あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

100年前からオリンピック種目!セーリングについて徹底的に解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/10/17

更新日 :2019/10/16

この記事では、オリンピック種目であるセーリングのルールなどについて、
セーリング未経験の方でもわかりやすいように解説していきます。

セーリングは100年以上前からオリンピックの実施種目となっているスポーツ競技です。

これまで、セーリングと接点がなかった方でも、ルールやオリンピックでの歴史を知ることで自分でも挑戦してみたくなったり、
観戦してみたくなったりすることになるでしょう。

2020年東京オリンピックでセーリングを楽しむために、ぜひセーリングを知ってみてください!

目次

スポンサードサーチ

セーリングのルール

セーリングの概要やルール

セーリングとは、英語で「Sailing」と書き、直訳すると「帆走、帆走法、航海、航海法」という意味になります。

セーリングは、帆に風を受けることで生じる力を動力として水上を滑走する技術を競う競技です。
ヨットやウィンドサーフィンもセーリングの種類の中のひとつです。

スポーツとしてのセーリングでは、基本的に帆に風を受けて動く小型の船を使用しています。
1900年のオリンピック、パリ大会から競技種目として行われているので100年以上の歴史があります。

セーリング競技のルールですが、どのようにして順位が決まるのかというと、簡潔に言ってしまえば、海上に設置したブイ(浮標)を、予め決まっている順に回ってゴールした順番が順位となります。

スタートラインから予め予告されている時間に合わせて風上に向かって全艇が一斉にスタートします。

ヨットは向かい風に対して45度にしか走れないので何回か方向転換を繰り返して目的のブイ(マーク)を目指して進みます。
この方向転換の事を「タック」と言います。

風上のブイ(マーク)を回ったら今度は風下のブイ(マーク)を目指します。
こうして風上と風下のブイ(マーク)を何周かしてフィニッシュとなります。

セーリングのオリンピック

オリンピックでのセーリング競技は、1900年のパリオリンピックから実施されましたが、本当はパリオリンピックの前の大会、1896年アテネオリンピックで実施される予定だったものの、天候不良のために中止になってしまった経緯があります。
初めて実施されたパリ大会の次の1904年セントルイスオリンピックでは実施されませんでしたが、それ以降は継続して実施されています。

セーリング競技は、オリンピックでの実施種目はかなり細かく分けられています。
艇種(船の種類)で分けられ、さらに男女別、男女混成の種目があります。

過去のオリンピックでの日本代表の成績は、銀メダルが1個、銅メダルが1個となっています。
金メダルの獲得数に絞って見てみると、1位はイギリスの28個、2位アメリカ合衆国19個、3位ノルウェー17個となっています。
アジア勢で見ると中国の18位2個がトップです。

選手はオリンピック出場のため、日本代表目指しますが、代表になれるのは1種目につき1チームのみです。
東京オリンピックでのセーリング競技は、合計10種目となっています。

日本代表の選考方法については2020年東京オリンピック日本代表選考実施要項に下記のように記されています。

「規定された各選考指定大会の総合成績を、本要項に定める方法に基づき「選考得点」および「ボーナス得点」に換算して、全選考指定大会におけるそれら合計得点が高い選手(チーム)を上位として選考する」
【公示】2020東京オリンピック代表選考要綱

上記にあるように、日本セ―リング連盟の指定した大会での成績から選ばれるという方法になっています。

スポンサードサーチ

セーリングの練習

(公財)日本セ―リング連盟(JSAF)強化委員会推奨の中・上級者向けの練習メニューが公表されています。

練習の目的として、Vision(見る)、Decision(決定する)、Execution(実行する)、この3点を養うようにトレーニングを行います。

練習場所は筋力トレーニングやランニングは陸上でできますが、海上練習は海まで行かないといけません。
関東だと葉山や八景島なで練習する人が多いようです。
ヨットがどのくらいの値段なのか気になる方も多いのでは?
日本のメーカーであるヤマハの国際470級ヨット「YAMAHA 470 CPH」というモデルで270万円するそうです。
さらに維持費など管理する費用も掛かってきます。

合わせて読みたい

スポンサードサーチ

まとめ

ここまでセーリングについて解説してきました。
オリンピック種目としてのセーリングは100年以上の歴史を持つマリンスポーツです。
今回紹介したセーリングのルールやオリンピックの歴史などについての知識を深めることで、
2020年の東京オリンピックを楽しめるはずです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定