あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
lacrosse

【2020年最新版】ラクロスのルール改正と試合時間について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/10/21

更新日 :2020/05/11

ラクロスはカナダでは国技となっており、そのほかの国では、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは人気のあるスポーツです。

過去にはオリンピックの実施種目となったこともありますが、近年ではオリンピックで実施されていません。

ラクロス界全体で2019年に大きなルール改正が行われました。
これまで異なっていた男子ラクロスと女子ラクロスの試合時間と1チーム人数を統一化しました。

この記事では、ラクロスの試合時間やルール改正について、ラクロスを全く知らないという方でもわかりやすいように解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ラクロスの試合時間【男子】

ラクロス界では、2019年に大幅なルール改正が行われました。
このルール改正の中で男子ラクロスの試合時間も変更がありました。

ルールの変更前の試合時間は20分×4クォーターで行われていました。

しかしルール変更後は、15分×4クォーターとなりました。

このルール改正で男子ラクロスと女子ラクロスの試合時間が統一化されたことになります。

同じラクロスでも、男子と女子で「試合時間が違う」と聞くと女子の試合時間の方が短いとイメージしてしまいますが、1クォーターで見ると、女子の試合時間の方が長く設定されていました。

ラクロスの試合時間【女子】

さきほど、男子ラクロスの試合時間を解説する中で2019年の大幅ルール改正があったと説明しましたが、このルール改正は、日本ラクロス協会(JLA)が国際ラクロス連盟(FIL)のルールに合わせて統一化をするためのものでした。

ルール変更前のラクロスでは、男子と女子で1チームの人数も違っていましたので、試合時間も含めて統一する流れとなりました。

ルール改正後の女子ラクロスの試合時間は、ルール変更前は25分×2の前後半のハーフ制でしたが、ルール変更後は、男子、女子ともに15分×4クォーターとなっています。

スポンサードサーチ

試合時間が変更した理由

2019年1月に国際ラクロス連盟(FIL)のルールと統一するように改訂されました。

ルール変更前の日本ラクロス協会(JLA)のルールでは、ラクロスの競技人数は、男子の場合1チーム10人、女子の場合1チーム12人で行われていました。

試合時間についても、ルール変更前の男子が試合時間は20分×4クォーター、女子が25分×2の前後半のハーフ制で行われていました。

しかし、ルール変更後は、男女とも1チーム10人の15分×4クォーターとなりました。

この動きは、2028年のロサンゼルスオリンピックでラクロスのオリンピック正式種目入りを目指したもので、男女のルールを統一しようという目的からなっています。

まとめ

ここまでラクロスの試合時間について解説してきました。

ラクロスは2028年のオリンピック種目入りを目指し2019年にルールが統一され、試合時間は男女ともに15分×4クォーターでプレーするようにルールが変更されました。

今回紹介したラクロスの試合時間や新ルールについて知識を深めることで、ラクロスに興味をもってもらえたらうれしいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定