あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
athletics

運動会で活躍間違いなし!足が速くなる秘訣を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/11/30

更新日 :2020/07/22

「足が速くなる方法」を解説します。一番重要なポイントは、姿勢(フォーム)です。子供から大人まで共通です。

スポーツ選手を見てください。姿勢が悪くて足が速い人はなかなかいません。ゲームやスマートフォンの普及により、現代人はどうしても猫背の人が多いです。

猫背の姿勢だと、地面に力をうまく伝えることができず、早く走ることができません。小学生や中学生の段階から「姿勢」を意識して走ることで、大人になってからも自然とよい姿勢で走ることができます。

目次

スポンサードサーチ

老若男女問わず、子供から大人まで足が速くなる基本を徹底解説!

子供から大人まで足が速くなる基本は、まず「姿勢(フォーム)」を正しくすることです。ポイントは地面からしっかりとエネルギーを得て、前に進むことができる「姿勢」を身につけることです。

では猫背だと走りにどういう影響があるのでしょうか。現代人は、ゲームやスマートフォンの普及で、猫背の姿勢の状態で過ごす時間が長くなっています。猫背だと、骨盤が後傾して足の指が浮いてしまいます。足の指が浮くとかかとに重心がのり、どうしても地面を掴む力が弱まり、地面からエネルギーを得ることができません。小学生や中学生の段階から、「良い姿勢」を意識して走ることを意識しましょう。

良い姿勢は、「肩甲骨を寄せ、骨盤をお起し状態を立たせること」です。肩甲骨を寄せると骨盤が起き上がり、背筋が伸びます。すると顔も上がり、肩、ひざ、足の指が同じラインになり、足の指で地面をしっかり掴むことができます。

リレーや徒競走で大活躍?今すぐできちゃう!足が速くなる方法

良い姿勢」を意識して走るのは基本です。
次に運動会やスポーツ大会のリレーや徒競走で大活躍するために、体をどんなふうに使えばいいのか解説します。
リレーや徒競走では必ず「相手」がいます。相手がいる状況で主に3つのポイントを意識して走れば、大活躍できること間違いなしです。


  • 踏ん張る足を決める!

  • 腕を多く速く振る!

  • 上体の軸を意識して、まっすぐ走る!

踏ん張る足を決める!

まずはスタートダッシュです。スタートダッシュを決めるには、軸足となる踏ん張る足がどちらの足なのか決めて置くことが重要です。

踏ん張る足を決めておくことで、スタートに神経を集中させることができます。逆を言えば、踏ん張る足を決めていなければ、スタートの時点で迷ってしまい、スタートダッシュを成功させることが難しくなります。

例えば、サッカーをやっている子供は、ボールを蹴るときに軸足になっている足が踏ん張る足になることが多いです。

腕を多く速く振る!

次のポイントは、「腕を多く速く振る」ことです。足だけでは速く走れません。速く走るには腕の使い方も重要です。

「腕を多く速く振る」にはどうすればよいか?具体的には、肘を90度に曲げて手の平を開いた状態(パーの状態)で腕を振ります。肘を伸ばしたり、腕を斜めに振ったりせず、肘を90度に曲げてまっすぐ速く振ることが重要です。手の平を開いた状態(パーの状態)で走るとリラックスして走ることができます。

上体の軸を意識して、まっすぐ走る!

最後のポイントは、「上体の軸を意識して、まっすぐ走る」ことです。リレーや徒競走の時には、必ず相手がいます。

相手をなるべく意識せず、上体の軸を意識してまっすぐ走ることで、スタートからゴールまで最短距離を走ることができます。蛇行して走るとそれだけ速く走ることはできません。

相手を意識すればするほど、上体が崩れ、足がもつれたり、転んでしまう人もいます。
ゴールラインよりも5メートル先まで上体の軸を意識して走り切るイメージで「気を抜かず最後まで走り切る」を意識しましょう。

スポンサードサーチ

野球部とサッカー部におすすめの3つのトレーニングを紹介!

野球部やサッカー部におすすめの3つのトレーニングを紹介します。野球やサッカーでは初速が重要です。いわゆる「ダッシュ」です。

例えばサッカー選手では、相手を抜き去る時のダッシュ力、相手に抜かれそうになったときについていくダッシュ力が必要になります。ダッシュ力をつけるためには、どんなトレーニングをすればよいか以下の3点から具体的に紹介します。


  • うつ伏せダッシュトレーニング

  • もも上げダッシュトレーニング

  • 下り坂ダッシュトレーニング

うつ伏せダッシュトレーニング

まず、「うつ伏せダッシュトレーニング」を解説します。うつ伏せダッシュトレーニングは、ビーチフラッグを一人でやるようなイメージです。スタートダッシュを目的としたトレーニングなので、5メートルくらいのスペースで実施できます。

意識するポイントは、両手の脇を締めてスタンバイすること、そしてスタートダッシュの一歩目を意識することです。2つのポイントを意識してトレーニングを週3回実施することで定期的に行いましょう。

もも上げダッシュトレーニング

つぎに、「もも上げダッシュトレーニング」を解説します。ダッシュをするためには、腕をいかに多く早く振り、足を連動させるかが重要となります。

このトレーニングは、その場でもも上げダッシュをするため、省スペースでトレーニングできます。20秒ほどその場でもも上げダッシュし、10秒休憩。それを3セット実施します。ポイントは腕を振ること、足を上げること、そしてスピードを意識してダッシュすることです。ダッシュ力をつけるとともに心肺機能の向上や筋力アップにもつながります。

下り坂ダッシュトレーニング

最後に、「下り坂ダッシュトレーニング」を解説します。下り坂ダッシュトレーニングは、自分の最大スピード以上を体感して走ることができます。

重力に従って走るので、自然と前傾姿勢になります。走るときの姿勢を強制的に体に覚えこませることができます。また自分の最大スピード以上を体感して走ることで、トップスピードの向上にもつなげることができます。

知る人ぞ知る裏技?輪ゴムを使った足が速くなる方法

明日運動会やスポーツ大会のリレーや徒競走があるお父さん!!少しでも子供の前で早く走り、かっこいい姿を見せたくはありませんか?そんなときに使える裏技をご紹介します。この裏技で、一時的にいつもより少し早く走ることができます。

足が速くなる裏技

運動会やスポーツ大会のリレーや徒競走の本番が明日だ!!という時に、少しでも早いタイムで走りたい。少しでも息子にかっこいい姿を見せたいとうお父さんに必見です。

輪ゴムを足の甲に八の字に巻く」これだけで、足が速くなります。実際にどうやるか。下記をご確認ください。

①足首に輪ゴムをつける。
②足首につけた輪ゴムを伸ばして1回ひねる、ひねったら親指に引っ掛ける。

これをするだけです。シンプルです。
足が速くなる理由はこうです。輪ゴムの弾力でつま先が上がります。つま先が上がることで、地面を蹴る力が強くなります。輪ゴムをつけた状態でソックスをはき練習すると、輪ゴムなしでも自然に正しい姿勢(フォーム)が身につき、早く走れるようになります。

「輪ゴムを足の甲に八の字に巻いて走る」だけで、本当に早くなる!?と思った方はいるかもしれません。そんな方、この動画を一度見てください。実際やってみると、輪ゴムをつけない時に比べて足が前に出やすくなります。

スポンサードサーチ

~番外編~

「足が速くなる方法」の番外編です。足が速くなる靴紐の結び方をご紹介します。

特にかかとを安定させるように靴紐を結ぶことが重要です。靴紐をしっかり結ぶことができれば、足が靴にサポートされているように感じが強くなり、安定感が増します。

「ダブルアイレット」という靴紐の結ぶ方について紹介します。かかとがずれにくくなり、安定感が増す靴紐の結び方です。
詳しくは動画をご覧ください。

まとめ

この記事では、「足が速くなる方法」についてご紹介しました。自分自身の状態を知り、本番に向けて「足が速くなる方法」を実践してみましょう。

まずは、姿勢(フォーム)をしっかり体に覚えこませること。正しい姿勢で走ることによって無駄がなくなります。
そして腕や足を正しく使い、「うつ伏せダッシュトレーニング」・「もも上げダッシュトレーニング」「下り坂ダッシュトレーニング」など具体的なトレーニングに取り組む。トレーニングによってダッシュ力をつけましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定