あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
other

【徹底解説】土踏まずが頻繁につる人は栄養不足が原因?対処法までご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/09/26

更新日 :2020/06/02

突然ですが、皆さんは足の土踏まずがつってしまったという経験はありませんか?

実は足の土踏まずがつるのは様々な要因が隠されていると言われ、放置しておくと大変なことになるかもしれません。

むしろ、筋肉の問題だけではなく、何らかの疾患が隠れている場合もあるのです。

そこで今回は土踏まずがつってしまうことについての知識を学ぶため、原因や対処法などを解説していきます。土踏まずがよくつることで悩まされている場合は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

目次

スポンサードサーチ

土踏まずがつる原因は?

そもそも土踏まずがよくつってしまう方でもいまいち原因がよくわからない方も多数いるかと思います。まずは土踏まずがつってしまうことの主な原因を簡単に紹介したいと思います。

【土踏まずつる原因①】栄養不足
【土踏まずつる原因②】足の裏の筋肉の疲労
【土踏まずつる原因③】足の裏の血行が悪い
【土踏まずつる原因④】足に合わない靴

【土踏まずつる原因①】栄養不足

まず一つ目の原因として挙げられるのが栄養不足です。

中でも水分とミネラルが不足している場合はより土踏まずをつってしまう危険性が高まります。

筋肉を正常に動かすためには水分とミネラルが十分になければなりません。水分・ミネラル不足により筋肉が正常に動かなくなるため、つる・痙攣するなどの症状が起こりやすくなります。

スポンサードサーチ

【土踏まずつる原因②】足の裏の筋肉の疲労

仕事などで長時間立つ、または運動などによって足の裏の筋肉が常に使われるために疲労が蓄積し、土踏まずがつりやすくなります。

土踏まずがつらないようにするためにはしっかりと水分・ミネラルを摂取し、ストレッチをして疲労を残さないことが大切です。

また革靴のように、靴底に硬い革が使われている靴は足の裏が疲れやすくなるため、仕事でよく革靴を履く方も注意が必要です。

【土踏まずつる原因③】足の裏の血行が悪い

人間は血流(血の流れ)によって身体全体の細胞に栄養を運びます。また血流は老廃物も細胞から運ぶ役割を担います。

例えば冷えなどによって血行が悪くなると、筋肉が硬くなりやすくなり、つるなどのトラブルが起こりやすくなるのです。

そのため、血流が悪くならないよう、変に足の裏を冷やしすぎないことも大切です。特に冬はどこにいても足が冷えやすいので、暖房を効果的に使うなどして温度を高く保った方が良いでしょう。

スポンサードサーチ

【土踏まずつる原因④】足に合わない靴

足に負担をかけてしまう大きな要因の一つとして、もちろん靴の選び方も大きく関わってきます。

例えば小さすぎる靴や大きすぎる靴を選んでしまうとしましょう。

小さすぎる靴は足が窮屈になり、歩いてみると常に足が圧迫されている感覚を抱くため、当然足が疲れてしまいます。

逆に大きすぎる靴を履いてしまった場合は足が大きな靴に無理やり合わせようとするため、この場合でも足が疲れてしまうのは間違いありません。

そのため、自分に合う靴を靴屋でしっかり選び、靴で疲れを溜めてしまわないように心掛けることが大切です。

土踏まずがつる癖を放って置くと?

それでは土踏まずがつることは放置しておいてもいいのでしょうか?

率直に言うと程度によります。

もちろん軽度なら特に放置していても問題はありません。ただし、あまりにもつる癖が身に付いてしまっている方は、もしかすると糖尿病や動脈硬化が潜んでいるかもしれません。

糖尿病や動脈硬化になってしまうと神経系に異常が生じるため、運動神経の機能低下や血行不良を引き起こしてしまいます。運動神経の機能低下や血行不良は足の代謝の低下にもつながり、土踏まずがつってしまいやすくなるのです。

よって土踏まずがあまりにも頻繁につる場合は病院で精密検査を受けた方が良いでしょう。そのままにしていると思わぬ病気が進行してしまう可能性があります。

スポンサードサーチ

土踏まずがつりやすい人の対策・対処法は?

それでは土踏まずがつらないようにするためにはどのような対策を取ればよいのでしょうか?

ここでは主に4つの対処法を簡単に解説するので、土踏まずがつってしまうことにお悩みの方はぜひ目を通してみてください!

①栄養摂取
②足裏のマッサージ
③靴底が硬すぎない靴
④インソール

栄養摂取

先ほど、土踏まずがつってしまう要因として水分とミネラルの不足が挙げられると説明しました。つまり、土踏まずがつることを防ぐ上で、水分とミネラルの補給は非常に重要です。

例えばこれらの栄養を豊富に含んでいるスポーツドリンクの運動後の摂取を心掛けると簡単に足がつることもなくなるでしょう。

特に夏場は大量の汗をかくので水分・ミネラル不足に気を配ることが必要となります。

しかし、実は冬場でも空気が乾燥することが多いため、身体の水分が蒸発し易く、ミネラルや水分を失いやすくなることも覚えておきましょう。

足裏のマッサージ

土踏まずがつる原因として足裏の筋肉が固まっていることが挙げられるためマッサージをしてあげることで血行を促進させ、足裏の筋肉を柔らかくし土踏まずがつるのを予防することがおすすめです。

ここではおすすめの足裏のつぼマッサージ方法を紹介します。今回は胃の不調に効果的な、土踏まず上付近のツボのマッサージになります。

【方法】
①短めの棒を用意する
②3~5秒間、土踏まずの上付近を棒で刺激し、少しだけ押すように心掛ける

【ポイント】
胃につながるツボは強く押しすぎると激しい痛みが走るので、マッサージをするときはあまり無理をせずに刺激します。痛くて気持ちいい位の強さがちょうどよいでしょう。

靴底が硬すぎない靴を履く

これも最初に説明したように、例えば革靴をはじめとした、靴底に硬い革が使われている靴は足の裏が疲れやすくなります。

人によっては仕事でよく革靴を履く方で土踏まずが頻繁につってしまうことがあるのです。

どうしても仕事で革靴を使わなければならない方で、土踏まずがすでにつりやすい方は先ほども述べたようにストレッチをしっかりと行っておきましょう。

靴でも足に疲労が溜まることがあるので、疲労を残さないことがとにかく重要です。

インソールを使う

4つ目の対策法として挙げられるのは靴の中に敷くインソールの使用です。

最近インソールには様々な種類が販売されており、インソールは足の正しい形を保ってくれるため、疲れが溜まりにくくなるのです。

衝撃吸収や足のアーチ形成などにより、足に負担の掛からない構造をしているので、靴に入れるだけで実にシンプルなのです。

それぞれの商品に売り文句があるので、機能をしっかり確認して購入することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

土踏まずがつることで悩んでいる場合は、今回解説した原因が関係している可能性が大いにあると言えます。もし原因が分かった場合は今回の記事を参考に対処法を実践してみましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定