あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

足の第3と第4の足趾間が痛む人はモートン病かも!こんな初期症状が出たら放置せずに対策を。

スポシル編集部

公開日 :2019/10/22

更新日 :2020/05/11

皆さん、突然お聞きしますが、今足の第3と第4の指の間に痛みが走ってはいませんか?

もしこのような症状がある場合は、すでに「モートン病」という足の病気にかかっている可能性があります。

モートン病はあまり聞きなれない病気ではあるものの、誰もがなる可能性のある病気で、靴選びや姿勢の悪さが影響して発症してしまうことも多いのです。

ただ、そんなモートン病にも初期症状があり、これを放置するかしないかでその後のケガの度合いが変わってきます。今回はそんなモートン病の初期症状を解説したいと思います。

目次

スポンサードサーチ

モートン病の初期症状は?

モートン病は別名「神経腫」と言われていて、指と指の間を通っている神経がコブ状に腫れ、そのコブが刺激されると痛みを感じる病気です。

初期症状としては主に足の中指と薬指の間に少しのしびれと痛みを感じます。

さらに、足は脚全体の神経の動きに深く関わってくることから、時として下腿部に痛みが出てくることもあります。

以上のような症状を感じるようになったらモートン病の可能性が高いと言えますので、すぐに専門医に相談してみることをおすすめします。

モートン病の原因

まず、モートン病の最も大きな原因となるのが足の「アーチの崩れ」と「足裏への衝撃を分散できない」ことの2つです。

1つ目のアーチの崩れについてですが、足は通常、地面からの衝撃を大きく受けないように、適度に土踏まずに弧のようなアーチが作られています。

ですが自分の足よりもサイズの小さなスニーカーや幅の狭いパンプスを履くことによって足が平べったくなってしまうので、アーチが保たれなくなることもあります。そうすると、地面からの衝撃を大きく受けて、足に痛みを感じるようになるのです。

そして、2つ目は足の指が使えずに地面からの力を足で分散できなくなることです。

足の指の筋肉が衰えていると「浮き指」といった足指が浮いている状態になります。足指が浮いている状態ですと地面からの衝撃を逃がせなくなります。

そして足裏への衝撃を受けると、いつの間にか指の神経に負担をかけ、モートン病を引き起こしやすい状況を作り上げてしまっていることにつながるのです。

スポンサードサーチ

モートン病は放っておくとどうなる?

モートン病は、普段足が痺れる時と感覚が似ているため、放置している人が多いのが現状です。

モートン病を放っておくと、痛みや痺れのせいで歩くことすらままならなくなります。

また、モートン病の初期症状を感じながらも、特に対策をせずに放って歩いていると無意識に足の痛みをかばいながら歩く形になり、足の指に変な負荷がかかります。すると、指以外の足の部位にも負荷が余計な負荷がかかり痛めてしまうのです。

また足の痛みをかばいながら歩くため身体のバランスも悪くなり、骨盤のズレや足の関節のズレも発生し、身体全体に余計な負荷がかかるようになるのです。そこから、膝の痛みや腰痛などにも繋がってくるというわけです。

そのため、足は体全体を支えている大事な部位になります。たかが足の痺れだから、と思って放置しておくと大変なことになります。

足は全体重の負荷がかかっている部位ですので、痺れを感じたまま放置するのではなくきちんとした対処・対策を施しましょう。

今すぐ簡単にできるモートン病対策3選

ここまでの説明で、モートン病のメカニズムや症状が分かってきた方も多いかと思います。それではここからは今すぐにでもできるモートン病対策3選を紹介するので、ぜひ覚えて実践してみましょう!

①正しい靴選び
②インソール
③マッサージ

足の3番目の指と4番目の骨が神経腫を圧迫しないためには、靴選びが重要なポイントになります。

脱ぎ履きしやすいようにブカブカの靴を履いたり、自分の足は横幅が広いのにデザイン面を重視して、自分の足の横幅よりもきつめの靴を履いてみたりなど、していないでしょうか?

そのような靴選びの仕方で靴を履いていると足に大きな負担をかけてしまうことになるため、必ず自分の足にあった靴を履くようにしましょう。

そのためには、まずは自分の足はどのような特徴があるのか?サイズはどれくらいなのか?など自分の足を知ることが大事です。わからなければ、病院の先生に聞いてみたり、靴の店員の方に聞いてみたりして、そこから自分の足にあう靴を探しましょう。

モートン病は最初に説明したように、土踏まずの弧の形が崩れて足が平べったくなり、地面からの衝撃が神経を圧迫することで発症しやすくなる病気です。

そのため、インソールの中でも「アーチパッド機能」が入ったインソールを使うと、土踏まずのアーチ形成を促すことが可能になります。

インソールには様々なタイプの商品があるものの、モートン病は足のアーチの崩れが大きな原因の一つであるため、やはりアーチパッドが搭載されているインソールがいいでしょう。

また、最近では専門トレーナーとのカウンセリングを重ねた上でオーダーメイドのインソールを作ることもできます。専門トレーナーと相談することで、自分の足の状態や特徴を理解することもできるので、費用面で余裕がある場合は検討してもいいかもしれません。

ここではモートン病の改善に向けて、自分で簡単にできるマッサージを教えたいと思います。ここで紹介するマッサージをすると足裏の筋肉の緊張を緩めることができ、関節の動きを与えられて疲れも軽減できるため効果的なのです。

マッサージは2種類あるので、1つずつ紹介していきます。

【マッサージ①】
ステップ1・・・足の小指から下にさがった所にある、足の甲の出っ張った部分の真裏を手の片方の親指で、もう片方の親指を足の小指の付け根に置いておく。

ステップ2・・・出っ張った部分の真裏をぐっと押さえ、足の小指側にある手の指は前後に揺らす。

ステップ3・・・ステップ2の動きを10回繰り返す。

【マッサージ②】
ステップ1・・・足の裏側で、足の中指と人差し指の間を両手の親指で押さえる。

ステップ2・・・中指側に近いところから両手の親指を中に入れ込むような形でもみ、3秒間キープする。

ステップ3・・・中指に近いところからかかとまでの5か所を小さく両手の親指でたどっていき、ステップ2の動きを3往復行う。

以上のストレッチは下の動画でも説明しているので、ぜひ見てみてください。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか?

おそらくモートン病は初めて耳にした方も多いかもしれません。しかし、なんか足の指と指の間が痛いなというモートン病の初期症状を感じていながらも放っておくと後々、歩けないほどの痛みまでになってくる恐れもあるため、もし出てきた場合にはしっかりと対処する必要があります。

もし足の第3及び第4の指の間が痛む場合は、早めの治療をしておきましょう!

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定