あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

サッカー日本代表の課題「決定力不足」を解決する鍵とは?

スポシル編集部

公開日 :2019/09/26

更新日 :2019/09/26

日本人が「決定力不足」と言われて久しいですが、未だにその課題はなかなか改善されません。

その現状をそろそろ打開しなくては、日本サッカーは世界のトップに立つことはできないでしょう。

そもそも決定力不足になっている主な原因は何なのか?そうした根本を理解しなくてはいけません。

では、決定力を改善するためには実際に何をすればいいのか?具体的な改善策を見つけなくてはいけません。

本記事ではそのような問題に対して具体的に言語化し、その解決策を探っていきます。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおける決定力とは?

サッカーにおける決定力とはシュートを決める力のことです。

どれほど素晴らしいパス回しをしても、どれだけ相手を崩し切っても最後にシュートを決める決定力が不足していれば、得点を奪うことはできません。

サッカーには様々な技術があり、どの技術も必要なものですが勝敗に直結するという意味では決定力は極めて重要な技術なのです。

サッカーの決定力を英語で言うと?

サッカーの決定力を英語で言うと「scoring ability」と言います。

直訳すると「ゴールを決める能力」という意味になり、日本語で言うまさに「決定力」ということになります。

また「shooting ability」ということもありますし、時には「finishing touch」という表現で決定力を表す場合もあるようです。

日本ではほぼ統一して「決定力」と表されるのに対して、海外では様々な表現の方法があります。

スポンサードサーチ

サッカー日本代表が決定力不足と言われる理由は?

長年決定力不足と言われてきた日本代表ですが、要因は以下のようなことが考えられます。

①日本の守備文化の未発達

日本人の決定力が不足していると言われる原因として、日本での守備文化が未発達だからということが考えられます。

海外など守備が整備されており、プレッシャーも激しいような厳しい環境でゴールを決めようと試行錯誤することでストライカーとしての能力は伸びていきます。

しかし、例えば日本の育成年代の試合などを見てみると、ゴール前であっさり相手をフリーにしてしまったりして苦労せずFWがゴールを奪うシーンが少なくありません。
そのような状況ではシビアな環境でゴールを奪える決定力の高いFWは育たないでしょう。

②シュートチャンスを見つける力の欠如

日本人はゴール前でシュートチャンスを見つける力が海外の選手に比べてまだ低いように感じます。

海外の選手はコースが無いように思われる状況でも相手の股からシュートを狙おうとしてきますし、シュートコースが空いていたりGKのポジショニングが甘い時にはそれを見逃さずにすかさずシュートを放ってきます。

日本では相手を抜ききらないとシュートを打たなかったり、少しボールをずらせばシュートが打てそうな場面でもあっさりバックパスに逃げたりとシュートチャンスを自ら逸してしまうシーンが少なくありません。

徐々に鋭い嗅覚を持ったFWが日本にも出てきたように感じますが、その量・質ともにまだ海外に並んだとは言い難い状況です。

③決断力・エゴの欠如

協調性や相手のことを考える思慮深さは日本人の長所ですが、サッカーの特にゴール前ではそうはならないことも多々有ります。

やはりFWは「俺がゴールを決める」という強いエゴも必要ですし、実際にゴール前で味方ばかりを探している選手は怖くありません。多少強引でもゴールを目指す貪欲さがFWには必要です。

また、日本人は失敗を恐れるような傾向があり、そのような考え方では一瞬の決断力が勝負を分けるゴール前では力を十分に発揮することが難しくなるでしょう。

決定力不足の原因はメンタルも

決定力とメンタルは関係があります。

シュートを打つ際にネガティブな発想を持ってしまえば、ゴールする可能性は低くなってしまいます。
例えばシュートチャンスが来た時に「シュートミスしないようにしよう」など「〇〇しないように」というネガティブな言葉かけを頭の中でしてはいけません。

そうではなくゴールを決めるためにポジティブな言葉がけを頭の中で繰り返すべきなのです。

また、頭の中でシュートを決めるイメージを先に作っておくことも決定力を上げるためには有効です。
脳は、自分が頭の中で作り出したイメージ・映像と視覚から入ってきた映像を区別はしません。
シュートを決めるイメージを作っておくことで、現実は後からついてくるのです。

スポンサードサーチ

決定力を高めるための解決策

決定力を上げるための解決策を以下に挙げていきます。

決定力が上がらないと諦めるのではなく、以下のポイントを押さえながらシュートを打つことで決定力は間違いなく向上します。

世界のトッププレイヤーも実践している大切なポイントです。

①四つ角を狙う

ゴールの四角に蹴り込むシュート技術があればゴールの可能性が高まります。

たとえシュートコースを読まれたとしても、四つ角ギリギリに飛ぶようなシュートを放つことができれば相手GKはセーブすることが困難となります。

シュート技術ももちろんですが、四つ角を狙えるためのボールコントロールの場所も極めて重要となるため、日々の練習の中で意識したいポイントです。

②打つ前から狙う場所を強く意識する

打つ前からGKの場所を確認して、狙う場所を強く意識することも決定力を高めるための大切なポイントです。

強く意識をしておくことで迷いなくシュートを放つことができますし、コントロールからシュートまでの流れもスムーズに行うことができます。イメージを作っておくことは、プレースピード・精度を高めてくれます。

ただし、GKを見過ぎることによる少しの迷いや一瞬の判断の遅れはゴール前では禁物です。

③膝下の振りを速くしたシュート

決定力を上げるために、膝下の振りを速くしてシュートを打つことを意識します。

膝下の振りを速くすることでシュート自体も鋭いボールになります。
また、ドリブルから相手をかわして鋭い振り足でシュートを打つとGKはタイミングを取りづらくなり、場合によってはGKが一歩も動けずにゴールにシュートが突き刺さることもあります。

逆に足の振りが大きすぎるとDFのシュートブロックなどが間に合ってしまうため、そのような時間を与えないためにも鋭い振り抜きは重要です。

④GKとの駆け引き

GKとの駆け引きがなければゴールを決めることはとても難しくなってしまいます。

レベルの高いGKを相手にした時、駆け引きのないシンプルなシュートは読まれてしまい簡単にゴールは決まりません。

例えば体の向きと違う方向に体をひねりながらシュートを打ったり、普通の選手が打つタイミングとは違うタイミングで打つなどの工夫が必要です。

世界トップレベルのFWは皆このような駆け引きがとてもうまく、だからこそ多くのゴールを決めることができるのです。

サッカー少年が抱える決定力不足の2つの悩み

サッカー少年が抱えているであろう決定力不足の悩みとして以下のものが挙げられると思います。

ともにサッカーではよく出くわすシーンであり、このような場面で決めれるかどうかは試合の結果に大きく影響します。

簡単なシュートではありませんが、原因などを明確にすることで改善していくことは可能です。

①GKとの1対1になると決められない
②DFが目の前にいると決めらない

スポンサードサーチ

GKとの1対1になると決められない

GKと1v1になった時にシュートを決められない理由は主に以下の通りです。

①まっすぐキーパーに向かってドリブルしてしまう
②キーパをずらすようにドリブルするが、横に行き過ぎたりしてGKに追い付かれてしまう

【決めるコツ】
キーパーを若干外すようなコース取り(斜めにドリブル)でスピードに乗ってドリブルをすることでGKを外してシュートすることが容易になります。
その時、アウトサイドで少しずつコースを外していくようなドリブルが有効です。インサイドだとどうしても動作が大きくなりがちで、コースを外しにいっているのがGKにバレてしまいます。

DFが目の前にいると決めらない

目の前にDFがいるとかわす必要が出てきます。そのかわす動作の際に決められない原因が生じます。決められない原因として考えられるものを以下に挙げます。

①シュートの時に体の幅の中にボールが入ってしまっている
②シュートの時に体の正面をゴールに向けられない

【決めるコツ】
体の幅にボールが入ってしまっていると強いシュートを打ちにくくなってしまいます。
ですのでシュート前にボールを少し転がす時も、その軌道上を走るのではなく、若干膨らみを持たせるように走ります。

また、その時に体はゴール方向を向きクロスステップを行い、シュート直前に腰をしっかりと入れて戻る勢いで鋭く足を振ることで強いシュートを打つことが可能となります。腰をひねり回さないように注意しましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

点を取って試合に勝つことがサッカーの一番の目的であり、その目的達成に直結する技術として決定力を上げることは極めて重要なことです。

決定力は生まれ持っての才能ではありません。

シュートテクニック、GKとの駆け引き、そのような要素を高いレベルで集結させることで決定力の高い選手と成長することができるので、日々の練習の中でそのような要素を磨き上げていきましょう。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定