あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールのフォーメーションを徹底解説!フォーメーションの練習方法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/30

更新日 :2020/06/17

ここでは、バレーボールのフォーメーションの特徴をそれぞれ詳しく紹介しています。

フォーメーションごとに適した状況があるため、フォーメーションの特徴を把握することをおすすめします。

適したフォーメーションを行うことで試合を有利に運ぶことも可能になり、全てのフォーメーションの練習をすることが理想的です。

また、メンバーの組み合わせによって適したフォーメーションもあります。

より多くのフォーメーションを用意していればさまざまな相手でも競い合うことができます。

目次

スポンサードサーチ

バレーボールフォーメーションの種類

バレーボールのフォーメーションはさまざまな種類が存在していますが、基本的なフォーメーションでもある1枚ブロック, 2-2-2, 1-5は身につけておくことをおすすめします。

フォーメーションなしで戦うことは無謀であり、チャンスを掴むことができません。

バレーボールのフォーメーションの種類について紹介します。


  • 1枚ブロック
  • 2-2-2
  • 1-5
  • Wフォーメーション
  • Uフォーメーション

1枚ブロック

1枚ブロックとは、名称からわかるようにスパイカーに対して一人だけがブロックを行うフォーメーションです。

スパイクを一人で防ぐことは困難であり、ブロッカーがそろわなかったり、バレーボール駆け出しのチームに良く見られるフォーメーションです。

2-2-2

2-2-2はスパイカー・ブロッカー・レシーバーがそれぞれ2人ずつ配置しているフォーメーションであり、バレーボールらしい試合を行うことができます。

攻撃と守備のバランスがよく、ある程度バレーボールに慣れたチームにおすすめのフォーメーションです。

1-5

1-5はスパイクを打つ選手が決まっているため、動きが単調であり、覚えやすいです。

しかし、相手選手からするとスパイクを打つ選手が分かっているため、ブロックしやすくなるデメリットがあります。

主に初心者チームが行うフォーメーションです。

Wフォーメーション

Wフォーメーションは真上から見るとレシーバーがWの字のように配置しているフォーメーションになっています。

守備特化型のフォーメーションであるため、さまざまなスパイクでも拾えれるメリットがありますが、攻撃が気薄になりやすいです。

Uフォーメーション

Uフォーメーションはセッターとスパイカーがレシーブに参加しないフォーメーションであり、攻撃に特化している特徴があります。

さまざまな攻撃パターンを作ることはできますが、レシーバー一人ひとりの守備範囲が広がってしまうデメリットがあります。

フォーメーションの練習方法

フォーメーションを身につけるためには練習をする必要があります。

フォーメーションはコート内に配置して終わりではなく、フォーメーションごとに任されている役割があるため、全うすることが求められます。

どのフォーメーションでも求められている動きができるようになりましょう。

バレーボールのフォーメーションの練習ついて二つの面から紹介します。


  • 相手のサーブの時のフォーメーションの練習
  • アタックに対するフォーメーションの練習

相手のサーブの時のフォーメーションの練習

フォーメーションは攻撃する場合とサーブを受ける時では変わってきます。

相手のサーブを受けるフォーメーションの練習は、実際にサーブを打ってもらいレシーブ・トス・スパイクとつなげれるようにしましょう。

サーブを受けることは失点につながることもありますが、うまく拾うことができれば一気にポイントを獲得できるチャンスに変わります。

どのようなコースのサーブでもスパイクまでつなげれるように練習を行いましょう。

アタックに対するフォーメーションの練習

アタックに対するフォーメーションの練習は、さまざまなアタックを打ってもらうことでフォーメーションの練習になります。

ブロックの練習やレシーブの練習が主になりますが、ブロックやレシーブができたらそのままスパイカーまでつなげましょう。

アタックに対するフォーメーションで最も練習ができるポジションがブロッカーであり、どのようなスパイクでもボールを自身のコートに入れないようにするぐらいの意気込みで練習をしましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

バレーボールのフォーメーションは試合展開に大きな影響が出るため、事前にさまざまなフォーメーションを身につけておきましょう。

また、適したフォーメーションを選ぶことも大切であり、コーチや監督の力量が試される場面でもあります。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定