あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
golf

テーラーメイドのおすすめウェッジ人気15選!価格帯や選び方も解説

スポシル編集部

公開日 :2019/11/06

更新日 :2020/06/25

「テーラーメイド」という名前を聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか。

ゴルフギアの知識もある程度ある経験者であれば「ドライバーなどウッド系が強いメーカーでは?」という印象ではないでしょうか。

確かに、テーラーメイドは、プロからも厚い信頼を寄せられるドライバーなどのウッド系クラブを何本も世に放ってきました。

しかし、それだけではなく、テーラーメイドはウェッジでもとても実績のあるゴルフメーカーです。

この記事では、テーラーメイドウェッジの特徴や、おすすめのウェッジ15本を紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

テーラーメイドのウェッジの基本情報

まずは、テーラーメイドのウェッジの基本情報を紹介しましょう。

テーラーメイドのウェッジはどのような特徴を持つのか、価格帯はどの程度なのかといった購入の際に気になるポイントを解説します。

  • テーラーメイドのウェッジの特徴
  • テーラーメイドのウェッジの価格帯
  • テーラーメイドのウェッジはこんな方におすすめ!

テーラーメイドのウェッジの特徴

まずはテーラーメイドのウェッジが持つ特徴を紹介します。

一番大きな特徴としては、数多くのプロが実戦で使用しているように、とても高いクオリティを持っているクラブだという点です。

テーラーメイドのウェッジは、日本ツアーはもとより、ヨーロッパやアメリカなど、世界中のツアーで実践投入されています。

テーラーメイドのウェッジは、過去何シリーズもの製品が発売されましたが、新製品が開発発表されると契約しているプロは即実践投入したというエピソードもあります。

このようにプロでも即惚れこむクオリティの高さがテーラーメイドウェッジの魅力であり特徴です。

テーラーメイドのウェッジの価格帯

続いては、テーラーメイドウェッジの価格帯について紹介します。

購入する際に一番気になる点が価格帯ですよね。

特にゴルフクラブは安い買い物ではないため、特に慎重に選びたいところです。

テーラーメイドウェッジの現在の価格帯は、最新モデルの新品で、1万5千円から2万円程度になっています。

最新モデルが欲しい人は、2万5千円程度の予算で検討すれば、まず問題ありません。

そしてゴルフクラブは、新製品の登場頻度が速いため、1つ前のモデルは1年経過すると価格が大きく下がり、1万円程度で新品が購入できる場合もあります。

テーラーメイドのウェッジはこんな方におすすめ!

テーラーメイドのウェッジは、グリーン周りのショートゲームにおいて、信頼のおけるクラブを選びたいという本格的なゴルファーはもちろん、ミドルレベルのゴルファーにもおすすめできます。

プロからも称賛されるスピン性能や、クラブの扱いやすさは、上級者でも十分満足できる性能を有しています。

そして何より、デザインもカッコよくこだわったクラブが多く、ギアマニアと呼ばれるゴルファーにもとてもおすすめです。

バッグに入っているだけで絵になるようなクラブでもあります。

テーラーメイドのウェッジの選び方!

続いては、テーラーメイドのウェッジを選ぶ時の選び方をのポイントを紹介します。

特にクラブの知識があまりないという人は、選ぶときの基準が絞れず、なかなかクラブの候補が決まらないというケースも少なくありません。

今回は、クラブ選びのポイントの中でも3つのポイントに絞って紹介します。

テーラーメイドのウェッジの選び方を以下の3つのポイントごとに解説します。

  • ロフト角
  • バウンス角
  • デザイン

ロフト角

まず最初に選ぶポイントになるのは、「ロフト角」です。

ロフト角は、クラブヘッドが、地面に対してどれだけの角度がついているかを示す値で、数字が大きくなるほど地面と平行に近くなります。

ウェッジの一般的なロフト角は52度や56度、58度ですが、一概にこれらのロフト角を選んでしまうのは安易な選択です。

例えば、自分がグリーン周りで転がしのアプローチを多用する場合は、ロフトがついた58度や60度のウェッジを複数入れていてもあまり意味はありませんよね。

この場合はロフトの少ない50度を1本、バンカー用の56度を1本というような設定になるでしょう。

そして、ウェッジを複数入れる場合は2度刻みで入れるのが一般的です。

もしすでにウェッジを持っている場合は、そのウェッジのロフト角も頭に入れたうえで新しいウェッジを選ぶ必要があります。

まとめると、自分のプレースタイルと、キャディバッグの他のウェッジの兼ね合いを見て、そのうえで適切なロフト角のウェッジを選ぶ必要があります。

バウンス角

2つ目の選ぶポイントは、「バウンス角」です。

ロフト角の陰に隠れて、あまり注目されませんが、これも大切に数字になります。

バウンス角は、リーディングエッジからどれだけソールが出っ張っているかを示した数値です。

バウンス角が大きなクラブは、ヘッドがより滑りやすくなります。

そのため、ハンドファーストに構えて、ボールに対して、鋭角にクラブを入れたい人や、ダフリのミスが多い人におすすめです。

対して、バウンス角が小さなクラブは、ヘッドのすべりやすさは少なくなりますが、ハンドファーストではなく、クラブを垂直に近い角度で構えたい人や、バンカーでの飛びすぎを防ぎたい人は、バウンス角が小さなクラブがおすすめです。

デザイン

最後の選び方は「デザイン」です。ゴルフクラブは、機能面もとても大切ですが、次に大切な項目の1つにデザインが挙げられます。

ここでのデザインとは、クラブヘッドのデザインなどのショットへの影響が大きいデザイン、そしてクラブの色使いなど、装飾的なデザインの2つです。

まず、クラブヘッドのデザインですが、これは構えた時に自分が違和感なく構えられたら、それは自分に合っているデザインになります。

もし、アドレス時にボールではなく、クラブヘッドの方に意識が向いてしまい、なにか違和感があれば、そのクラブは合わない可能性が高いです。

そして2つ目のデザインは装飾的なデザインです。

特にテーラーメイドのウェッジは、ノーマルなクローム仕上げのほかに、引き締まったブラック仕上げ、カッパー仕上げなど、様々なバリエーションがあります。

このような観点で選ぶ楽しみも、テーラーメイドのウェッジにはあるのです。

スポンサードサーチ

テーラーメイドのウェッジ人気おすすめ15選

ここからは、テーラーメイドから発売されているおすすめのウェッジを15選紹介します。

今年に入ってから発売された最新モデルはもちろん、少し値段が手ごろになってきた旧モデルも紹介します。

様々なクラブを見て知って、気になるクラブがあればぜひショップで試してみましょう。

テーラーメイド(TAYLOR MADE) MILLED GRIND 2 WEDGE

Amazonで詳細を見る
ヘッド仕上げ Heavy Tour Satin Finish
ライ角 64

前作よりも性能がました最新モデル

1つ目のおすすめウェッジは、「テーラーメイド(TAYLOR MADE) MILLED GRIND 2 WEDGE」です。

2019年に発売された最新モデルで、すでにタイガーウッズをはじめとする世界各国のプロゴルファーがこぞって使用しているウェッジです。

MILLED GRIND 2では、フェースのグルーブ面から、メッキ加工を完全に排除しました。

これによりフェース面でボールが滑るのを防止し、最大限のスピン性能が発揮される工夫が凝らされています。

さらに、前作よりもフェース面をやや肉厚に設計し、さらに打感と打音の向上を図っています。

テーラーメイド(TAYLOR MADE) サンドウェッジ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ヘッド仕上げ Aged Copper Finish
ライ角 64

スピンが安定して入るような設計なのでグリーン周りの強い味方

2つ目のおすすめウェッジは「Taylormade テーラーメイド ゴルフMILLED GRIND HI-TOE WEDGE」です。

製品名にハイトゥと記されている通り、このウェッジは、クラブの先端、トゥ部分の高さを高く設計しています。

これは、重心位置をクラブの上部に移動させる目的で、これにより、ボールの出だしは低く、そして、キュッと地面を噛むようなスピンが安定して入るような設計になっています。

どんなライからでも安心して打てるグリーン周りの強い味方です。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) MILLED GRIND BLACK

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ライ角 64度
グリップ TM Tour Velvet 60R/径60/約49.5g/

性能とデザインを追求したウェッジ

3つ目のおすすめウェッジは「TAYLOR MADE(テーラーメイド) MILLED GRIND BLACK ウェッジ」です。

性能面では、MILLED GRINDと大きな違いはありませんが、これは、ウェッジを選ぶポイントでも紹介したように、デザインにこだわって選びたい人にぜひおすすめしたい1本です。

ウェッジらしからぬ引き締まった黒いデザインは、よりヘッドをシャープな印象に変えてくれます。

ボテッとしたヘッドよりも引き締まった印象のヘッドが好きな人はぜひ一度試してみてください。

テーラーメイド MILLED CHROME GRIND

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ヘッド仕上げ Tour Satin Nickel Chrome Finish
ライ角 64

重心位置が下げられる特徴があるのでボールの上がりやすさがアップ

4つ目のおすすめウェッジは「テーラーメイドゴルフ(TaylorMade Golf) ミルドグラインド ウェッジ」です。

まずミルドグラインドウェッジのヘッドデザインに注目すると、スルーボア形状になっています。

これは、シャフトがヘッドを貫通しているデザインであり、より重心位置が下げられる特徴があります。

これにより、ボールの上がりやすさや、ミスへの寛容性がアップしています。

また、リーディングエッジなどの各パーツをコンピュータで削り出しており、1本1本の形状の誤差を限りなく小さくしています。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ATV ウェッジ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 52
ライ角 64

従来のモデルよりも溝幅を広げているのでどんな状況でも安定したスピン性能が得られる

5つ目のおすすめウェッジは、「TAYLOR MADE ATV ウェッジ 軟鉄ヘッドモデル」です。

製品名に入っている「ATV」とは、「All Terrain Versatility」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと、全ての地形に対応するという意味になります。

つまりどのような状況、ライであってもゴルファーの思い通りに操作できるクラブという意味が込められています。

さらに従来のモデルよりも溝幅を広げており、よりボールにクラブが喰いつき、どのような状況でも安定したスピン性能を得られます。

テーラーメイド(TAYLOR MADE) M GLOIRE

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 47・53
ライ角 63.5

Mグローレのウェッジで安定したボールフライトを実感

6つ目のおすすめウェッジは、「TaylorMade M GLOIRE IRONS #AW」です。

飛距離性能と優しさで話題になった Mグローレのウェッジで、距離感が合わせずらい100ヤード以下の微妙な距離でも、安定したボールフライトを得られます。

ヘッドには「リブコアエイチ・ティ」というテクノロジーを採用し、ボールへのエネルギー伝達率を最大化しており、ミスヒットの際にも飛距離のばらつきが最低限で留まるように工夫されています。

テーラーメイド(TAYLOR MADE) M6

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 AW/49 SW/54
クラブ長さ AW/36 SW/35.75

安定した高弾道なショットが打てるウェッジ

7つ目のおすすめウェッジは「テーラーメイド M6 ウェッジ AW SW」です。

安定した高弾道なショットが打てるM6アイアンのアプローチウェッジと、サンドウェッジです。

M6の特徴としては、「スピードブリッジ」という技術を採用している点です。

スピードブリッジは、フェース面をより薄くしても耐久性が得られる効果があり、フェースが薄くなった分だけボールとの反発力もUPし、初速UP、飛距離UPに繋がっています。

ウェッジで必要な飛距離がなかなか出ないという人にぜひおすすめの1本です。

テーラーメイド(TAYLOR MADE) M5

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 SW/55
クラブ長さ SW/35.25

中、上級者好みのスタイリッシュなデザイン

8つ目のおすすめウェッジは「テーラーメイド M5 ウェッジ SW 」です。

2019年に発売されたM5は、ボール初速の向上が図られていたり、より高弾道のボールを打てるといったいわゆる飛び系アイアンです。

飛び系アイアンは、どちらかというと大きめのヘッドで、シャープなイメージは少なめです。

しかし、M5では、飛び系アイアンながら見た目にもこだわり、中、上級者好みのスタイリッシュなデザインに仕上げています。

SWも、初心者モデルというような見た目ではなく、全体的にスマートな見た目に仕上がっています。

テーラーメイド ウェッジ GLOIRE(グローレ)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 55
グリップ GLOIRE F Blue CP(径60 /47g)

多少のミスヒットならカバーしてくれるので、ゴルファーに安心感を与えるウェッジ

9つ目のおすすめウェッジは「テーラーメイド GLOIRE F SW」です。

やさしさを前面に出したグローレシリーズのウェッジで、フェース面のスイートスポット(芯)の部分をさらに広げて、芯を外す確率を下げる工夫がされています。

これにより、多少のミスヒットであれば、芯にあたった時とほぼ同じようなショットが打てるようになっています。

実際にスイングするときだけでなく、構えた時から、ゴルファーに安心感を与えるウェッジです。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) ATV ウェッジ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 58
ライ角 64

ステンレスモデルはお手頃価格なので入手しやすい一本

10本目のおすすめウェッジは「TAYLOR MADE(テーラーメイド) ATV ウェッジ ステンレスヘッドモデル」です。先ほど紹介したATVウェッジのステンレスヘッドモデルです。

軟鉄鍛造とステンレス鋳造の主な違いは、軟鉄は金属をたたいたり、曲げたりしてアイアンの型を作っていくのに対し、ステンレス鋳造は、一度金属をドロドロに溶かして別に造っておいたアイアンの型にはめ込んでいきます。

ステンレスは、コストが格安で、軟鉄鍛造よりも緻密な設計、加工が可能という魅力があります。

ATVウェッジも、ステンレスモデルは若干価格が安い傾向にあります。

また中古品も多く出回っている入手しやすい1本です。

右用 2017 テーラーメイド ATV GRIND CHROME

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 52/56/60
バウンス角 09/12/10

あらゆるショットに対してスイングできるウェッジ

11本目のウェッジは「テーラーメイド ATV GRIND ウェッジ」です。

ATVウェッジシリーズの基本モデルです。

特徴は、「ヴァーサティリティ・グラインド・ソール」という名前の付いたソール部分です。

フェアウェイから打つ通常のショットの打ちやすさはもちろんですが、ソールのネック部分を使うロブショット、リーディングエッジ寄りのソールを使うチップショットなど、あらゆるショットに対して、違和感なく構えてスイングできるようなソール形状になっています。

テーラーメイドPSIギャップウェッジ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 55
ライ角 63

アイアンの役割に合わせ最適なヘッド構造に仕上げたウェッジ

12本目のおすすめウェッジは「テーラーメイド PSi SW」です。

テーラーメイドPSiアイアンセットの中に含まれているサンドウェッジで、14本フルセット販売のほかに、単品での販売も行われています。

PSiアイアンは、ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアン、ウェッジと、それぞれの番手のアイアンの最適なヘッド構造を再研究し、それぞれのアイアンの役割に合わせた最適なヘッド構造に仕上げています。

ウェッジは、軟鉄鍛造になっており、芯をとらえた時の柔らかい打感は病みつきになりますよ!

新しいテーラーメイドSpeedBlade HL Sand Wedge SWアイアンスチールUniflex

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 50・55
グリップ TM 360 Blue CP 60R (経 60 / 47.5g)

従来モデルよりも性能がまし軽く振っても番手通りの飛距離と高弾道が実現

13本目のおすすめウェッジは「テーラーメイド Speed Blade」です。

2014年HOT LIST JAPANにも選ばれた人気のあるクラブで、発売から年月は経ちましたが、依然として中古市場ではたくさんの製品が出回っています。

従来モデルよりも、フェース下部の反発力を向上させており、その結果、軽く振っても番手通りの飛距離と高弾道が実現できます。

ウェッジであっても高い弾道のボールを打つには、ヘッドスピードも必要ですが、このウェッジなら、軽く打っても球が高く上がってくれます。

テーラーメイド ウェッジ TP ウェッジ with xFT 58-12

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ロフト角 48,50,52,54,56,58,60,64
ライ角 63,64

専用販売されているトルクレンチを使用すればフェース面を簡単に交換できるウェッジ

14本目のおすすめウェッジは「テーラーメイド TP ウェッジ with xFT」です。

このウェッジの最大の特徴は製品名にもあるxFTと呼ばれる技術です。

これは、専用販売されているトルクレンチを使用すれば、フェース面を簡単に交換できるという技術です。

ウェッジは、他のクラブと比較しても特にフェース面の溝の摩耗が激しく、常に最高のスピン性能を求めるプロは、数週間で新しいウェッジに交換するのが一般的です。

しかし、用具契約を結んでいないアマチュアはなかなかそう多頻度にクラブ交換はできません。

そこでフェース面だけを購入し、レンチで回すだけで交換できるxFTテクノロジーはとても画期的な試みと言えるでしょう。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) TOUR PREFERRED EF WEDGE

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ヘッド仕上げ Tour Chrome Satin Finish (CHROME SATIN) / Tour Smoke Finish (SMOKE)
ライ角 64

ヘッドの素材に軟鉄を使用したハイブリット構造のウェッジ

15本目のおすすめウェッジは「TAYLOR MADE(テーラーメイド) TOUR PREFERRED EF WEDGE」です。

開発発表後は、即試合で使用するプロも数多く見受けられ、同ウェッジが持つ信頼性の高さがうかがえます。

TOUR PREFERRED EF WEDGEは、フェース面に独自の電気鋳造フェースを採用し、高いスピン性能だけでなく耐久性も獲得しています。

これだけでは打感に影響が出るため、ヘッドの素材は軟鉄を使用したハイブリッド構造とし、スピン、耐久性能と、打感の両立を図っています。

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキング

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで、テーラーメイドのウェッジの特徴や選び方、そしておすすめのウェッジを15本紹介してきました。

どのクラブにも、操作性の高さや打感の良さ、スピン性能、やさしさなど、秀でた点が必ず1つは存在します。

自分の求めているものをよく見極めたうえで、最高の武器となる1本を見つけてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定