あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ゴルフgolf

ゴルフの打ち方をクラブごとに紹介!3種類の握り方から徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2019/09/23

更新日 :2019/09/23

ここでは、ゴルフの打ち方のコツを紹介します。

ゴルフは打ち方のコツを掴むことでより楽しむことができ、コースをめぐることも可能になります。

そのため、ゴルフ初心者の方や打ち方のコツがつかめていない人は参考にしてください。

ゴルフの打ち方はさまざまな種類があり、使用するクラブが変わることでも打ち方が変わってきます。

打ち方が変わるだけでも飛距離や正確さを高めることができ、楽しみながらボールを打つことができます。

ゴルフの打ち方のコツを掴んでより楽しくゴルフを行ってみましょう。

目次

スポンサードサーチ

まずはグリップ(握り方)を理解しよう


ゴルフの打ち方を身につける前にまず、グリップの握り方を身につけることが大切です。

グリップの握り方もさまざまな種類があり、特徴もそれぞれ異なります。

プレイスタイルや握りやすさで選ぶことで最高のパフォーマンスができるようにもなります。


  • オーバーラッピング

  • インターロッキング

  • ベースボール

オーバーラッピング


オーバーラッピングとは、ゴルフのグリップの握り方の種類の中でもポピュラーであり、握りやすい特徴があります。

プロ選手も採用している割合が高く、ポピュラーな握り方でも十分高成績を残せる証拠でもあります。

また、プロ選手が採用していることで真似しやすいメリットがあります。

オーバーラッピングは左手は普通に握り、右手の人さし指を左手の小指と重ねる握り方です。

一体感を得ることができるため、正確なショットが打ちやすくなります。

しかし、手のひらが小さい人はうまく形を形成することができないため、手のひらが小さい女性の方にはおすすめできない握り方です。

インターロッキング


インターロッキングの握り方は左手でまずグリップを握ります。

次に、左手の人さし指をあげ、右手の小指を左手の中指につけるようにします。

後は左手の人さし指で右手の小指を上から絡ませるように固定します。

手のひらが小さい人でも握りやすい方法であるため、女性の方におすすめです。

オーバーラッピングができない人が使用する割合が高く、両腕の一体感を得ることも可能になっています。

しかし、慣れないうちは小指が痛くなってしまうデメリットもあるため、痛みが生じてしまうとうまくショットできないようになってしまいます。

ベースボール


ベースボールは一番簡単な握り方であり、初心者の方におすすめです。

また、手のひらの大きさに関係なく行うことができる握り方でもあるため、子供や女性でも問題なく握ることができます。

飛距離が出やすい特徴があるため、ゴルフの楽しみ方を経験することも可能です。

まず、左手で普通にグリップを握り、左手の親指を右手の親指の付け根あたりと重ねるようにすることで完成です。

すべての指がグリップに接しているため、力が伝わりやすく、手を痛めてしまうこともありません。

ゴルフの打ち方徹底解説!


次に、ゴルフの打ち方をクラブの種類や打ち方の種類ごとに紹介します。

動画を交えて紹介しているため、よりわかりやすく打ち方のコツを身につけることができます。

正しい打ち方を身につけて正確なショットが打ちたい人は参考にしてください。


  • ドライバー

  • アイアン

  • アプローチ

  • パター

  • ユーティリティ

  • ドロー

ドライバー

ドライバーは最も使用する機会が多いクラブの種類であるため、打ち方のコツを掴んでおくと有利にゲームを進行することができます。

ドライバーでの打ち方のコツは、前傾姿勢を維持して打つことです。

初心者の多くの人は地面に対して垂直に立ってしまいやすいですが、前傾姿勢で打つことが理想的です。

また、ドライバーのヘッド部分と背骨のラインが平行になるようにフォームを整えることで飛距離を伸ばすことも可能になります。

前傾姿勢で打つことになるため、慣れるまで下半身が疲れてしまいやすいです。

アイアン

アイアンの打ち方で最も重要なことがスイートスポットで打つことです。

スイートスポットとは、必ずクラブのヘッド部分にあるポイントであり、そこで打つことができれば最高のパフォーマンスを行うことが可能になります。

そのため、スイートスポットが広く確保されているアイアンであれば高い確率でスイートスポットで打つことができます。

アイアンで打つコツはスイートスポットを意識してショットを打つことになります。

スイートスポットがどこなのかを把握することから始めましょう。

アプローチ

アプローチはピンそばにボールを寄せる重要な打ち方であるため、アプローチがうまくなることでより少ない打数でカップに入れることが可能になります。

アプローチで注意しなければならないことは空振りとダブリを起こしてしまうことです。

ダブリとはボールがうまく飛びあがらずに転がるようになることであり、想像していた場所まで届きません。

アプローチのうまい打ち方は左足に重心を傾けることです。

そうすることで空振りとダブリが発生しにくくなります。

また、肘を曲げないこともコツです。

パター

パターは直接カップに入れるための打ち方であるため、コツを掴んでいないとカップの周りで行ったり来たりを行ってしまいます。

パターの打ち方のコツは、肘からクラブの先端を一直線にすることであり、そのような姿勢になると自然に前傾姿勢になります。

前傾姿勢の時にボールは目の真下にくる位置に調整しましょう。

目の位置がずれていると正確なショットが打つことができず、カップインするまでに時間がかかってしまいます。

特に、左目の下にボールがくるようにすることが理想的です。

ユーティリティ

ユーティリティのうまい打ち方は、グリップの握る場所が重要になります。

グリップの端から指二本分くらい空けるように握ることが基本です。

他のクラブと同じ感覚で握ってしまうと短く握りすぎている場合が多く、ボールが高く飛びにくくなってしまいます。

打球が上がりにくくなることはそれだけ飛距離を延ばすことができないことにつながるため、うまい打ち方とは言えません。

ユーティリティをする場合はグリップを長く持つようにすることを覚えておくだけでも見違えるようなショットを打つことができます。

ドロー

ドローボールとは、右利きの人が行えばまっすぐん飛んで落ちる直前に左に曲がる打ち方です。

高い技術力が求められる打ち方であるため、中級者や上級者向けの打ち方でもあります。

後半軌道が変わることでさまざまな状況でも活用することが可能になっています。

ドローボールを打つコツは、普段のスタンスよりも足や肩、体をやや右に寄せることです。

そうすることでドローボールを打てるようになります。

基本的なコツであるため、比較的初心者でも行いやすく、気がれなくドローボールに挑戦することも可能です。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


まとめ


ゴルフを行う際は繊細さが求められるため、コツを掴むことができれば想像したようなショットを打つことが可能になります。

打ち方のコツはショットの種類やクラブの種類によって異なるため、それぞれの打ち方のコツを掴むようにしましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike