あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
bowling

ボウリングでボールに回転をかける意味は?コツや理想的な回転を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/11/30

更新日 :2020/05/11

ボウリングのプロの投球を見ているとスーっと吸い込まれるように1番ピンと3番ピンの間に曲がっていきますよね。これはボールに回転をかけているからです。

ボウリングでボールに回転をかけてフックボールが投げられると格好いいしスコアアップも望めます。しかし、やみくもに力まかせにボールに回転をかけようとしても上手くいきません。ボールに回転をかけるにはそれなりのやり方とコツがあります。

今回この記事ではボウリングのボールの回転のかけ方、コツについて詳しく解説しています。ボールに回転をかけたいと思っている人は是非参考にしていただきたいと思います。

目次

スポンサードサーチ

ボウリングで回転をかける意味

ボウリングでプロや上級者の投球は例外なくボールに回転をかけています。ボールに回転をかける理由は2つあります。

一つ目は回転をかけることでボールの軌道を曲げるためです。この軌道のボールをフックボールと言いますが、フックボールにすることでポケットと呼ばれる1-3番ピンに3〜6°の入射角で当ててピンを倒れやすくするためです。

もう一つの理由はボウリングの投球は回転を加えることで、ボールがピンにあたった時のピンアクションが大きくなりストライクが取りやすくなります。

つまりボールに回転をかけるのはピンを倒しやすくするためには非常に意味のある事なのです。

回転をかけるコツ

ボールに回転をかけるのは素人には難しそうですがコツをつかむと案外簡単にできます。
ここでは回転のかけ方コツとともに、ピンを倒すためにはどのような回転をかければよいのかを回転数と回転軸を中心に説明していきます。

ボウリングで回転をかけるのにもコツがあります。フックボールと言っても実は横回転をかけているわけではありません。

横回転のことをUFO回転ともいいますが、横回転だとレーンとの接地面が固定されることでほとんど曲がりません。フックボールは回転数だけを上げてもボールは曲がらないと言うことです。

回転はボールとレーンと接地し、オイルが切れたところから摩擦抵抗が発生して程よくフックボールになるような回転が理想的です。動画見ていただくと決して横回転とはなっていないことがわかると思います。

ボールの回転数をあげるとボールのピンを倒す勢いが増しピンを弾き飛ばす力が強くなってストライクが取りやすくなります。

回転数が上がることでよりボールの曲がり方に角度がついて、ピンへの入射角を鋭角にすることが出来ます。

回転を上手くかけるコツ、回転数を上げる方法はこの(↓)動画」が参考」になると思います。

ポイントは、
・リリースする時に手を潜り込ませるようにする
・手首を曲げずに固定する
・バックスィングを大きくする
ことで回転数は上がりやすくなります。

ボールを回転させるには回転軸が重要です。基本的な回転軸は横軸(左右軸)、縦軸(天地軸)、前後軸(ローテーション)の3つの軸があります。次の動画を参考にまずは理解を深めてください。

ボールを曲げるために重要な軸は左右軸と前後軸です。実際のボールの曲がり方はこの二つの軸の組み合わせでほぼ決まります。

大きく曲げる場合は、前後軸寄りの回転軸になっています。つまりボールを曲げるためにはボールに回転をかけるだけでなく、どのような回転軸で回転させるかというところも重要なのです。むしろ回転軸が一番重要と言ってもよいでしょう。

スポンサードサーチ

回転しない人の特徴

回転数を上げようとしていても、なかなかうまく回転させることが出来ない人もいます。その原因のいくつかを紹介しますので参考にしてください。

・バックスィングが小さい
バックスィングが小さいと、ボールが上から下に落ちてくる勢い、つまり重力をあまり使えていません。回転をかけるためには勢いが必要ですが自分の力だけでなくボール自身が持っている力(重力)を利用するのもコツです。

・手首が固定されずに返って(曲がって)いる
手首が曲がっていると、大きく曲げるときの要素である前後軸の回転を上手くさせることが出来ません。

・下半身が安定していない
つい上半身に注目しがちですが安定した投球で回転数を上げるには足のスライドのさせ方も重要です。次の動画も参考にしてみてください。

まずは自分の球質を知ろう!

ボールは回転軸の方向で曲がり方が違うのですが、それは人の投げ方、癖によるところで違ってくるということも言えます。つまり人により球質が違うのです。

自分がどのぐらいの力加減でどのくらい曲がるのかを把握することで、アプローチでの立会位置、リリースポイント、狙い(どの板目、スパットを狙うか?)が決まってきます。

ですから、自分にとって最適な投げ方、フォームを固めてスコアアップを目指すにはまず自分の球質を知ることから始めましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

ボウリングのボールへ回転のかけ方について解説してきました。ボールに回転をかけるフックボールはピンが倒れやすくなりストライクが取りやすくなります。いままでストレートボールだった人も是非回転をかけてスコアアップを目指してフックボールに挑戦してはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定