あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【運動前には入念なストレッチを!】アキレス腱断裂の原因や治療法・予防法をご紹介

スポシル編集部

公開日 :2019/10/19

更新日 :2020/07/21

アキレス腱断裂はスポーツやレクリエーション中に、よく起こる外傷で一般に30~50代の人に発生するケースが多と言われています。

最近では健康のためにスポーツする人が増えてきたことや、高齢者社会で活動的な高齢者が増えてきたことでアキレス腱断裂が発生するケースが増えてきました。

アキレス腱断裂はスポーツの怪我の中でも重症度が高く、復帰までの期間は長くなります。

アキレス腱の断裂とはどういう状態か、アキレス腱断裂の原因や治療法、予防法について詳しく解説しています。アキレス腱断裂についてぜひ理解を深めてください。

目次

スポンサードサーチ

アキレス腱断裂とは?

アキレス腱はふくらはぎを構成している筋肉の腓腹筋、ヒラメ筋が合流する部分、かかとの少し上あたりの腱のことをいいます。

アキレス腱断裂とは、外的なストレスやショックでアキレス腱が切れて離れてしまうことです。

アキレス腱は足首を曲げるためには重要な腱で、断裂してしまうと足首が動かせなくなり歩行に著しく障害をきたし、ほぼ歩けないといってもいいでしょう。

スポーツ選手だけではなく一般の人の日常生活でも容易に発生し、30代~50代の中高年層において発生することが多いと言われています。

アキレス腱断裂の症状や痛み

アキレス腱を断裂した時には、
・後ろから蹴られた
・バットで殴られた
・ボールをぶつけられた
の様な感じがして、アキレス腱を断裂した瞬間は激痛が走り著しく歩行に支障をきたします。

症状としては痛みとともに、
・アキレス腱を軽く押さえてへこんでいる
・アキレス腱を押してみて痛みが出る
・時間が経つにつれて腫れたり熱を持つようになる
等があります。

このような症状になった場合は、安静にしてまずアキレス腱を断裂したかどうか確かめてみることもできます。

アキレス腱断裂の可能性を確認するためには、うつぶせになって膝を90度に曲げてふくらはぎをにぎってみる方法があります。この時、足首が動かなければアキレス腱断裂の可能性が高いです。

痛みはあるものの、症状によっては無理をすれば歩ける場合もあります。しかし、無理をすれば症状が悪化し治療期間が長くなってしまうため、アキレス腱断裂の疑いがある場合は無理せずすぐに医者に診断してもらいましょう。

スポンサードサーチ

アキレス腱断裂の原因

アキレス腱断裂の原因としては以下の様な場合です。

①スポーツをしている時
発生しやすいのは、ダッシュ、ジャンプ、着地などの動作をおこなうことでアキレス腱が伸縮するときです。

発生しやすいスポーツとしてはバトミントンやバレーボール、サッカー、テニスといったものが挙げられます。特に疲労が蓄積している時に発生しやすいと言われています。

スポーツをしている時と言ってもアスリートが競技している時だけというわけではなく、一般市民が運動会の参加や軽いジョギングしている時でも発生します。

②日常生活での転倒や転落
日常生活でも簡単に発生します。特に高齢の方では転んだり、ベッドなどから落ちてしまったりしたときにもアキレス腱断裂をおこすことがあります。

高齢の方に限らず、少し小走りをしたり階段の上り下りでも発生してしまうこともあります。

アキレス腱断裂の応急処置

アキレス腱を断裂した場合すぐに病院に行かなければいけませんが、当然移動することになります。

移動するためには応急処置が必要で、まず足首を固定します。固定せずに動かしたり力をかけてしまうと、余計に損傷が激しくなります。

アキレス腱断裂した場合は固定方法にも注意が必要です。一般に骨折をしたときなどは、ほぼ足首を90度ぐらいにまげてテーピングや添え木をして固定します。

しかし、アキレス腱断裂した場合同じように足首を曲げた状態で固定すると、アキレス腱を引っ張ってしまい断裂部分が広がり症状が悪化してしまいます。

足首を無理のない状態で少し伸ばした状態で固定するのが正しい方法です。固定具はないでしょうから、木片や段ボールなどを少し加工してバンデージするとか、なければタオルなどの布類で固定するとよいでしょう。

スポンサードサーチ

アキレス腱断裂の治療法

アキレス腱断裂の治療方法には保存療法と手術療法があります。アキレス腱を断裂した場合は症状や生活スタイルに合あせてこの二つの治療方法のいずれかを選択することになります。ここではこの二つの治療方法について詳しく解説していきます。

①保存治療
②手術治療

保存治療

【方法】
保存治療とは手術を行わずに、ギプスなどを用い自然治癒でアキレス腱回復を図る治療方法です。少し動けるようになると専用の装具をつけることもあります。

【治療期間】
足を固定する安静期間は2~4か月程度必要です。治療期間を断裂前と遜色なく動けるようになるまで、スポーツが出来るまでと考えるとトータル約7~9か月かかります。

【費用】
保存療法で必要な費用は、
・ギプス、装具代
・松葉づえ台
・通院費
・リハビリ代
です。

手術をするわけではありせんので手術費や入院費などが不要な分、後で解説する手術治療より安価で済みます。おおよそ10万円前後です。

【メリット】
保存治療のメリットは、
・費用が安価
・手術をしないため傷が残らない
・手術による合併リスクがない
・入院しなくてよい
などがあります。症状にもよりますが、スポーツ選手でなく早く治す必要がない人、仕事を休めない人は保存治療を選択する人が多いようです。

【デメリット】
保存治療のデメリットは、
・固定期間が長い
・筋力の低下や可動域の低下が起こりやすい
・スポーツへの復帰が長い
などがあります。ただ、最近は筋力の低下や可動域の低下に関してはリハビリ次第といった側面もあります。

手術治療

【方法】
手術治療は切れたアキレス腱を手術でつなぎ合わせる治療方法です。足首を切開し断裂した端と端をつなぎ合わせる端々縫合や、切開せずに皮膚の上から穴を開け、アキレス腱を糸でつなぐ経皮縫合などがあります。

【治療期間】
治療期間は保存治療に比べて短く、全治まで6~8か月程度です。手術治療でも術後固定期間は必要ですが、1~1.5か月程度と比較的短くて済みます。そのため治療期間が保存治療よりも短いのです。

【費用】
手術治療の場合は、保存治療に必要な費用に加えて、手術費用、入院費が必要になり、総額20万円程度かかります。

ただし、健康保険の高額医療補助制度で実質負担金はもう少しすくなく済む場合がほとんどです。

【メリット】
手術治療のメリットは
・固定期間が短い
・スポーツの復帰が早い
・筋力低下や可動範囲の低下が限定的
が挙げられます。保存治療に比べて早期の回復が見込めるためスポーツ選手はまず手術治療を選択しています。

【デメリット】
手術治療のデメリットは
・神経損傷や感染症、手術による合併症のリスクがある
・費用が高い
等です。ただし、費用に関してご自身の医療保険の適用範囲や金額によっては治療費以上に保険金が多い場合もあります。

アキレス腱断裂の前兆

アキレス腱断裂には前兆があります。(すべてのケースではありませんが)
初期症状としては、アキレス腱あたりに違和感を覚えるようになります。

その状態から徐々に進行していくと歩いている時に痛みを感じたり、動き始めに足首に痛みを感じたりします。また、足首を触ると痛みを感じるようになります。

さらに症状が悪化するとアキレス腱が腫れ、熱を持つようになります。この状態はアキレス腱周辺の組織が炎症を起こしており、アキレス腱炎と言います。

このような状態ではアキレス腱の部分断裂を起こしている可能性が高いのですが、中高年の場合は運動のしすぎというより腱の老化によるものと言えます。

いずれにせよこのような症状になったらすぐに整形外科で診察してもらった方が良いでしょう。

スポンサードサーチ

アキレス腱断裂の予防法

アキレス腱断裂の予防のためには、運動する前にはよくストレッチをすることが基本です。

その方法として
・地面につま先をたてて足首をゆっくりと回す。
・足を前後に開き後ろに引いた方の足首をよく延ばす。その後、足をいれかえて同じストレッチをする。
が代表的なものです。

運動をする時にも、いきなりの急なダッシュやジャンプは避けるようにしましょう。

中高年の方は、アキレス腱の老化を防ぐために日ごろから体を動かすようにしましょう。軽い屈伸運動や椅子に座って軽く手で足首を回すだけでも効果はあります。

アキレス腱断裂の予防には、靴を選ぶことも重要です。特に運動する時にはかかとに隙間なくピッタリ包み込むような靴がよいでしょう。また、足首をカバーするような構造の靴が理想的です。

まとめ

アキレス腱の断裂はスポーツ選手に限らず、だれでも突然襲ってくる可能性があります。一度断裂すると復帰には時間がかかります。

まずは、日ごろから予防に努めましょう。不運にも断裂してしまったら無理せず専門医に診断してもらい、適切な治療を受けることが重要です。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定