あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snorkeling

ダイビンググローブ人気おすすめ10選!軍手でも代用は可能?

スポシル編集部

公開日 :2019/11/06

更新日 :2019/11/06

ここでは、ダイビンググローブについて詳しく紹介しています。

また、おすすめのダイビンググローブ10選も紹介しているため、購入する際に悩んでいる人は参考にしてください。

ダイビンググローブなしでもダイビングをすることは可能ですが、さまざまなトラブルの原因になるため、装着することをおすすめします。

ダイビンググローブを装着して得られるメリットは多くありますが、デメリットになることはほとんどないため、購入しておくことをおすすめします。

目次

スポンサードサーチ

そもそもダイビングにグローブは必要?

ダイビングをこれから始めようと考えている人にダイビンググローブが必要なのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

一見ダイビングにグローブは必要ないと感じてしまいやすいですが、怪我や寒さから守る働きがあります。

そのため、冬の季節はダイビンググローブは必須アイテムになります。

また、ダイビンググローブには滑りどめ加工がされていることが多く、カメラやスマホで撮影する際に役に立ってくれます。

ダイビンググローブなしで器材を扱うと寒さでかじかんでしまったり、滑ってしまい落とすリスクが高まります。

ダイビングのグローブは代用が可能?

ダイビンググローブを代用することは可能であり、夏場にダイビングを行う際に軍手を着用している人も多くいます。

夏場であるため、保温効果がない軍手でも快適にダイビングすることができ、怪我などを防ぐこともできます。

しかし、冬場のダイビングで軍手で代用することはおすすめしません。

そもそもダイビンググローブ自体そこまで高価なアイテムではないため、代用することを考得るのではなく、ダイビンググローブを購入することをおすすめします。

スポンサードサーチ

ダイビングにおすすめのグローブの選び方

  • 素材で選ぼう!
  • 指空きがあると便利!
  • 滑り止めも便利!

素材で選ぼう!

ダイビンググローブはさまざまな素材で販売されていることもあり、購入する際に悩んでしまう要因の一つでもあります。

素材が違うことで着用した際のつけ心地や性能に大きな違いがあります。

主に、水温や季節によって素材で選ぶことが好ましく、快適にダイビングすることも可能になります。

基本的にスリーシーズンとサマーシーズン・ウインターシーズン用のグローブが販売されているため、ダイビングを行う季節にあったグローブを購入するようにしましょう。

指空きがあると便利!

ダイビンググローブの中には、指空きタイプのグローブも販売されています。

指先が露出するように仕上がっているため、細かな作業をする際に適しています。

主に水中でカメラなどを扱う人が使用するグローブでもあります。

指空きになっていることでシャッターを押しやすくなり、想像以上の写真を撮ることが可能です。

しかし、指空きになっているため、保温性には優れておらず、冬の季節では逆に指先がかじかんでしまい、思うようにシャッターをきることができません。

滑り止めも便利!

グローブに滑り止めがあると何かと便利であるため、購入する際に滑りどめ加工がされているか確認することをおすすめします。

滑り止めがあることで器材を扱う際に滑って落としてしまうことがありません。

水深が深い場所で落としてしまうと最悪回収が不可能になってしまいます。

ダイビングではライトを片手に持って行うことも多く、滑り止めがあることにこしたことはありません。

ダイビング中に岩肌を掴むこともあり、滑り止めがあればコケなどが生えていてもしっかり掴むことが可能になります。

ダイビングにおすすめのグローブ人気10選!

ダイビンググローブを購入する際に悩んだ経験がある人も多くいるのではないでしょうか。

さまざまな種類のダイビンググローブが販売していますが、その中から自身に適したグローブを購入するようにしましょう。

次に、おすすめのダイビンググローブ10選を紹介します。

monoii(モノイー) ぴったりフィットする ダイビンググローブ

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ S~L

紫外線から手を守ることができる

monoii(モノイー) ぴったりフィットする ダイビンググローブはフィット性に優れている特徴があり、つけ心地に対してストレスを感じることがありません。

フィット性に優れていることで、水の侵入を極力避けることができ、指先が冷えてしまうことを防げれます。

また、紫外線に対しても強い特徴があり、紫外線が手に照射されてしまうことがありません。

そのため、紫外線や日焼けを気にする人や女性におすすめのダイビンググローブでもあります。

ダイビンググローブ 特価セールXD100_BL_L

Amazonで詳細を見る
カラー ブルー
サイズ S~L

保温性に優れている

XINTOWN ダイビンググローブ 特価セールXD100は保温性に優れているダイビンググローブです。

厚みが3mmに仕上げられており、ウェットスーツと同じ素材でもある特徴があります。

冬場でも保温を行うことができ、かじかんでしまうことも予防できます。

分厚いグローブでは細かな作業をすることができないイメージがありますが、厚めにも関わらず器用な作業ができる仕上がりになっています。

スリーシーズン使用することができるため、一組購入しておいて損をすることはありません。

SPEAR SEALS スピアシールズ 1.5mm 魚突き

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ サイズ 全長20cm、中指先から手首16cm 、Mサイズ 全長21cm、中指先から手首17㎝ 、Lサイズ 全長22㎝、中指先から手首18㎝

グリップ力に優れている

SPEAR SEALS スピアシールズ 魚突き 専用 ダイビング グローブは魚突きに用として開発されているため、槍などで魚をしとめるためにダイビングを行う人におすすめです。

槍などのアイテムをしっかり掴む必要があるため、他のダイビンググローブよりもグリップ力に優れている特徴があります。

そのため、魚突きを行う人におすすめです。

また、グリップ力に優れているため、水中で撮影する際に器材を掴む際にもグリップ力を活用することができます。

MORGEN SKY ダイビンググローブ 3mm

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ S(手のひら幅7-8cm)、M(手のひら幅8-9cm)、L(手のひら幅9-10cm)、XL(手のひら幅10-11cm)

防風機能がある

MORGEN SKY ダイビンググローブ 3mmは保温効果に優れている特徴があります。

ダイビンググローブで保温性を高めると言ったら水の侵入を抑えることになりますが、それだけではなく風が侵入しないようにも仕上げられています。

風への影響は水中では気にすることはありませんが、陸上に上がった際に寒さを感じやすいです。

風を通さない性能を活かしてダイビングではなく、自転車などに乗る際に活用することも可能になっています。

monoii ダイビング グローブ 2mm レディース

Amazonで詳細を見る
カラー ブルー
サイズ S~L

マジックテープで固定できる

monoii ダイビング グローブ 2mm レディースはマジックテープでフィット感を得ることができます。

何回使用しても接着力が失わないようになっているため、長年使ってもフィット感を得ることが可能になっています。

また、マジックテープを緩めれば濡れている状態でも簡単に外すことができます。

ダイビンググローブは乾いている状態であれば簡単に装着することができますが、水にぬれたり、中に侵入することで一気に外しにくくなってしまいます。

ダイビングを楽しんだあと帰り支度を早くしたい人におすすめです。

GULL(ガル) GA-5595 サマーグローブ2

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ Mサイズ 23cm / Lサイズ 25cm / XLサイズ 27cm

サマーシーズンにおすすめ

GULL(ガル) GA-5595 サマーグローブ2は指先で細かな作業をする際におすすめのダイビンググローブです。

そのため、ダイビングで水中を撮影する際におすすめであり、操作ミスをしてしまうことがなくなります。

保管用のフックが取り付けられているため、使用しない間はフックを利用して吊るすことができます。

また、保管用のフックですが、洗濯した後に乾かす際にも活用することができるフックでもあります。

サマーシーズン用のグローブであるため、夏場やリゾートでのダイビングにおすすめです。

【BLUE DIVE】 ダイビンググローブ シュノーケリンググローブ

Amazonで詳細を見る
カラー ブルー
サイズ Small

軽量化されている

BLUE DIVE ダイビンググローブは手首に普通のベルトではなく、面ファスナーベルトが採用されていることでフィット感を得ることができるだけではなく、水の侵入を防ぐこともできます。

また、軽量化にも成功しているダイビンググローブであるため、水中で支障が出ることがありません。

柔軟性にも優れている特徴があり、装着した際にストレスを感じることがなく、快適にダイビングを行うサポートを行ってくれます。

低価格で販売されていることからコストパフォーマンスにも優れています。

AQUALUNG アクアラング マリングローブ

Amazonで詳細を見る
カラー -
サイズ Sサイズ(手囲):21cm Mサイズ(手囲):23cm Lサイズ(手囲):25cm XLサイズ(手囲):26cm

デザイン性に優れている

Aqua Lung マリングローブ イエローはベストセラーになっているほど人気が高いダイビンググローブです。

また、デザインが一新されていることもあり、デザイン性に優れているメリットもあります。

3シーズン使用することができる設計になっているため、さまざまな季節にもダイビングを行いたいと考えている人におすすめです。

使用されている素材の厚みが分厚く仕上げられていることで、岩肌などで怪我をしてしまうことがほとんどありません。

Layatone マリングローブ 3mm ネオプレン

Amazonで詳細を見る
カラー ピンク
サイズ 選択可能

グリップ力に優れている

Layatone ダイビンググローブの手のひらには六角形と無数に配置された滑り止めにより、耐久性が向上しているだけではなく、グリップ力にも優れている特徴があります。

そのため、長期間使用し続けることができたり、器材などを確実に取り扱うことができます。

特殊な接着剤とステッチを採用していることで耐久性が向上しており、水に対する耐性に優れています。

フィット性に優れている特徴もあり、水の侵入を防ぐ働きもあります。

ダイビンググローブ 水泳用手袋 滑り止め

Amazonで詳細を見る
カラー ブラック
サイズ -

操作性抜群

ダイビンググローブ 水泳用手袋 滑り止め 耐久性 耐摩耗性は手に負担がかからない仕上がりになっているため、手や指先を動かしやすくなっています。

そのため、長時間ダイビングしていたり、カメラなどで撮影を行っていても手が疲れることがありません。

人間工学を元に設計されていることもあり、つけ心地にストレスを感じることもなく、快適にダイビングを楽しむことができます。

温かい熱を発生させる素材が使用されてるため、保温性に優れており、手のひらが冷たくなってしまうことを防ぐことも可能です。

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

まとめ

ダイビンググローブを装着することでさまざまなメリットを得ることができ、快適にダイビングを行うことができます。

さまざまなグローブが販売されていますが、目的や季節にあったグローブを購入するようにしましょう。

また、ファッションアイテムとしても活躍してくれるため、おしゃれにダイビングをすることも可能になります。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike