あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
billiards

ビリヤードのタップとは!?タップの解説とおすすめメーカーを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/12/03

更新日 :2019/12/03

みなさんはビリヤードのタップを知っていますか?
ビリヤードのタップはキューの先端の部分のことを呼びます。

ビリヤードをする上で、一番気にしないといけない部分で、タップの悪いキューで球を打つと、上手くコントロールできなかったり、悪い打感になります。
タップはキューの部分の中で、唯一球に触れる場所です。
メンテナンスや交換が日々、必要になってきます。
そんなタップの選び方や、交換の仕方をまとめました。

ぜひ、参考にしていただきたいと思います。
ビリヤードを楽しくプレイするためにも、タップのことを詳しく知っておきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ビリヤードのタップとは

ビリヤードのタップとは、日本では「タップ」と呼ばれますが、海外では「ティップ( tip )」と呼ばれます。呼びかたはどちらでも良いので、好きな方で良いでしょう。

ビリヤードをする時に使うパーツのひとつで、キューの先端につけられる厚さが5mm〜9mmで直径が9mm〜14mmと小さいものです。
素材は革や合成樹脂などのものが多く、主にビリヤードで球を打つ時のミスを減らしてくれる役割を果たしてくれます。
上級者になると、球に回転を与えたりと高度な技を使うのですが、球に回転を与えることでも役立ちます。

タップの種類

ビリヤードのタップは種類は大きさ、厚さだけでもたくさんあって、どれがいいのかわからないですよね。もしかしたら、「ビリヤードのタップって種類あるの?」という人もいるかもしれません。
ここでは、ビリヤードのタップの主流でおすすめな3つを紹介します。
参考にしてもらえると嬉しいです。

タップの主な3つの種類を解説します。


  • 一枚革タップ

  • ブルータップ

  • 積層タップ

一枚革タップ

1枚革タップを解説していきます。
1枚革タップは昔に良く使われていましたが、今ではほとんどの人が使っていません。厚さのある牛の革で作られるのですが、生産が困難になっています。

当たり外れがあるのが、1枚革タップの特徴と言えるでしょう。
良いものはすごい使いやすいですが、悪いものはとことん使いにくいです。
タップはキューに付けて、打ってみないと自分に合っているのかどうかわからないので、とことん集めてみて合うタップを探さないといけません。
メリットは、ひとつひとつのタップに個性があり、自分だけの使いやすいタップを見つける楽しさがあることです。
このような渋さが好みである人はぜひ、1枚革タップにしましょう。

ブルータップ

ブルータップの解説をしていきます。
まず、「ブルータップはなぜ青いの?」と疑問に思いますよね。
なぜ青いのかというと、「なめし」と呼ばれる作業をして、丈夫な革を作るのですがブルータップでは、なめし方法が「クロームなめし」になります。
クロームなめしを行うと薄い仕上がりになります。薄く仕上がることで、染色をしやすくなるということです。他に「ベジタブルタンニンなめし」というなめし方法があり、このなめし方法は濃い茶色に仕上がるので、染色がほとんどできなくなります。
クロームなめしをするとクロムイオンの色がたくさん出るので、ブルータップは青色になっているのです。
ブルータップは柔らかいものが多く、メリットとしては、柔らかいと球を打った時に多少のズレは気になりません。ですが、強めのショットが打ちづらくなるデメリットもあります。

積層タップ

積層タップの解説をしていきます。
積層タップは薄い豚革を数枚重ねて作られます。
現在のビリヤードプレイヤーが最も使用しているタップであり、性能も優れている優秀なタップです。

使っているとタップを交換しないといけなくなるのですが、交換した時に、同じ商品を購入しても違う感覚になり、前のタップの時と同じ感じでショットが打てなくなります。そうなるとかなり厄介ですよね。
ですが積層タップは、安定しておりほぼ同じ感覚でショットを打つことができるので、ビリヤードを結構な頻度でする方や大会などにでられる方などの安定したショットが必要な方におすすめです。

スポンサードサーチ

タップの人気おすすめメーカー

タップのメーカーについて解説していきます。
メーカーによって、特徴や性能が大きく異なるので、タップを選ぶ時にはメーカーは重要になってきます。
タップのおすすめ人気メーカーを紹介、解説していますので、ぜひ参考にしてください。

タップの人気おすすめメーカーを以下の3つのポイントから解説します。



  • KAMUI

  • G2

タップメーカーの斬について解説していきます。
斬は日本はもちろん、世界のビリヤードプレーヤーなども使っているハイクオリティーで積層のタップです。
湯山プロが作られているメーカーで、湯山プロ自身が使いやすいタップを作っているそうです。
その中でも「ハイブリッドマックス」が人気があり、パワーや打感、コントロール性とバランスのとれたオールマイティのタップになっています。
湯山プロも普段はハイブリッドマックスを使っているそうです。

KAMUI

タップメーカーのKAMUIについて解説していきます。
KAMUIは豚革の積層タップです。
比較的、他のメーカーよりも柔らかいタップで、もっちりとした質感でもあります。
年々、硬くなってきているとの噂ですが、まだまだ充分に柔らかい質感を守っています。
柔らかいタップは球を捉えやすく、打ちやすいのが特徴です。初心者から上級者の方まで幅広く使用されています。
ビリヤードを始めようとしている人にはKAMUIがおすすめです。
最初は中々、球を捉えるとこは難しいですから、タップに助けてもらいましょう。

G2

タップメーカーのG2について解説していきます。
G2タップは近年ですごく人気のある豚革積層タップです。

G2タップの特徴として、グリップ力がすごくて、特殊な溶剤をタップに浸透させています。
球との接触面のRを守ってくれるので、耐久性にも優れています。
チョークのノリが良いのも特徴で、質感にすごくこだわっているのがわかります。
日本での販売は最近でできるようになり、注目のタップになっています。
新しいタップに変えようと思っている人は、ぜひお試しあれ。

タップの選び方

タップの選び方について解説してきます。
特に重要な硬さ、価格、メーカーに分けて、解説しますので、初めて購入する人やタップを交換しようと思っている人はぜひ参考にしてください。
きっとタップを選ぶ時の手助けになるでしょう。

タップの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 硬さ

  • 価格

  • メーカー

硬さ

タップを購入するにおいて、硬さは非常に大切です。

硬いタップと柔らかいタップがあるのですが、最終的には人それぞれ好みで選ぶのが良いでしょう。
基本的には、硬いタップの方が引き玉をコントロールしやすくて、柔らかいタップの方は、押し玉がコントロールしやすいです。
初心者の方は、硬さが中間のタップのバランス型を選ぶのが良いですよ。徐々に慣れてきて例えば、押し玉が得意かなと思ってきたら柔らかいタップに変えていくのがおすすめです。

価格

やっぱりタップを購入する時は、「値段はいくらなの?」と疑問に思いますよね。

最近のタップの平均値段約は2000円だと言われています。
昔は1000円くらいのタップで、すごく高価なタップでしたが、最近は性能が良いタップがたくさんあるので、妥当な値段なのではないでしょうか。
最初はお店のスタッフに聞いてみるだとか、ビリヤードを教えてもらっている先生に聞いてみるのが良いです。
ですが、高価なタップが良いかはわかりません。一番は自分にあったタップが良いですから、探してみましょう。

メーカー

次にタップのメーカーで選ぶ場合ですが、安心できるメーカーを選びましょう。
大手メーカーが無難だと思います。
おすすめは、先程紹介した"斬"や"KAMUI"です。
タップは同じメーカーの同じ品番のタップでも硬さや形にまったく同じものはありません。
ひとつひとつ違うのですが、タップを交換した時に硬さなどにあまりにも大きな変化があると、球を打つ時に前と同じ感覚では打てなくなります。
大手メーカーだと同じ品番のタップでもあまり変化がなく、不良品も少ないので、おすすめです。

スポンサードサーチ

タップのメンテナンス

タップのメンテナンスについて解説していきます。

タップはビリヤードをプレイしていると、どんどん丸く小さくなっていきます。
丸く小さくなったタップでビリヤードをすると、良い球は打てません。
タップを交換する必要があります。
タップ交換のやり方をまとめているので、参考にしてみてください。

タップを外す

まずは丸く小さくなったタップを外します。
外し方は簡単に言うとカッターで切っていきます。
タップを切る場所は、接着面から少し距離を取り、カッターを動かすのではなく、シャフト部分を回して、タップを切るのがポイントです。

先角の水平出し

大まかにタップを切った後は、残ったタップ切って、水平出しをしていきます。
先角の水平出しのポイントはゆっくりと徐々に水平にしていくことです。
やり方は、タップカッターのフェラルシェーバーと呼ばれる機器を使って、回して削っていくイメージです。
こまめに中をみないと、削りすぎてしまうので注意してください。
最後はサンドペーパーで仕上げていきます。この時もシャフト側を回すことを忘れずに。
水平のところに立ててみて、隙間がなければOKです。

タップの水平出し

先角の水平出しが終わったら、交換するタップの水平出しです。
タップもサンドペーパーを使って、水平にしていきます。
サンドペーパーを台などに置いて、横や縦に削るのではなく、円を描くように削るのがポイントです。
円を描くように削ることで、均等に削ることができます。

タップの接着

水平出しが終わったら、タップをシャフトにくっつけていきます。
まず、先角を接着剤から守るために、先角にセロテープを巻いてください。
そしたら先角に接着剤を適量塗り、タップをくっつけます。
タップの位置を調整し、キュークランプで固定し、接着剤が乾くのを待ちます。

タップの側面削り

接着剤が乾いたら、固定していたキュークランプを取り外し、タップの側面で出ている部分を削っていきます。
ナイフやカッターなどでシャフト側を回しながら、削っていきます。
タップカッターの側面削りようの穴があるので、挿入して強く押し込みます。
そして、タップカッターマニアの側面削り用の穴に挿入して、シャフト側と回しながら削っていきます。
仕上げに紙やすりできれいにしていきます。

タップのR出しとナメシ

棒ヤスリでタップの角をシャフトを回しながら落としていきます。
ゆっくり丁寧にしないと、一箇所だけが深く削れてしまうので注意してください。

次にツバを塗っていきます。自分のツバを指につけて、シャフトを回しながら塗っていきます。
革用の油などがありますが、一般的に人のツバが良いとされています。
最後にチョークでタップを塗ったら完成です。

ビリヤード関連グッズ

ここまで、ビリヤードのタップについて解説してきました。
ビリヤードをやったことがある人もそうでない人も興味を持ったのではないでしょうか?
そこで、よりビリヤードを楽しむための関連グッズを紹介します。

HLC ビリヤードテーブル

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ちょうどサイズのビリヤードで場所をとらずまた折り畳み式で、家庭で気軽にできるセットです。 本物さながらの感覚でプレイできます 。子供から年配者まで幅広い年齢層のプレイヤーにお楽しみ頂けます 。組立簡単! すくにお楽しみいただけます。折り畳み式なので収納に困りません。

ビリヤードCUE'S(キューズ)

Amazonで見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る

ビリヤードの最新情報や芸能人を交えての特集などを掲載している雑誌です。ビリヤードの情報は、テレビなどで放送されることが少ないので貴重な情報源となるでしょう。また、DVDも付録としてついているのでとても理解しやすいと思います。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか?タップについて、正しい知識を養えたと思います。ビリヤードは、知れば知るほど深いスポーツです。この記事をきっかけに、ビリヤードについてもっと勉強してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike