あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
athletics

【2020年最新】陸上競技走り幅跳びのおすすめスパイク10選

スポシル編集部

公開日 :2019/09/30

更新日 :2020/07/01

陸上競技の種目の一つである走り幅跳びについて解説し、
走り幅跳び用のスパイクを製造する4つのメーカーを、その特徴を踏まえて紹介していきます。

また、スパイクの選び方を2つのポイントにて解説、最後にはオススメする10機種を特徴や性能を含めて紹介します。

陸上用のスパイクは沢山発売されていますが、走り幅跳びには適さないスパイクもありますので、
この記事を読んでいただけたらと思います。

目次

スポンサードサーチ

陸上競技の走り幅跳び

走り幅跳びとは、ロングジャンプ種目とも呼ばれる陸上競技における跳躍種目のうちの一つで、助走をつけて1回の踏み切りで遠くへ跳ぶ能力を競う競技になります。
踏み切りは、木材で出来た踏み切りラインの手前で行い、踏み切りラインから着地した身体の最も手前の地点までの距離にて計測されます。

走り幅跳びは「助走」「踏み切り」「空中」「着地」の4つの局面から構成されます。
助走では、速いスピードの方が有利で、踏み切り前に減速してしまわない事が重要です。
次に踏み切りですが、助走でつけた勢いをそのまま、力強い踏み切りにより上方向へ変換させます。
空中では、「かがみ跳び」「反り跳び」「はさみ跳び」と呼ばれる3種類があり、はさみ跳びはやや難しい技術を要します。
着地の動作は、両脚を揃えて前方に放り出すように行います。

陸上競技の走り幅跳びスパイクの特徴

走り幅跳び用のスパイクに重要なのは、助走でスピードを高められる構造と、踏み切り時の衝撃に耐えうるクッション性です。

出来れば、走り幅跳び専用のスパイクを選択すべきですが、短距離向きのものやオールラウンドのもので対応出来るスパイクもあります。
走り幅跳びは砂場に着地する事と、踏み切り時に衝撃がかかるので、耐久性のない短距離用スパイクを使用すると破損してしまう可能性があるので注意は必要です。

固定ピンが装備されているスパイクではなく、ピンのすべてが取り替えが効くスパイクを選んだ方が無難になります。

スパイクのピンは8ミリか9ミリを使用しますが、筋力が出来ていない初心者の方は、7ミリを使用した方が体への負担は小さくなると思います。

スポンサードサーチ

陸上の走り幅跳びスパイクの人気おすすめメーカー

こちらでは陸上スパイクを発売している人気のメーカーについて解説していきます。

主にアシックス、ミズノといった日本のメーカーと、アディダス、ナイキといった海外のメーカーがあり、それぞれの特徴があります。
海外メーカーは日本のスポーツ用品店では、ほとのど見かける事はありませんが、世界を見ると人気は高いです。

走り幅跳び用の陸上スパイクを製造する人気の高い4つメーカーを、その特徴を含めて解説します。

アシックス
ミズノ
アディダス
ナイキ

アシックス

兵庫県に本社を持つアシックス(ASICS)社の走り幅跳び用のスパイクは、日本人の足型を研究して作られている事が特徴です。

神戸市にあるスポーツ工学研究所にて、人間特性、材料、構造といった研究を積み重ねる事により、常に革新的な技術を習得し、競技者のパフォーマンスアップの手助けを行っています。

特に陸上競技用のスパイクには力を入れており、男子100メートルで日本を代表する選手である、桐生祥秀選手らトップ選手の足元も支えています。

ミズノ

大阪に本社を持つミズノ(MIZUNO)社は、野球、ゴルフ、陸上と幅広い分野にてワールドワイドに活躍する日本を代表するスポーツ企業になります。

陸上競技においては、ミズノトラッククラブ・チームミズノアスレティックといったチームを所有しており、短距離界で日本を代表する飯塚翔太選手や槍投げのディーン元気選手等が活躍しています。

こういった世界で活躍する陸上選手をサポートしているのと同時に、彼らの声を用具に反映させる事により、常に斬新的なスパイクを開発しています。

アディダス

ドイツに本社のあるアディダス(ADIDAS)社、日本では東京に本社を持つアディダスジャパンが展開しています。

日本ではサッカー日本代表のユニフォームを提供している事から、サッカーのイメージが強いですね。
陸上では、青山学院大学の陸上競技部にユニフォームやシューズを提供している事から、長距離ブロックにてアディダス社のイメージが強いですが、世界では短距離から長距離まで幅広く認知されています。

アディダス社が製造する陸上用スパイクは、全般的に固めのソールを使用した商品が多いため、ある程度の脚力が必要になるかと思われます。

ナイキ

アメリカに本社を構えるナイキ(NIKE)社、日本では東京本社のナイキジャパンが直営店を含め展開しています。

ナイキの陸上スパイクは日本ではあまり販売さていませんが、世界を見るとトップ選手に多く使われています。

日本選手の足型を研究して専用に作られているスパイクはなく、すべて海外でも使用しているものと全く同じになり、少し細めのスパイクが多いので注意が必要です。
ナイキ社が製造している陸上用スパイクは、全般的に固めのソールを使用している商品が多く、ある程度の脚力が必要となってきます。

日本人の脚力を考えると、ある程度の鍛錬がなされている方にオススメです。

陸上の走り幅跳びスパイクの選び方

こちらでは走り幅跳びに求められるスパイクの特性について解説していきます。
走り幅跳び用のスパイクにはスプリント力と跳躍力が求められるので、それに必要なポイントがあります。
自身に適したスパイク選びのお役に立てればと思います。

走り幅跳び用スパイクの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

フィット感を重視する
反発を重視する

フィット感を重視する

走り幅跳びでは、高い瞬発力と力強い蹴り出しが必要となります。
そこで必要となるのがフィット性で、踏み切り時に横ブレしない事と、かかと部が浮かない事が重要になります。
サイズ感は痛みを感じない程度で、足にピッタリとしている事が大切で、指先で5ミリ程の隙間があるぐらいで良いと思います。

ただ、走り幅跳び専用のスパイクは細身のものが多いので足幅の広い方は、スパイク選びに苦労する可能性もあります。
ある程度、大きめを選ぶ必要性が出てきたとしても、自身の母指球部とピンの位置が合っていなければ意味はありません。
無理に走り幅跳び専用のスパイクを使わずに、走り幅跳びにも使用できるワイドラストの商品を選択する事も考えるべきだと思います。

反発を重視する

走り幅跳びでは、助走で生まれた前に進む力を上方向へと変換する必要があり、そのためには強い反発力が必要となります。

各メーカー、各スパイク、ソール部に反発素材を使用したり、強い反発力を生み出すプレートを配置したりと工夫されています。

走り幅跳び用のスパイクは特に推進力を生みだす反発力を兼ね備えたスパイクが多いですが、あまりに強い反発力は初心者には扱いが難しくなってくるので、スパイクに慣れていない初心者の方などは、オールラウンド用の柔らかめのスパイクから入った方が良いかもしれません。

スポンサードサーチ

【2019年最新】陸上の走り幅跳びスパイクの人気おすすめ10選

こちらでは、走り幅跳びに使用可能なスパイクを紹介していきます。
走り幅跳び専用のスパイクから、短距離から長距離、走り幅跳びにもと、幅広く使えるものまで選択肢は広いです。
オールウェーザー助走路専用のスパイクは、土のトラックでは使えませんのでご注意ください。

使用場所 オールウェザー助走路専用
ピン 取り替え式
素材 本体=人工皮革製
サイズ 23.0-29.0
生産国 日本

踏み切り時に跳躍角度を得られるトゥアップソール構造

アシックス社が製造するロングジャンプ プロ(LONGJUMP PRO)は、日本人の足型を研究し、フィット性を追求した日本製のモデルになります。

ソライト(Solyte)と名付けられた反発性のある素材をソール部に採用する事で、踏み切り時に生じる衝撃を反発力に変換してくれます。
つま先部から1-3-5と配置されたピン構成で、特に母指球部に並べた5本のピンが力強い踏み切りを実現します。
片足9本のピンは全て取り替え式で、8ミリの二段平行柱スパイクとシューズ袋を付属しています。

カラーは、ブラックxコーラルの一色のみの展開になります。

[ミズノ] 陸上スパイク フィールドジオ LJ-B

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路専用
ピン 取り替え式
素材 甲材/合成繊維、人工皮革 底材/合成底
サイズ 23.0-29.0
生産国 日本

ミズノブルーをまとった走り幅跳び専用スパイク

ミズノ社が製造するフィールドジオLJ-B(FIELDGEO LJ-B)は、ミズノ契約選手からのアドバイスを得て研究開発された、フィット性の高い日本製のモデルになります。

片足約210g(26.0cm)と軽量で、バイオロックシステムと呼ばれるフィッティングシステムで、ベルトを締める事によりヒール部もしっかりとホールドさせる事が出来ます。
つま先部から2-3-4と配置されたピン構成が、心強い安定感とグリップ力を生み出します。
片足9本のピンは全て取り替え式で、8ミリの二段平行柱スパイクを付属していますが、シューズ袋は付属していません。

カラーは、ブルーxホワイトの一色のみの展開になります。(前期モデルはホワイトxブルーでした。)

[ナイキ] メンズ 陸上 Nike Zoom LJ 4 Track and Field Shoes

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路専用
ピン 取り替え式
素材 アッパー/人工皮革+ 合成繊維 ソール/合成底
サイズ 23.0-30.0
生産国 中国

助走のスピードを最大限に高めるピン配置

ナイキ ズームLJ4(NIKE ZOOM LJ4)は、オールウェザートラック専用の走り幅跳び用スパイクになります。

つま先部から2-2-3と配置された7本ピン構成で、助走のスピードを最大限に高めるピン配置が考慮されています。
前足部に装備されたマジックベルトにて、フィット感も高められています。

海外で主流となっている7mmのニードルピンが付属されていますが、日本では使用出来ない競技場もありますので、ご注意ください。
他、シューズ袋が付属されています。

[アディダス] ユニセックス・アダルト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路専用
ピン 取り替え式
素材 アッパー/不明
サイズ 不明
生産国 不明

厚みのあるミッドソールを採用したスパイク

ドイツ アディダスが製造するアディゼロLJ(ADIZERO LJ)は、オールウェザートラック専用の走り幅跳び用スパイクになります。

日本でアディダスを展開するアディダスジャパン社は販売していないので、平行輸入業者から購入する必要があります。
つま先部から2-2-3と配置された7本ピン構成で、スクエア型に配置されています。
厚みのあるミッドソールを採用し、ウェイトのある選手でもクッションを感じ取る事が出来ます。

海外で主流となっているニードルピンが付属されていますが、日本では使用出来ない競技場もありますので、ご注意ください。

[アシックス] 陸上スパイク HYPER MD 7

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 本体=合成皮革+合成繊維 アウター=合成底(ナイロン)+ゴム底
サイズ 20.5-30.0
生産国 ベトナム

ヒールクッション採用のスパイク

アシックスより発売されているハイパーMD7(HYPER MD 7)1500mまでの中距離や跳躍種目向けに開発されたスパイクになります。

つま先部から1-2-2と配置された5本ピンは少し少なめで、走り幅跳び用のスパイクとして考えると、グリップ力よりも助走路での走力とクッション性を重視したモデルで、入門者には最適なスパイクと言えます。

走り高跳びや三段跳びにも対応する汎用性が高いスパイクなので、まだやりたい種目を絞り込めていない選手にもオススメです。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

シューズ asics (アシックス) HEATSPRINT FR 8

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 本体=合成皮革+合成繊維 アウター=合成底(ナイロン+ウレタン)
サイズ 23.0-29.5
生産国 ベトナム

汎用性の高いスプリントスパイク

アシックスから発売されているヒートスプリント7(HEATSPRINT7)は、汎用性の高い短距離用スパイクで、ハードル種目や走り幅跳びにも安心して使用する事が出来ます。

ミッドソール全面に反発性に優れたスピーバフォーム(SPEVAFOAM)を装備し、ヒール部には軽量素材であるソライト(SOLYTE)を採用する事で、走り幅跳び競技者に必要なクッション性と反発力を兼ね備えたスパイクに仕上がっています。

つま先部から1-2-1-3と配置された7本ピンが、程よいグリップを生み出します。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

[ミズノ] 陸上スパイク シティウスウィング 2 ワイド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 甲材/合成繊維・人工皮革 底材/合成底
サイズ 24.0-28.5
生産国 ベトナム

軽くてブレの少ない高機能オールラウンドワイドモデル

ミズノから発売されているシティウスジャパン2ワイド(CITIUS JAPAN 2 WIDE)は、オールラウンドに使用出来るスパイクで、数少ない足幅広めのモデルになります。

つま先部から2-2-3と配置された7本ピンは、程よいグリップを生み出します。
初中級者向きのモデルではありますが、足幅の広い選手は無理して細いスパイクを履くよりも、このワイドモデルのスパイクを選ぶ方がパフォーマンスを発揮出来る可能性もあるかと思います。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

[ミズノ] 陸上スパイク ブレイブウィング 3

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 甲材/合成繊維・人工皮革 底材/合成底
サイズ 21.0-29.0
生産国 ベトナム

サイズレンジの広い入門用スパイク

ミズノから発売されているブレイブウィング(BRAVEWING 3)は、陸上入門用に開発された使いやすいオールラウンドモデルになります。

つま先部から2-2-3と配置された7本ピンは、前部と後部で違った素材を使用しており、柔らかなスパイクに仕上がっています。
ヒール部はラバー素材を採用しており、クッション性も良く踏み切り時の衝撃を吸収してくれます。
パワーのある方には物足りない可能性もありますが、故障がちな場合は選択肢に入ると思います。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

ランニングシューズ asics (アシックス) EFFORT MK

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 アッパー/合成繊維+合成皮革 底材/合成底(ナイロン)+ゴム底
サイズ 20.0-30.0
生産国 ベトナム

アシックスの入門用陸上スパイク

アシックスから発売されているエフォートMK(EFORT MK)は、オールラウンドに対応出来る陸上入門用スパイクになります。

つま先部から2-2-3と7本ピンを配置し、プレート部のところどころをカットする事で柔らかさと軽量性を実現しています。
ヒール部にはクッション性と耐久性を考え、ラバー素材を採用。
他のアシックスのスパイクに比べ、少し広めのラストを使っているので、足幅の広い競技者にもオススメです。
走り幅跳びにも使いたいけど、短距離競技にも使いたい等、様々な種目に対応しているので安心して購入出来る一足です。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

使用場所 オールウェザー助走路、土トラック兼用
ピン 取り替え式
素材 アッパー/人工皮革製+合成繊維製(ラッセル構造) 底材/合成底(ウレタン)
サイズ 22.5-28.5
生産国 ベトナム

安定性に優れたフラットヒール構造

アシックスのロングセラー陸上スパイク、ヒートフラットFR7(HEATFLAT FR7)は、オールラウンドに対応出来る中級者用スパイクになります。

つま先部から1-2-1-3と7本ピンを配置し、ヒール部分をフラットに仕上げている事が特徴で、走り幅跳びにて使用する際は、安定性とクッション性を生み出してくれます。
アッパー部に装備されたマジックベルトにより、しっかりとしたフィット性も発揮してくれます。

アンツーカー用の12mmピンを付属していますので、オールウェザートラックで使用する際は、別売りのピンを購入する必要があります。

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

合わせて読みたい

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?走り幅跳びにて使用出来るスパイクは、その特性上、選ぶべきスパイクが難しくなります。
上達するには専用のスパイクを使用すべきですが、走り幅跳び一本に絞るまでは様々な種目で使えるスパイクの方が良いかもしれませんね。
この記事により最適なスパイクを見つけていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定