あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
バドミントンbadminton

初心者必見!バドミントンコートの使い方や競技規則を解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/11/29

更新日 :2019/11/29

ここでは、バドミントンコートについて紹介しています。

バドミントンのコートにはさまざまな名称が付けられていたり、ラインが引かれている特徴があります。

ラインは試合をする上で覚えておかないといけないため、コートについて知識を身につけましょう。

バドミントンのコートの名称について知っておくことで、上級者からの話や指導にもついていくことができたり、会話内容を把握することもできるようになります。

コートについて知っておかないと後々恥ずかしい思いをしてしまいやすいです。

目次

スポンサードサーチ

バドミントンコートに関する競技規則

バドミントンコートの競技規則とは、コートの寸法やラインの本数のことであり、規則に基づいて作られたコートではないと正式な試合をすることができません。
縦の長さが13.4mであり、横の長さが6.1mと決められています。

それ以外のコートではバドミントンを行うことができませんが、大概の場合は正しくライン引きがされています。

ラインはビニールテープなどで記されている場合が多いですが、明るい色が使用されることが好ましく、白色が主流です。

ちなみに暗めの色のラインはNGとされています。

また、ビニールテープの幅も決められており40mmという規則になっています。

コートに関する規則は実際にバドミントンを行っている選手でも知らない場合が多いです。

バドミントンコートの名称

バドミントンのコート名称とは、ラインのことを示している場合が多く、プレイする上で知っておかないといけないことでもあります。

ラインにはそれぞれ名称が付けられており、プレイするためだけではなく、審判をする際にも必要な知識でもあります。

縦のラインの外側からダブルスサイドライン、シングルスサイドラインであり、中央に引かれているラインがセンターラインです。

横のラインの外側がシングルスのロングサービスラインであり、内側がダブルスのロングサービスラインになっています。

ネットに近いラインはショートサービスラインです。

全てで11本のラインが存在しており、それぞれに名称が付けられていますが、一度に覚えうことは難しいため、バドミントンの練習を行いながら覚えるようにしましょう。

スポンサードサーチ

シングルス・ダブルスでのコートの使い方

バドミントンでは、シングルスとダブルスのコートの使い方が異なることを知っているでしょうか。

使用できるコートのサイズも変わってくるため、シングルスからダブルスにも挑戦しようと考えている人は参考にしてください。

シングルス・ダブルスそれぞれの使い方を解説します。


  • シングルス

  • ダブルス

シングルス

シングルスで使用するコートはダブルスで使用するコートよりも狭くなっていますが、一人でコートを守らないといけないため、広く感じてしまう場合が多いです。

外側の縦のラインはシングルスでは使用しないラインであるため、無視して問題ありません。

縦長のコートという認識を持つことでシングルスのコート範囲を把握しやすくなります。

縦に長いため、横よりも上下に揺さぶりをかけられやすく、体力がないとすぐにばててしまいます。

サーブを行う場合は対角にある四角いラインの中に打ち込む必要があり、枠外に出てしまうとアウトになってしまいます。

バドミントン初心者の方はまず、シングルスから始めることが基本であるため、シングルスのコート内容について把握しておきましょう。

ダブルス

ダブルスのコートは、縦に短く、横に長い特徴があります。
シングルスで使用するコートよりも面積が広いですが、コート内に二人いるため、シングルスのようにコートが広く感じてしまうことが少ないです。

上記でも紹介したようにまず、シングルスから試合や練習を行う場合が多く、初めてダブルスに挑戦することコートの範囲が異なることで戸惑うことが多いです。

そのため、ダブルスではシングルスとは違うコートで試合をする認識を持ちましょう。

二人で一つのコートを守ることができるため、守備範囲を狭くなるメリットはありますが、両者の守ることができる範囲に返ってくるとぶつかってしまう可能性もあります。

そのため、ダブルスでは両者の考えをくみ取る能力も身につける必要が出てきます。

まとめ

バドミントンのコートはさまざまな名称が付けられているだけではなく、それぞれに役割があります。

そのため、バドミントンに挑戦する際には、まずコートのことについて把握しておくことをおすすめします。

コートの名称や役割を把握しておくことで快適にバドミントンを行うことができるようになります。

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike