あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
golf

ゴルフのトップについて解説!トップの原因や改善方法を紹介

スポシル編集部

公開日 :2019/10/12

更新日 :2019/10/14

この記事では、ゴルフのトップについて初心者の方でもわかりやすいように解説しています。

ゴルフのトップは、スイングしたときにボールの頭部分を打ってしまうミスショットのことをいいます。

遠くへ飛ばす意識が強すぎるために、フォームが乱れてトップが発生してしまうのです。

練習の中で、正しいフォームを身につけることで改善することは可能です。

それではトップする原因、改善のコツやポイント、おススメ練習方法を徹底的に解説していきます!

目次

スポンサードサーチ

まずはトップの種類を知ろう!

ゴルフのトップとは、スイングしたときに、文字通りボールの頂上部、頭の部分を叩いてしまうことをいいます。

トップは、ゴルフを始めたばかりの初心者の方が頻繁にやってしまうミスショットですが、ここではトップの種類について解説していきます。

  • チョロ(ゴロ)
  • ハーフトップ
  • 若干のトップ

チョロ(ゴロ)

ゴルフのチョロとは、スイングした際にトップし、ボールがゴロになってしまうことをいいます。

ボールの頭をかするようにしか当てることができなかったために、ボールがほとんど飛ばずにチョロっと転がる程度しか飛ばない様子を指して付いた呼び方です。

チョロになる原因としては、飛ばそうという意識が強すぎることでスイングフォームのバランスを崩してしまっていることが考えられます。

直すためには、飛ばそうと意識しすぎず呼吸をおいてリラックスすること、またスイングの軸である背中、肩の回転に傾きがないように気をつけましょう。

ハーフトップ

ゴルフのハーフトップとは、クラブのアイアンのリーディングエッジでボールを打ってしまうミスショットのことをいいます。

リーディングエッジとは、フェースとソールの境界線のことで、アイアンの下端の部分のことです。

低い軌道の打球となり、ランと呼ばれるボールが着地の後、コロがって進むボールになることが多いです。

ハーフトップよりも悪い状態がトップになります。

トップに比べるとミスショットとしては軽いものなので、ミドルアイアン、ショートアイアン程度であればハーフトップしても飛距離は出る場合が多いです。

若干のトップ

ゴルフで言う若干のトップとは、ハーフトップよりも軽度なミスショットのことをいいます。

スイングの際にトップしてしまうとミスショットになるのですが、実は若干トップ気味にボールを打って、ボールのスピンをコントロールしているプロゴルファーがたくさんいるのです。

スイングの際にトップをしてしまうと低いライナー性の軌道になるかゴロになって転がってしまいますが、あえて若干トップさせてボールの軌道を低くしたりすることもあります。

ゴルフでトップする原因とは?

ゴルフでトップしてしまう原因は、一言で言ってしまえば「フォームの乱れ」です。

初心者の方のほとんどは無意識のうちに「すくい打ち」をしてしまっているためにトップしてしまっています。

すくい打ちとは、ボールをすくい上げるような打ち方になってしまっているフォームの崩れです。

なぜ初心者の方のほとんどが、すくい打ちになってしまっているかというと、「ボールを遠くに飛ばしたい!」という意識が強すぎるためにファームのバランスが崩れて腰が伸びてしまいトップしてしまうのです。

スイングのときに左腰が早く伸びてしまい、それに続いて右肩が落ちて下がってしまうためにスイングの軌道の最下点がボールの手前になってしまのですくい上げになってしまいます。

スポンサードサーチ

ゴルフトップを防ぐためのコツを紹介

ゴルフでトップを防ぐためにはどうしたら良いでしょうか?

トップはゴルフクラブの最下点がボールの手前になってしまうことで起こると説明しました。

プロゴルファーのショットを見てもらうとボールの前あたりの芝が薄く取れているのがわかると思います。

正しい最下点はボールの少し前あたりにくるのが正しいショットです。

正しいスイングの流れとしては、まずゴルフクラブでボールを当て、その後にゴルフクラブが地面に当たるのが正しいのです。

トップを改善するためのポイントとしては、スイングの際に左肩が上がらないように意識することです。

スイング中は、左肩の高さを変えずに振り切ることが大切です。

左肩が上がってしまうことで、手首、腕も引っ張り上げられてしまうのでボールに対して距離ができてしまいます。

この悪循環がトップを発生させているので、左肩はスイングの始動からボールを捕らえるインパクトの瞬間まで高さをしっかりとキープしながら振り切りましょう。

左肩の高さをキープすることができるようになると、自然とインパクトも分厚くなり、飛距離が伸びて方向性も良くなります。

おすすめの練習方法としては、左肩を右手で抑えながらスイングする方法です。

この方法で素振りを繰り返し練習してみてください。

慣れてきたら徐々にボールを打ってみましょう。

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで、ゴルフのトップについて解説してきました。

ゴルフのトップは、スイングのときにゴルフボールの頭の部分を打ってしまうミスショットのことをいいます。

トップしてしまうと低い弾道のボールになるか、ゴロになってしまいます。

「遠くへ飛ばしたい」という意識が強いためにフォームのバランスを崩すことが原因です。

練習で正しいフォームを身につけることでトップを克服することができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定