あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
weightlifting

ウェイトリフティング・スナッチの方法をわかりやすく徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/11/27

更新日 :2020/05/11

オリンピックでは第1回のアテネ大会から正式種目として採用されている歴史を持つウェイトリフティング。テレビでも一度は屈強な選手がバーベルを頭上に挙げている姿を目にしたことがあるのではないでしょうか。これがスナッチとよばれる、2種類ある動きの一つです。日頃からジムに通って鍛えている人でもなかなか簡単にできる動きではありませんが、一度コツをつかめばできるようになります。今回はそのスナッチの方法を解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ウェイトリフティングの競技の種類

ウェイトリフティングはバーベルを両手で頭上に持ち挙げて、その重量を競うスポーツです。パワー以外にも、テクニック・スピード・タイミング・バランス・柔軟性などの要素が求められる競技。

選手は、以下に説明するスナッチとジャークとよばれる2種目を各3回ずつ合計6回の試技を行い、各種目の最高重量を合計した記録によって順位を争います。


  • スナッチ

  • ジャーク

床に置いてあるバーベルを頭上まで一気に差し挙げる種目

①床からほぼ垂直方向に引く
②引いた高さ付近の位置で支える
③立ち上がる
④静止する

という一連の動作からなります。

頭上に持ち上げた際に一定時間その状態をキープする必要があります。

スナッチと同様に床から引きあげたのち、

①胸(鎖骨・肩)の位置で一度支持
②脚の力を利用してバーベルを頭上まで差し挙げる

という二つの動作からなります。

体の反動を利用することからスナッチよりも重いバーベルを持ち上げることができます。

スナッチを習得しよう!

どんなにセンスのある人でも悪いフォームが身についてしまうと、なかなか直すのが難しいといわれるスナッチ。逆にどんな人でもコツをつかめば後は練習でフォームを固めれば重量を扱えるようになります。

自身の関節の状態、筋力などを十分理解して、無理のない練習計画を立てることが上達の近道です。

まずは同じような動作のクリーンを習得します。

①バーを持ち、背筋部を緊張させたままジャンプします。バーを持っている腕の筋肉を緩めると、バーが上に放り上げられる感覚をつかみましょう。

②背筋部を緊張させたまま少しだけバーを垂直方向に下ろし、元に戻しながらジャンプします。ジャンプしたら、反動でバーが上に上がるので、肩より上がったら肘を返して、バーを鎖骨の上で維持します。このときの姿勢がスクワットの姿勢にならなければいけないので、そこからフロントスクワットができるのであればいいでしょう。

③背筋部を緊張させたままバーを膝下まで下ろし、さっきと同様、ジャンプした後にバーを鎖骨の上で受け止めます。

クリーンが習得できたら、次はバーを持ち上げた状態に慣れます。できればその状態から屈伸をしてみましょう。バランス感覚を養うことができます。

クリーンとの違いは、スナッチの場合はバーを鎖骨の上で受け止めず、そのまま頭上に挙げるところ。いきなり頭上まで挙げるとケガのリスクが高いので、バーを頭上で持った状態から、バーを下ろすときに肘の動きを覚えましょう。

下ろしはじめのときに、肘を少し前に出しながら目線までバーを下ろし、その位置で肘を返し、バーを下ろします。

その感覚がつかめたら、③の動作でバーを鎖骨で受けるかわりに、頭上まで突き上げます。

スポンサードサーチ

動画で学ぶスナッチのフォーム練習

ウェイトリフティングの選手が実際にスナッチの練習をしている映像です。バーを床から一度胸の前まで挙げて、そこから上に突き上げる動作のときの腕の使い方に特に注目ください。

スナッチの世界記録は?

スナッチは実際にやってみると、ある程度運動経験があったり、日頃から体を鍛えている人でも、上手く頭上にバーを持っていくことすら難しく、頭上でバランスよくバーをキープするには柔軟性も求められます。

一体世界記録はどれほどの重量なのでしょうか。

現在世界記録を保持するのは、ラシャ・タラハゼ選手。今年、地元のジョージアで行われたヨーロッパ選手権において、218キロを持ち上げました。

理論上、体重が重い方がより重い重量を持ち上げるのに有利なので、最重量の105キロ超級のタラハゼの記録が全階級の中でトップです。

なお、現在の階級別世界記録は56キロ級で139キロ、62キロ級で154キロ、69キロ級で166キロ、77キロ級で177キロ、85キロ級で187キロ、94キロ級で189キロ、105キロ級で200キロとなっています。

スポンサードサーチ

まとめ

重量挙げは自分の記録を塗り替えるおもしろさがあり、結果が数字に現れる楽しさがあります。

ただ、今回紹介したスナッチのように、コツをつかむまで時間がかかり、正しいフォームで行わないとケガのリスクが伴います。

練習はきちんとフォームが確認できる環境を用意することがおすすめです。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定