あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
judo

最も有名な投げ技背負い投げについて基本的な投げ方やコツを解説

スポシル編集部

公開日 :2019/11/27

更新日 :2020/06/24

日本のお家芸ともいわれる柔道では、2020年東京オリンピックでも日本選手の活躍が期待されますね。

柔道には色々な投げ技がありますが、投げ技の中の一つの背負い投げは、漫画やドラマの主人公の得意技としても描かれるように見栄えのする豪快で格好いいい技です。

実際の柔道の試合でも、たくさんの選手が得意技として使い、柔道をしていない人でも一度は耳にしたことがある最も有名な投げ技の一つでしょう。今回背負い投げについて基本的な技のかけ方、コツを詳しく解説しています。

目次

スポンサードサーチ

柔道の概要

柔道は日本古来の武術「柔術」をもとに1882年(明治15年)嘉納治五郎が講道館柔道として創設したのが始まりです。古来の柔術をもとにただ相手を制するためだけでなく、人間形成も目的とした武道として教え始め今や世界へ広がっています。

オリンピック競技でもある柔道は、畳の上で試合が行われる競技であることはご存知の方は多いと思います。柔道では体重差によるハンデをなくすために体重別に試合を行います。国際ルールでは7階級に分かれておりその階級は以下の通りです。ちなみに全日本柔道選手権では、体重のハンデ一切なしの無差別級があります。
■男子の階級
100kg超級 100kg級 90kg級 81kg級 73kg級 66kg級 60kg級
■女子の階級
78kg超級 78kg級 70kg級 63kg級 57kg級 52kg級 48kg級

柔道の試合時間は4分間で、基本的には時間内に技をかけて一本を取るか4分間戦って技ありのポイントが上回る方が優勢勝ちとなります。現在の最新ルールでは指導の数は3回取られて反則負けするまでは勝敗に関係ありません。

4分間で勝負がつかない場合は、時間無制限の延長戦で指導や技ありのポイント取った時点で勝負がつきます。指導は延長前の回数延長戦にも持ち越され累積で3回目をとられた時点で勝負がつきます。

一本になるための条件は、以下のいずれかです。
立ち技で相手の背中をつける。
※背中ではなく肘やしりもちの場合は技あり
寝技で20秒間抑え込む。
※10秒以上20秒未満では技あり
・技ありを2回取る(合わせ技一本)。
締め技や関節技で相手が「参った」をする。

一本や優勢勝ち以外では指導が3回、もしくは禁止されている技を仕掛けるなど重大な違反行為をすると反則負けとなり勝負がきまる場合もあります。

この記事では一本を取るためによく使われるオーソドックスな投げ技である背負い投げについて解説していきます。

背負い投げのやり方

背負い投げは立ち技の一つで、投げ技とも言います。では基本的なやり方を動画を見ながら確認していきましょう。

背負い投げに限らず技をかけるには組手が重要です。まず右手で相手の前襟(釣り手)、左手で相手の右腕の袖(引き手)を持ちます。

次に釣り手と引き手で相手の態勢を崩しながら、膝を曲げて姿勢を低くして釣り手をたたんで相手の右わきに入り込みます。

このとき右足を、相手の右足方向に前に出します。引手は相手の袖を持ち右わきにスペースを作るようにし、相手の右手を上方向にあげてそのスペースに釣り手を潜り込ませるようなイメージです。

右わきに入り込むと同時に体を回転させて、相手を背中に乗せる様にして投げの態勢に入ります。この時釣り手の手首を打ち側に丸める様に力を入れることがポイントです。

最後に、投げるときには同時に引手の肘を外に肘打ちするような感じで引き、曲げたひざを伸ばす反動を利用して相手の体を浮かすようにして投げます。

スポンサードサーチ

背負い投げのコツ

次は実践で相手を投げるための背負い投げのコツを解説します。投げ技は相手を投げるだけに力が入りそうですが、力任せに投げようとしても上手くいきません。コツをつかめば相手の力も利用してスムーズに投げられます。

井上康生選手の背負い投げを紹介!

・崩し
崩しは相手を前後左右に重心を崩すことを言います。重心を崩された相手が立て直す反動を利用することであまり大きな力を使わずに投げることが出来ます。動画でも技に入る前に、釣り手と引手を使い相手を下方向に崩していますよね。

・スピードとタイミング
スピードと言っても速く技をかけるということではなく、懐に入るスピードが重要と言うことです。またタイミングを図り、相手を“崩し”て重心が崩れたタイミングで投げに入ることも背負い投げのコツです。タイミングがあわないと、簡単に技を外されたり返し技をかけられたりしてしまいます。

・釣り手の位置と使いかた
釣り手の位置は相手の前襟の鎖骨あたりを持つのがコツです。釣り手の位置を下に落とされると、技から逃げられたり返し技をかけられたりすることもあるためしっかり上に持ち直しましょう。釣り手はただ握るだけでなく、内側に丸め込むように使うと相手に力が伝わりスムーズに背負い投げが出来ます。

背負い投げの種類

背負い投げには多くの種類があると思われている人もいるかもしれませんが、実は双手背負い投げと一本背負いの2種類しかありません。柔道の試合では。組み手争いや複雑な動きのなかで技をかけに行くため種類が多いと感じるのです。

ちなみにいままで解説してきた背負い投げは双手背負い投げになります。双手背負い投げは立って技をかける立ち背負いが基本です。低い姿勢の相手に対し膝をついて投げる片膝背負いや両膝背負いもありますが、まずは基本の立ち背負いを覚える方が良いでしょう。

一本背負いは、釣り手は道着をもたずに肘の内側を相手の脇に入れて腕をロックした状態で投げる技です。釣り手で道着をもたないため、相手の一瞬のスキを突き組手争い中にも技を仕掛けることができます。

一本背負いの変形としては、釣り手を引手の様に使い片襟だけをもって反対方向に回転して投げる逆背負い投げがあります。また、同じ片襟で強引に背負い投げに持っていく韓国投げと言う投げ方もありますが、こちらは危険と言うことで禁止技となっています。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい


  • 柔道の人気の投げ技の一本背負い投げのやり方やコツについて徹底解説!


  • 柔道の投げ技をわかりやすく動画付きで徹底解説!


  • 【柔道のルール】2018年のルール改正で何が変わったの?


  • 【柔道】これでばっちり!帯の正しい結び方


まとめ

背負い投げの投げ方やコツを解説してきました。背負い投げは自分大きな相手でもコツをつかめば投げられます。そこが背負い投げの魅力ですが、練習無しで一朝一夕に習得できるものではありません。背負い投げを習得するには今回の記事を参考にしっかり練習励んでください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定