あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
dance

ダンススポーツとは?特徴やルール、評価基準など徹底解説【社交ダンスとの違いも!】

スポシル編集部

公開日 :2019/11/21

更新日 :2020/05/11

ダンススポーツとは、華やかな衣装に身を包んだ男女のペア達が、
ダンスのテクニックや芸術性を競い合う、競技スポーツです。

社交ダンスから発展したダンススポーツは、豪華な衣装や髪型の雰囲気から、
優雅なイメージを連想するかも知れません。

しかし、ダンススポーツでは、想像以上に高いスポーツスキルが要求されています。

高度なダンス技術はもちろん、高い運動能力や集中力など、肉体面・精神面において、
他のスポーツに劣りません。

ここでは、ダンススポーツの種類やルールなどについて紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ダンススポーツとは?社交ダンスとの違い

ダンススポーツとは、社交ダンスを基本として発展した、スポーツ競技です。

ダンススポーツでは、ダンスの高度な技術や芸術性はもちろん、肉体的な鍛錬や運動能力、
集中力など、体力・精神面ともに、高いスキルが求められています。

では、ダンススポーツと社交ダンス、2つの違いは何でしょうか?

2つの違い、それは、ダンスの「目的」です。

ダンススポーツは、勝負を目的とし、男女のペア達が、ダンスの技術や表現力などを競い合う、
スポーツの一種です。

対して社交ダンスは、競い合う事が目的ではなく「社交」が目的で、男女のペアが、
ダンスを通して交流を楽しむものです。

ダンススポーツのルール

ダンススポーツとは、男女がペアになり、お互いのダンス技術を競い合う、競技スポーツです。

では、ダンススポーツにはどのようなルールがあるのでしょうか?

ダンススポーツの主なルール、3つの種類について解説します。
年齢区分
種目
減点ポイント

ダンススポーツの競技会では、年齢区分が設けられています。

年齢区分は、ダンススポーツの大会によって多少の違いがありますが、
代表的なものは、以下のようになります。

11歳以下のジュブナイル
12歳~15歳のジュニア
16歳~18歳のユース
21歳以下のU-21
年齢制限なしのアダルト
30歳以上のシニア

また、それぞれの年齢区分はさらに細かく分かれていて、30歳以上のシニアには、60歳以上や、
なんと、70歳以上の年齢区分まであります。

年齢区分がある事で、競う相手は、体力面においてほぼ平等と言えますね。

ダンススポーツは、音楽のジャンル別に、スタンダード(モダン)ラテンアメリカン
大きく2種類に分かれています。

さらにそこから、スタンダード(モダン)5種目、ラテンアメリカン5種目の、
合計10種目で構成されています。

《スタンダード(モダン) 5種目》

ワルツ
 3拍子のゆっくりしたテンポで、優雅な曲調に合わせて踊ります。
 スローワルツとも呼ばれています。
 
タンゴ
 音楽、ダンスともに情熱的で力強く、他の種目と比較して、アクセントが非常に強いダンスです。

ヴェニーズワルツ 
 ウィンナーワルツとも呼ばれており、ワルツと比べるとテンポが早く、
 くるくると回転しながら、流れるような動きで躍ります。

スローフォックストロット
 スローとも呼ばれていて、緩やかで流れるような動きが特徴です。
 ワルツと躍り方が似ていますが、ワルツと比べて回転が少なくなっています。

クイックステップ
 テンポが速い軽快な曲調で、滑らかに流れるように踊ったかと思うと、
 跳んだり跳ねたり走ったりと、元気が出るダンスです。

《ラテンアメリカン 5種目》

チャチャチャ
 軽快で歯切れの良い、4拍子の音楽で、スピード感があります。
 メリハリがあるダンスで、素早く動くことが特徴です。

サンバ
 妖艶な動きで弾むように躍り、腰の動きが美しいダンスです。
 躍りにキレとスピード感があります。

ルンバ
 スローリズムでムードがあるダンスです。
 男女の恋の駆け引きや、愛の育みを表現していて、
 ラテンアメリカン種目の中では、最もゆったりとしています。

パソ・ドブレ
 スペインの闘牛をイメージしたダンスで、男性が闘牛士、
 女性がケープ(闘牛で使用する大きな赤い布)や牛を演じます。
 フラメンコの要素もあるパソ・ドブレは、力強く勇ましい動きが特徴です。

ジャイブ
 スイングという振り子の動きを使った、ラテンらしく陽気なダンスです。
 跳んだり跳ねたり、足を蹴ったりと、明るく楽しい雰囲気があります。

スポンサードサーチ

ダンススポーツの減点ポイントとは

ダンススポーツの審査では、評価基準に基づいて総合点を競うほか、
7つの減点ポイントがあります。

転倒
 自責による転倒。

演技の中断
 5秒程度以上の演技の中断。
 怪我や体調不良により、治療が必要な場合(メディカルタイムアウト)は、減点対象に含まれません。

競技(曲)の中断
 自責によって、靴や衣装が不適切、または危険な状態になった場合。

長時間中断
 途中棄権などで、長時間演技をしなかった場合。

ドレスコード違反
 服装違反。

妨害
 グループ競技のみに適用され、マナー違反などによる他選手への大きな妨害行為や、
 故意による妨害行為があった場合。

エラー
 つまづきやフラつき、ステップミス、バランスロスなどの演技におけるミスや、
 場外で演技をしたり、リフトを行う、演技の開始時間や終了時間がずれてしまうなど、
 規定に反する行為を行った場合。
       
7つの減点ポイントは一般項目と呼ばれ、自責によるミスがあった場合に、その都度減点されます。

ダンススポーツには階級もある?

ダンススポーツには、実は階級もあります。

公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)の階級には、
ダンススポーツ競技会における競技者級認定制度と、技術認定制度の2種類があります。

競技者級認定制度は、ダンススポーツ競技会の、成績に応じた級別です。

1)一般級別競技・・・A~D級、1~3級
2)シニア級別競技・・・シニアⅠ~Ⅳ(A~D級)

技術認定制度は、技術認定会の受験者に付与されます。
競技会には参加しないけれど、自分がどの程度のレベルなのか知りたい、
また、技術を伸ばしたいと考えている人向けの制度です。

1)グレードコース・・・6段階(G6~G1)12区分
2)ハイグレードコース・・・6段階(HG6~HG1)40区分

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか?

カラフルで華やかな衣装と、華麗なダンスの見た目とは違い、かなり本格的なスポーツである、
ダンススポーツ。

知れば知るほど、奥が深いですよね。

この機会に、一度ダンススポーツの世界に飛び込んでみませんか?

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定