケーは乱闘も見どころ!?

アイスリンクの中でのスピード感のあるスケーティングとスリリングな体のぶつかり合いが頻繁に起こるのがアイスホッケーの魅力。どんどん選手が入れ替わる分、選手は常に全力でプレーします。そんなアイスホッケーのみどころを以下の2つのポイントから解説します。


  • 選手の頻繁な入れ替わり

  • ペナルティ発生時の攻防

選手の頻繁な入れ替わり

プレー継続中にリンクにいられるのは6人ですが、他のスポーツと違い、選手の交代は何人でも何回でも可能で、その際に審判に知らせる必要もありません。1分もプレーをするとヘトヘトになるので、通常はパックが自陣にあるときに選手を入れ替えます。

ペナルティ発生時の攻防

反則を犯した選手がペナルティを消化している間、チームは人数の少ない状態で戦わなければなりません。このとき、数的優位にあるチームの攻撃を「パワープレー」、その反対を「キルプレー」とよびます。また、相手チームが反則によって2人の選手を欠いている場合を「ツーメンアドバンテージ」とよび、最大の得点のチャンスになります。

なお、同じチームから続けて反則が出た場合でも、ゴールキーパーを除いてリンク上で3人はプレーを続けてもいいようになっています。その場合、最初に起きたペナルティから順番に消化していき、1つペナルティが消化されたら次の未消化のペナルティの適用を開始します。

「キルプレー」中はディフェンスに徹することになります。通常のプレー中は、センターラインの手前から相手ゴールに向けてパックを打ち、それがゴールラインを越えたらアイシング・ザ・パック(またはアイシング)となり試合を中断。アイシングを起こしたチームのディフェンスゾーンからのフェイスオフとなるが、「キルプレー」中はアイシングは適用されません。そのため、パックをできるだけ自陣ゴールから遠ざけると同時に時間稼ぎをするために、パックを大きく敵陣に打ち返すシーンが多く見受けられます。

スポンサードサーチ

アイスホッケーの乱闘シーン

アイスホッケーでは試合中に殴り合いがしばしば起こります。スポーツの一部として認められいますが、近年は否定的な意見も増えています。

まとめ

氷の上で繰り広げられる、スピード感と芸術性、迫力を兼ね備えたスポーツ、それがアイスホッケー。

北米のNHLや冬季オリンピックは大変盛り上がります。近頃はインターネットで手軽に観戦ができるので、ぜひルールを覚えて、自分の好きなチームや好きな選手を見つけましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定