あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
golf

【初心者必見】基本的なゴルフのスイングのコツを知ろう!

スポシル編集部

公開日 :2019/10/11

更新日 :2019/10/18

ゴルフには必要不可欠な「スイング」ですが、初心者の方はなかなか教えてもらう機会がないと、正しいスイング方法はできない方がほとんどです。

ボールを正確な位置や、思い描いた通りに転がすためにも、スイングはとても重要な動作です。

今日は、初心者の方に見てほしい、基本的なスイングの姿勢からグリップの握り方、さらにポイントに絞りながらコツや注意点を解説していきます。

ぜひ、これから始めたいと思っている方はスイングだけでも自主練習してみましょう。

目次

スポンサードサーチ

ゴルフの基本スイングを習得ための姿勢を知ろう!

まずは、最も大切なスイング時の姿勢を解説していきます。

鏡と対面して、実際にクラブがある方は構えながら練習してみましょう。

どのクラブのショットでも基本の姿勢は変わりません。

ゴルフ教室でも同じことを習うかもしれませんが、先取りして予習してみましょう!

  • 頭の位置
  • 上半身の姿勢
  • 下半身の構え方
  • クラブの握り方

頭の位置

頭の位置は、自然にボールを見ている位置です。

横に傾けたり、引きすぎたりしないようにしましょう。

ポイントは、スイング中でもボールを見続けることです。

特にインパクトの瞬間などに、目線が外れてしまう方が多いですが、しっかりとボールを見ることを心がけます。

上半身の姿勢

上半身は、これからお話する下半身の構え方に寄り添うように、自然に前傾姿勢になるようにしましょう。

下半身を使わずに上半身だけで上手に打つことはできませんし、回転を使うことが大切です。

基本的には、上半身は軽く前傾姿勢になっているようなイメージです。

下半身の構え方

握り方は、やりやすい方法です構いませんが3種類存在します。

「手のひら全体で握るパームグリップ」「指で握るフィンガーグリップ」「2つの中間のセミフィンガー」です。

クラブを1番扱いやすい握りかたを探りましょう。

左手や小指の置き方についても様々な方法がありますが、基本的には右手と左手は密着した状態を必ず守ってください。

ゴルフスイングの基本をポイントごとに解説

ここからは動画を見ながらスイングをポイントごとに分けながら、解説していきます。

細かいかもしれませんが、1つ1つの動作も基本に忠実に行うことで、振り遅れなどのミスを防ぐことにも繋がります。

正しいスイングを体に覚えさせるためにも参考にしてみてください。

  • バックスイング(クラブの上げ方)
  • ダウンスイング(クラブの下げ方)
  • インパクト(クラブとボールの当て方)
  • フォロースルー(振り抜き)
  • フィニッシュ(振り終わり)

バックスイング(クラブの上げ方)

バックスイング(テイクバック)は、後ろにクラブを上げている状態です。

上げるときは、腕の力のみで上げずに体の回転を意識しましょう。

腕のみで上げると、クラブが安定せずに起動が定まらないボールになってしまいます。

上体を起こしすぎないことを意識して、平行に体を回転させます。

回転を意識するためには、フェースがまっすぐになっていることと、顎のしたに肩が入っていることを確認してください。

ダウンスイング(クラブの下げ方)

ダウンスイングは、体の回転と腕を連動させて上げたバックスイングから自然に、リラックスした状態でクラブを下ろします。

決して、力を入れて力まないようにしましょう。

ポイントは、腰の回転を利用してダウンスイングすることです。

リラックスするのは上半身だけで、腰から下の下半身は絶対に緩めません。

下半身は踏ん張っている状態をキープしておきましょう。

インパクト(クラブとボールの当て方)

クラブがボールに当たる瞬間は、ボールとクラブ、腕が直線で繋がることが理想的です。

そして、インパクトの瞬間にはすでに左足への体重移動が行われている状態であることを意識してください。

そして、顔は進行方向に向けるのではなく、自分のボールを見つめるようにしてください。

フォロースルー(振り抜き)

フォロースルーでは、力を入れる必要などはありませんが、自然に両腕が伸びきっている状態が1番きれいで正しい状態です。

この状態だとインパクトもきれいに決まっている状態だと言えます。

腕のみで上げてしまったり、ダウンスイングで力んでしまうと、肘がまっすぐにならない状態で振り抜いてしまうので、まっすぐにならなかった場合はスイングを見直してみましょう。

フィニッシュ(振り終わり)

最後は、お腹が目指している方向を向いている状態で、右足がつま先立ちになっている状態が正しい状態です。

ダウンスイング同様、フィニッシュでも自然に力を抜いた状態で行っていますが、しっかりと上げた時に腰が回転できていると、自然に腰が回転しておへそがターゲット方向に向きます。

そして、重心移動が左足になっている状態が正しいフィニッシュの姿勢です。

スポンサードサーチ

スイングの軌道

ドライバーは、長さあるクラブなのでフラットな軌道になります。

アイアンは、短いクラブなのでアップライト(縦)の軌道になります。

横と縦の軌道で、イメージは少し変わってしまいますが、スイングの基本的な姿勢を変える必要はありません。

得意不得意が個人差によって現れてしまうことはありますが、どちらも練習しておく必要があります。

一般的には身長が高い方がアイアンのスイングが得意ですが、ドライバーが活躍することも多いです。

飛距離や方向のつけやすさはアイアンが勝ってしまいますが、ドライバーの練習もしっかり行いましょう。

合わせて読みたい!

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、スイングのついて基本的な動作やポイントを説明してきました。

なかなか、いつもは聞きなれないような単語が多かったり、学校などでは触れる機会が少ないスポーツではありますが、基本を押さえることでどんどん上達していきます。

ぜひ、ゴルフを楽しむために基本をしっかりと練習してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定